映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・ドヴィジオ

年代別 映画作品( 1967年 ~ 1978年 まで合計3映画作品)

1978年

邪淫の館 獣人

  • 1978年1月28日(土)公開
  • 美術

獣と交わったために出来た子・獣人と結婚にくる女を描く。製作はアナトール・ドーマン、監督・脚本は「夜明けのマルジュ」のヴァレリアン・ボロヴズィック、撮影はベルナール・ダイレンコーとマルセル・グリニョンが各々担当。出演はギイ・トレジャン、ピエール・ベネデッティ、リスベス・ユメル、エリザベス・カーザ、シルパ・ランヌ、マルセル・ダリオなど。

監督
ヴァレリアン・ボロヴズィック
出演キャスト
ギイ・トレジャン ピエール・ベネデッティ リスベス・ユメル エリザベス・カーザ
1970年

  • 1970年11月21日(土)公開
  • 美術

ギリシャで実際にあった革新政党の政治家暗殺事件をモデルにしたヴァシリ・ヴァシリコスの小説の映画化。製作担当はジャック・ペランとハーメッド・ラチェディの二人。監督は「七人目にかける男」のコスタ・ガブラス、脚本は「戦争は終った」のホルヘ・センプランとコスタ・ガブラスの共作。撮影は「中国女」のラウール・クタール、音楽は「その男ゾルバ」のミキス・テオドラキスがそれぞれ担当。出演は「戦争は終った」のイヴ・モンタン、「悪い奴ほど手が白い」のイレーネ・パパス、「殺しが静かにやってくる」のジャン・ルイ・トランティニャン、「未青年」のジャック・ペラン、ほかにレナート・サルヴァトーリ、ジョルジュ・ジェレ、ジャン・ピエール・ミケル、ベルナール・フレッソン、ジャン・ブイーズ、シャルル・デネール、マルセル・ボズフィなど。七〇年アカデミー最優秀外国映画賞、六九年カンヌ映画祭審査員特別賞等受賞。

監督
コスタ=ガヴラス
出演キャスト
イヴ・モンタン イレーネ・パパス ジャン・ルイ・トランティニャン ジャック・ペラン
1967年

冒険者たち(1967)

  • 1967年5月18日(木)公開
  • 装飾

ジョゼ・ジョヴァンニの同名小説を、彼と「ふくろうの河」の監督ロベール・アンリコ、ピエール・ペルグリの三人が共同で脚色し、ロベール・アンリコが監督したアクション。撮影はジャン・ボフティ、音楽はフランソワ・ド・ルーベが担当。出演は「パリは燃えているか」のアラン・ドロン、「女王陛下のダイナマイト」のリノ・ヴァンチュラ、「スタンダールの恋愛論」のジョアンナ・シムカスほか。イーストマンカラー、テクニスコープ。

監督
ロベール・アンリコ
出演キャスト
アラン・ドロン リノ・ヴァンチュラ ジョアンナ・シムカス セルジュ・レジアニ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・ドヴィジオ