映画-Movie Walker > 人物を探す > ジーン・ロックハート

年代別 映画作品( 1935年 ~ 2013年 まで合計34映画作品)

2013年

奇妙な女

  • 2013年11月2日(土)公開
  • 出演

美貌を武器に全てを手に入れようとする冷酷かつ衝動的な悪女を描くファム・ファタル。監督はエドガー・G・ウルマー。出演はヘディ・ラマー、ジョージ・サンダース、ルイス・ヘイワードほか。2013年10月12日より、東京・シネマヴェーラ渋谷にて開催された「エドガー・G・ウルマーとゆかいな仲間たち」にてデジタル上映。

監督
エドガー・G・ウルマー
出演キャスト
ヘディ・ラマー ジョージ・サンダース ルイス・ヘイワード ジーン・ロックハート
1987年

死刑執行人もまた死す

  • 1987年12月19日(土)公開
  • 出演(Emil_Czanka 役)

第2次大戦中のプラハを舞台に、ナチスに追われるレジスタンスの恐怖を描く。監督は「メトロポリス」のフリッツ・ラング、エグゼクティヴ・プロデューサーはアーノルド・プレスバーガー、原案・脚本はベルトルト・ブレヒトとラングの共同で、脚本のみでジョン・ウェクスリーが参加している。撮影はジェームズ・ウォン・ホウ、音楽はハンス・アイスラーが担当。出演はブライアン・ドンレヴィ、ウォルター・ブレナンほか。オリジナル版は120分。

監督
フリッツ・ラング
出演キャスト
ブライアン・ドンレヴィ ウォルター・ブレナン アンナ・リー ジーン・ロックハート
1958年

アパッチの狼火

  • 1958年4月22日公開
  • 出演(Cyril R. Snowden 役)

アパッチを殺した男のために、砦が危険に晒される西部劇。短縮版。オリジナルは65分。アーネスト・ヘイコックスの原作の映画化で、脚本はジェリー・デイヴィスが執筆。監督はハロルド・クレス、撮影はジョン・アルトン、音楽はアルバート・コロンボが担当。出演はギルバート・ローランド、グレンダ・ファレル、ロバート・ホートン、バーバラ・ルイックなど。

監督
ハロルド・クレス
出演キャスト
ギルバート・ローランド グレンダ・ファレル ロバート・ホートン バーバラ・ルイック

ハルコア号の冒険

  • 1958年1月3日公開
  • 出演

初めて船長になった若者が船員たちから信頼を勝ち取るまでを描く人間ドラマ。短縮版。オリジナルは90分。ジョセフ・コンラッドの同名小説の映画化で、脚本はイーニアス・マッケンジーが執筆。製作はハンティントン・ハートフォード、ジョージ・トビン、ノーマン・A・マニング、監督はジョン・ブラーム、撮影はカール・ストラッス、音楽はヒューゴー・フリードホーファーが担当。出演はジェームズ・メイスン、マイクル・ペイト、ジーン・ロックハート、ショーン・マクローリーなど。

監督
ジョン・ブラーム
出演キャスト
ジェームズ・メイソン マイクル・ペイト ジーン・ロックハート ショーン・マクローリー
1957年

女ひとり(1957)

  • 1957年公開
  • 出演

1920年代、ブロードウェイの名女優と謳われたジーン・イーグルスの半生記。「情欲の悪魔」のダニエル・フックスの書下しストーリーをともにフックスと「ボワニー分岐点」のソニア・レヴィーン、それにジョン・ファンテが共同脚色、「愛情物語」のジョージ・シドニーが監督した。撮影は「哀愁物語」のロバート・プランク、作曲は「ピクニック」のジョージ・ダニング。主演は、「黄金の腕」のキム・ノヴァク、「白人部隊撃滅」のジェフ・チャンドラー、「底抜け西部へ行く」のアグネス・ムーアヘッド。

監督
ジョージ・シドニー
出演キャスト
キム・ノヴァク ジェフ・チャンドラー アグネス・ムーアヘッド チャールズ・ドレイク
1956年

硝煙のユタ荒原

  • 1956年10月3日公開
  • 出演(Blucher 役)

原作は西部作家のゼーン・グレイ。白人やアパッチ族の圧迫で壊滅に瀕したナヴァホ・インディアンが勇者ブランディの奮闘で再起する姿を描いた西部劇。脚色はアラン・ルメイ、製作・監督は「烙印なき男」のジョセフ・ケイン。撮影はジョン・ラッセル、音楽は「逃走の丘」のR・デイル・バッツ。主演は、「烙印なき男」のスコット・ブラディ、久々に登場のオードリー・トッター、「女の戦場」のフォレスト・タッカー、「灰色の服を着た男」のジーン・ロックハートなど。

監督
ジョセフ・ケイン
出演キャスト
スコット・ブラディ オードリー・トッター フォレスト・タッカー ジーン・ロックハート

灰色の服を着た男

  • 1956年7月20日公開
  • 出演(Hawthorne 役)

「エジプト人」のダリル・F・ザナック製作になるスローン・ウィルスのベストセラー小説の映画化。監督・脚色は「夜の人々(1954)」のナナリー・ジョンソン。撮影は「回転木馬」のチャールズ・G・クラーク、音楽は「ハリーの災難」のバーナード・ハーマン。主な出演者は「紫の平原」のグレゴリー・ペック、「美わしき想い出」のジェニファー・ジョーンズ、「アレクサンダー大王」のフレドリック・マーチ、「バラの刺青」のマリサ・パヴァン、「スピードに命を賭ける男」のリー・J・コップ、「夜の億万長者(五番街の出来事)」のアン・ハーディング、「恋愛準決勝戦」のキーナン・ウィン、「回転木馬」のジーン・ロックハートなど。

監督
ナナリー・ジョンソン
出演キャスト
グレゴリー・ペック ジェニファー・ジョーンズ フレドリック・マーチ マリサ・パバン
1954年

アンドロクレスと獅子

  • 1954年10月16日公開
  • 出演(Menagerie_Keeper 役)

ジョージ・バーナード・ショウの戯曲の映画化で、製作はショー作品の全映画化権を持っていた故ガブリエル・パスカル(「シーザーとクレオパトラ」)。「黒騎士」のケン・イングランドと「非常線(1953)」のチェスター・アースキンが脚色し、アースキンが監督した。撮影は「大砂塵」のハリー・ストラドリング、音楽はフレデリック・ホランダーが担当。出演は「聖衣」のジーン・シモンズ、「我輩は新人生」のアラン・ヤング、「聖衣」のヴィクター・マチュア、「紅の翼(1954)」のロバート・ニュートン、モーリス・エヴァンス、エルザ・ランチェスター、レジナルド・ガーディナーなど。

監督
チェスター・アースキン
出演キャスト
ジーン・シモンズ アラン・ヤング ヴィクター・マチュア ロバート・ニュートン
1953年

恋は青空の下

  • 1953年11月29日公開
  • 出演(J._P._Chase 役)

「毒薬と老嬢」「群衆」のフランク・キャプラが1950年に製作・監督に当たった作品で、1934年、やはりキャプラが映画化「その夜の真心」(Broadway Bill)したマーク・ヘリンジャーの原作の再映画化。脚本はいつもキャプラの作品に協力しているロバート・リスキン、台詞はメルヴィル・シェイヴェルソン「ダニー・ケイの牛乳屋」とジャック・ローズ「腰抜け大捕物」。「宇宙戦争」ジョージ・バーンズと「井戸」のアーネスト・ラズロが撮影を、「シェーン」のヴィクター・ヤングが音楽を担当。主演は「皇帝円舞曲」のビング・クロスビーと「死の接吻(1947)」のコリーン・グレイで、チャールズ・ビッグフォード「烙印」、フランセス・ギフォード、ウィリアム・デマレスト「栄光何するものぞ」、レイモンド・ウォルバーン、ジェームズ・グリースン「タイクーン」、ワード・ボンド「静かなる男」、クラレンス・ミューズ「夜も昼も」、ジーン・ロックハート「哀愁の湖」らが助演する。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ビング・クロスビー コリーン・グレイ チャールス・ビックフォード フランセス・ギフォード

哀愁の湖(1945)

  • 1953年10月6日公開
  • 出演(Dr._Saunders 役)

ベン・エイムズ・ウィリアムズの小説を映画化したテクニカラー作品で、女のニュロティックな心理を描くメロドラマ。ウィリアム・A。バッカーが製作し、「王国の鍵」のジョン・M・スタールが監督に当たった。脚色は「潜航決戦隊」のジョー・スワーリング、撮影、音楽は「わが心に歌えば」と同じくレオン・シャムロイとアルフレッド・ニューマンの担当。主演は「脱獄者の秘密」のジーン・ティアニーと「ゴールデン・コンドルの秘宝」のコーネル・ワイルド、それに「人生模様」のジーン・クレインで、ヴィンセント・プライス「呪われた城」、レイ・コリンズ「我が心の呼ぶ声」、メアリー・フィリップス、ジーン・ロックハート「壮烈第7騎兵隊」らが助演する。

監督
ジョン・M・スタール
出演キャスト
ジーン・ティアニー コーネル・ワイルド ジーン・クレイン ヴィンセント・プライス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジーン・ロックハート