TOP > 人物を探す > マーガレット・ロックウッド

年代別 映画作品( 1936年 ~ 1977年 まで合計10映画作品)

1977年

シンデレラ(1976)

  • 1977年3月26日(土)
  • 出演(Stepmother 役)

12時の鐘が鳴る前に帰らなくては……。名作童話のミュージカル化作品。製作はスチュアート・ライオンズ、監督は「シャイヨの伯爵夫人」のブライアン・フォーブス、脚本はB・フォーブス、ロバート・B・シャーマン、リチャード・M・シャーマンの共同、原作はシャルル・ペロー、撮影はトニー・イミ、音楽はR・B・シャーマンとR・M・シャーマン、振付はマーク・ブローが各々担当。出演はジェマ・クレーブン、リチャード・チェンバレン、ケネス・モアなど。本国公開原題はThe Slipper and the Rose。

監督
ブライアン・フォーブス
出演キャスト
ジェマ・クレーブン リチャード・チェンバレン アネット・クロスビー エディス・エヴァンス
1954年

嵐に叛く女

  • 1954年6月9日(水)
  • 出演(Laughing_Anne 役)

ジョゼフ・コンラッドの戯曲『Because of Dollars』に基づいて、1953年にハーバート・ウィルコックス(「三文オペラ」)が製作監督にあたったテクニカラー海洋劇。脚色はパメラ・バウワー、撮影を「街の野獣(1950)」のマックス・グリーン、音楽を「悪名高きテキサス人」のアンソニー・コリンズが担当している。主演は「赤い百合」のマーガレット・ロックウッド、「北の狼」のウェンデル・コーリー、「西部の掠奪者」のフォレスト・タッカーで、「卑怯者」のロナルド・シャイナー、「老兵は死なず」のロバート・H・ハリス、「砂漠の決闘」のジャック・ブルニュー、「三文オペラ」のダフニ・アンダーソンなどが助演している。リパブリックとウィルコックスの製作提携作。

監督
ハーバート・ウィルコックス
出演キャスト
ウェンデル・コーリー マーガレット・ロックウッド フォレスト・タッカー ロナルド・シャイナー
1947年

狂乱の狼火

  • 1947年
  • 出演(Fanny Rosa 役)

「レベッカ」「ジャマイカ・イン」と同じくダフネ・デュ・モーリア作の小説の映画化で、作者自らテレンス・ヤングと協力して脚色し、「格子なき牢獄」(英国版)「危険な月光」のブライアン・デズモンド・ハーストが監督し、デスモンド・ディキンソンが撮影を指揮したもの。主演は「妖婦」「灰色の男」のマーガレット・ロックウッド、「キャラバン」「魔法の楽弓」のデニス・プライス「魔法の楽弓」のセシル・パーカーで、マイケル・デニソン、最近物故したF・J・マッコーミック、アイリーン・クロウ、「ハムレット(1947)」のジーン・シモンズ、ピーター・マレイ、ダーモット・ウォルシュ等が共演する。

監督
ブライアン・デズモンド・ハースト
出演キャスト
マーガレット・ロックウッド デニス・プライス セシル・パーカー ダーモット・ウォルシュ

妖婦

  • 1947年12月
  • 出演(Barbara Worth 役)

「愛の物語」「灰色の男」と同じくレスリー・アーリスが監督に当ったマーガレット・ロックウッド主演映画で、「第七のヴェール」「灰色の男」のジェームズ・メイソン、「愛の物語」「七つの月のマドンナ」のパトリシア・ロック、「ヘンリー五世(1945)」のグリフィス・ジョーンズが共演する。脚本はマグダレン・キング・ホール作の小説からアーリス自ら執筆、ゴードン・グレノンとエイミー・スチュアートが台詞を加筆した。撮影はジャック・コックスの担当。なお助演者は「キャラバン」のジーン・ケント「ヘンリー五世(1945)」のフェリックス・エイルマー、マイケル・レニー、エニッド・スタンプ・テイラーらである。

監督
レスリー・アーリス
出演キャスト
マーガレット・ロックウッド ジェームズ・メイソン パトリシア・ロック グリフィス・ジョーンズ
1951年

赤い百合

  • 1951年11月24日(土)
  • 出演(Jassy 役)

「第七のヴェール」のシドニー・ボックスが製作した一九四七年度作品。ノラ・ロフツの原作小説から、ドロシー及びキャンベル・クリスティとジョフリー・カーが脚色、「三十六時間」のバーナード・ノウルズが監督した。撮影は「天国への階段」のジェフリー・アンスワース、「愛の物語」のルイス・レヴィが音楽監督を担当。主演は「愛の物語」のマーガレット・ロックウッド、「インディアン渓谷」のパトリシア・ロック、「三十六時間」のデニス・プライス。以下「ハムレット(1947)」のベイジル・シドニー、「ベデリア」のダーモット・ウォルシュ、エスマ・キャノンらが助演する。

監督
バーナード・ノウルズ
出演キャスト
マーガレット・ロックウッド パトリシア・ロック デニス・プライス ベイジル・シドニー
1949年

ベデリア

  • 1949年1月29日(土)
  • 出演(Bedelia 役)

「ローラ殺人事件」と同じくヴェラ・キャスバリーの探偵小説の映画化で、原作者自ら、ハーバート・ヴィクター及び製作者イザドア・ゴールドスミスと協力して脚色、ランス・コンフォートが監督したもの。コンフォートは撮影、録音など技術方面に長い経験を持ち、一本立ち監督となったのは一九四一年で、「鉱夫の城」「町の子等」「我々が結婚した時」などの作品がある。撮影監督はロンドンのメトロ・ゴールドウィン・メイヤーから借りたフレデリック・A・ヤングである。主演は、イギリス映画界第一の人気女優マーガレット・ロックウッド、彼女は「邪悪な淑女」「愛の物語」「飢餓の丘」「灰色の男」などの近作があり、かつてハリウッドでも二三の映画に出演している。相手は、イアン・ハンター、彼がジェシー・マシュースやグレイシー・フィールズの相手役をしていたことは知らずとも、ジョーン・クロフォード、マーナ・ロイ、ジャネット・マクドナルドと共演したことは記憶に新たであろう。「キャラバン」「かれらは姉妹」のアン・クロウフォード、トーキー以来のヴェテラン、バリー・K・バアンズが主なる役で、ジル・エスモンド、ビアトリス・ヴァーリー、エレン・ポロック、ルイズ・ハンプトン、ピートリス・ヴァリー、らが助演している。

監督
ランス・コンフォート
出演キャスト
マーガレット・ロックウッド イアン・ハンター バーリー・K・バアンズ アン・クロウフォード
1950年

愛の物語

  • 1950年2月14日(火)
  • 出演(Lissa_Campbell 役)

「ベデリア」「妖婦」のマーガレット・ロックウッド、「キャラバン」「魔法の楽弓」のスチュワート・グレンジャー、「愛の海峡」のトム・ウォールズ、「妖婦」「情炎の島」のパトリシア・ロックが主演する映画で、J・W・ドロウベル作の短編小説から「灰色の男」と同じくレスリー・アーリスとドリーン・モンゴメリーが共同して脚色し、「妖婦」「灰色の男」のレスリー・アーリスが監督し、「魔法の楽弓」の監督バーナード・ノウルズがその撮影技師時代に撮影した。映画中に演奏される「コーンウォール狂想曲」はヒューバート・バス作曲になり、ハリエット・コーンがピアノ独奏し、管絃楽はシドニー・ビーア指揮のナショナル・シンフォニー・オーケストラが演奏する。助演者はレジナルド・パーデル、モイラ・リスター、ヴインセント・ホールマンその他である。

監督
レスリー・アーリス
出演キャスト
マーガレット・ロックウッド スチュワート・グレンジャー パトリシア・ロック トム・ウォールズ
1948年

灰色の男

  • 1948年9月
  • 出演(Hester 役)

「妖婦」のマーガレット・ロックウッド及びジェームズ・メイソン、「七つの月のマドンナ」「魔法の楽弓」のフィリス・カルヴァート及びスチュワート・グレンジャーが共演する映画で、「キャラバン」のエリナー・スミスの小説をドリーン・モンゴメリーが改作し、「妖婦」のレスリー・アーリスが作家のマーガレット・ケネディーと協力脚色し、アーリスが監督にあたり、「キャラバン」に「七つの月のマドンナ」のアーサー・クラブトリーが撮影した。助演者の主なる者はマーティタ・ハント、ヘレン・ヘイ、レイモンド・ラヴェル、ビアトリス・ヴァーリー等である。

監督
レスリー・アーリス
出演キャスト
マーガレット・ロックウッド ジェームズ・メイソン フィリス・カルヴァート スチュワート・グレンジャー
1976年

バルカン超特急

  • 1976年11月20日(土)
  • 出演(Iris Henderson 役)

列車内で貴婦人が消えた。そして謎の事件に巻きこまれるヒロインを描いたサスペンス作品。製作はエドワード・ブラック、監督は「ファミリー・プロット」のアルフレッド・ヒッチコック、原作はエセル・リナ・ホワイト、脚色はシドニー・ギリアットとフランク・ローンダー、撮影はジャック・コックス、音楽はルイス・レヴィが各々担当。出演はマーガレット・ロックウッド、マイケル・レッドグレイブ、ポール・ルーカス、メイ・ウィッティ、ノーントン・ウェイン、ベイジル・ラドフォードなど。

監督
アルフレッド・ヒッチコック
出演キャスト
マーガレット・ロックウッド マイケル・レッドグレーヴ ポール・ルーカス メイ・ウィッティ
1936年

紳士渡世

  • 1936年
  • 出演(Georgina Hunstanton 役)

「勝利の朝」「戦線の嵐」のダグラス・フェアバンクス・ジュニアと「厳窟王」「客間の燭台」のエリッサ・ランディとが主演する映画で、ジェフリー・ファーノルの小説を「アンナ・カレニナ」のクレメンス・ディーンが脚色し、「空中レビウ時代」「文無し長者」のソーントン・フリーランドが監督した映画。助演者はゴーモン・ブリティッシュから借りられて来た「南欧横断列車510」出演のゴードン・ハーカーを始めとして、「ソレル其の子」のヒュー・ウィリアムズ、ベイジル・シドニー、フランク・ペティンゲル、エイソール・ステュワート、コーラル・ブラウン等である。キャメラは「ジャンダーク」「月光石」のギュンター・クランプの担任。因みに、これはダグラス・フェアバンクス・ジュニアが共同製作者となって興したクライティリオン社の第一回作品である。

監督
ソーントン・フリーランド
出演キャスト
ダグラス・フェアバンクス・ジュニア エリッサ・ランディ ゴードン・ハーカー ベイジル・シドニー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > マーガレット・ロックウッド