映画-Movie Walker > 人物を探す > マレー・ヘッド

年代別 映画作品( 1967年 ~ 2000年 まで合計7映画作品)

2000年

年下のひと

  • 2000年4月29日(土)公開
  • 脚本

 19世紀フランス。実在の女流作家、ジョルジュ・サンドの奔放な愛の遍歴をつづるドラマ。年下の詩人との不倫関係にはしり、文壇のスキャンダルとなりながらも情熱を燃やした姿を描きだす。

監督
ディアーヌ・キュリス
出演キャスト
ジュリエット・ビノシュ ブノワ・マジメル ステファノ・ディオニジ ロバン・ルヌッチ
1997年

ボーマルシェ フィガロの誕生

  • 1997年9月6日(土)公開
  • 出演(Lord Rochford 役)

『フィガロの結婚』『セビリャの理髪師』などの劇作家にして、発明家・裁判官・実業家・武器商人、はたまた国際スパイと八面六臂の活躍で知られるピエール=オーギュスト・カロン・ド・ボーマルシェ(1732~99)の半生を描いた時代物。監督は「殺られる」などのフィルム・ノワールで名を挙げ、「Mr.レディMr.マダム」など、娯楽作で知られるベテラン、エドゥアール・モリナロ。製作は「死への逃避行」「しあわせはどこに」のシャルル・ガッソ。脚本・脚色・台詞は、サシャ・ギトリの未完成の原作戯曲を基に、モリナロとジャン=クロード・ブリスヴィルが執筆。撮影はミヒャエル・エップ、音楽は「チャタレイ夫人の恋人」のジャン=クロード・ブティ。美術はジャン=マルク・ケルデュリエ、編集はヴェロニク・パルネ、衣裳はシルヴィー・ド・セゴンザック。主演はエリック・ロメールの常連俳優として、主に名バイプレーヤーとして知られる「愛の報酬」のファブリス・ルキーニ。共演は「深夜カフェのピエール」のマニュエル・ブラン、「哀しみのスパイ」のサンドリーヌ・キベルラン、「シラノ・ド・ベルジュラック」のジャック・ウェベール、「夜のアトリエ」のクレール・ヌブーほか。また、「とまどい」のミシェル・セロー、「美しき諍い女」のミシェル・ピコリ、「百一夜」のジャン=クロード・ブリアリらベテラン勢も顔を見せる。

監督
エドゥアール・モリナロ
出演キャスト
ファブリス・ルキーニ マニュエル・ブラン サンドリーヌ・キベルラン ジャック・ヴェベール
1990年

エレベーターを降りて左

  • 1990年7月21日(土)公開
  • 音楽

パリのおしゃれなアパルトマンを舞台に、画家とその恋人が巻き起こすロマンチック・コメディ。製作はクロード・ベリ、監督は「優しく愛して」のエドゥアール・モリナロ。ジュラール・ロジェの舞台劇“Lamuse gueule”を基に自身が脚色、撮影はロベール・フレス、音楽はマレー・ヘッドが担当。出演はエマニュエル・ベアール、リシャール・ボーランジェほか。

監督
エドゥアール・モリナロ
出演キャスト
エマニュエル・ベアール リシャール・ボーランジェ ピエール・リシャール ファニー・コタンソン
1989年

ソフィー 遅すぎた出会い

  • 1989年5月5日(金)公開
  • 出演(マイクル 役)

自分の意志のままに生きる奔放な女性を描く、女優ミレーユ・エグローズの監督デビュー作。

監督
ミレーユ・エグローズ
出演キャスト
オーレリー・ジベール マレー・ヘッド アンヘラ・モリーナ
1977年

マダムクロード

  • 1977年10月1日(土)公開
  • 出演(David 役)

フランス、アメリカの政財界に甘い夜を提供するマダム・クロードと、彼女の背徳の魔術より生まれた娘達の物語。製作はクレール・デュバル、監督は「O嬢の物語」のジュスト・ジャカン、脚本はアンドレ・G・ブリュネラン、音楽はセルジュ・ゲンズブールが各々担当。なお挿入歌をジェーン・バーキンが唄っている。出演はデイル・ハドン、フランソワーズ・ファビアン、マレー・ヘッド、モーリス・ロネ、ビベケ・ヌドセン、クラウス・キンスキー、ジャン・ガヴァンなど。

監督
ジュスト・ジャカン
出演キャスト
デイル・ハドン フランソワーズ・ファビアン マレー・ヘッド モーリス・ロネ
1973年

日曜日は別れの時

  • 1973年6月30日(土)公開
  • 出演(Bob Elkin 役)

日曜日を二度はさんだ十日間に起こる、中年の医師、若いとはいえないが魅力的な女性、若い芸術家の三角関係を描く。製作はジョゼフ・ジャンニ、監督は「真夜中のカーボーイ」のジョン・シュレシンジャー、脚本はペネロープ・ギリヤット、撮影はビリー・ウィリアムス、編集はリチャード・マーデンが各々担当。出演はグレンダ・ジャクソン、ピーター・フィンチ、マレー・ヘッド、ペギー・アシュクロフト、モーリス・デナム、ヴィヴィアン・ピクルス、フランク・ウィンザーなど。

監督
ジョン・シュレシンジャー
出演キャスト
グレンダ・ジャクソン ピーター・フィンチ マレー・ヘッド ペギー・アシュクロフト
1967年

ふたりだけの窓

  • 1967年10月14日(土)公開
  • 出演(Geoffrey 役)

ビル・ノートンのヒット戯曲『オール・イン・グッド・タイム』を彼自身が脚色し、ジョン・ブールティングとロイ・ブールティングの兄弟が製作・監督した家庭劇。撮影はハリー・ワックスマン、音楽はビートルズのポール・マッカートニーが担当した。出演は「シャム猫FBI・ニャンタッチャブル」のヘイリー・ミルズ、舞台出身の新人ハィウェル・ベネット、「南海漂流」のジョン・ミルズ、舞台でも同じ役を演じたマージョリー・ロードスほか。

監督
ジョン・ブールティング ロイ・ブールティング
出演キャスト
ヘイリー・ミルズ ハイウェル・ベネット ジョン・ミルズ マージョリー・ロードス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マレー・ヘッド