映画-Movie Walker > 人物を探す > ジュリアン・グローヴァー

年代別 映画作品( 1966年 ~ 2007年 まで合計9映画作品)

2007年

タロットカード殺人事件

  • 2007年10月27日(土)公開
  • 出演(ライモン卿 役)

「マッチポイント」に続くウディ・アレン監督&人気女優スカーレット・ヨハンソンのコンビ作。大事件の解明に挑む素人探偵コンビの姿を軽妙に描くミステリー・コメディだ。

監督
ウディ・アレン
出演キャスト
ジム・ダンク ロバート・バサースト ジョフ・ベル クリストファー・フルフォード

ストリングス 愛と絆の旅路

  • 2007年4月28日(土)公開
  • 出演(声)(カロ(英語版) 役)

デンマーク製のドール・ムービーを、「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明監督が日本語版に演出。SMAPの草なぎ剛と香取慎吾、中谷美紀ら、豪華俳優陣が声の出演を果たした。

監督
アナス・ロノウ・クラーロン 庵野秀明
出演キャスト
ジェームズ・マカヴォイ キャサリン・マッコーマック デイヴィッド・ヘアウッド クレア・スキナー
1989年

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦

  • 1989年7月8日(土)公開
  • 出演(Walter_Donovan 役)

キリストの血を受けたといわれる伝説の聖杯をめぐって活躍するインディアナ・ジョーンズの姿を描くシリーズ第3作。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョージ・ルーカス、フランク・マーシャル、製作はロバート・ワッツ、監督は「太陽の帝国」のスティーヴン・スピルバーグ。ルーカスとメンノ・メイエスのストーリーを基に、脚本は「インナー・スペース」のジェフリー・ボーム、撮影はダグラス・スローカム、音楽は「太陽の帝国」のジョン・ウィリアムズが担当。出演は「ワーキング・ガール」のハリソン・フォード、「プレシディオの男たち」のショーン・コネリーほか。

監督
スティーヴン・スピルバーグ
出演キャスト
ハリソン・フォード ショーン・コネリー デンホルム・エリオット アリソン・ドゥーディー
1988年

熱砂の日

  • 1988年6月30日(木)公開
  • 出演(Crawford 役)

インドを舞台に、異文化間の伝統、習慣、思考の衝突を、時を隔てて生きる二人の英国人女性の体験を通して描く。製作はイスマイール・マーチャント、監督は「モーリス」のジェームズ・アイヴォリー、原作・脚本は「眺めのいい部屋」のルース・プラヴァー・ジャブヴァーラ、撮影はウォルター・ラサリー、音楽はリチャード・ロビンズが担当。出演はジュリー・クリスティ、グレタ・スカッキほか。

監督
ジェームズ・アイヴォリー
出演キャスト
ジュリー・クリスティ グレタ・スカッキ ザキール・フセイン シャーシー・カプール
1981年

007/ユア・アイズ・オンリー

  • 1981年7月4日(土)公開
  • 出演(Kristatos 役)

東西両陣営のパワー・バランスを突き崩す秘密兵器“ATAC”の行方を追って英国のスーパー・エージェント、ジェームズ・ボンドが活躍するアクション映画で、これはシリーズ第12作目に当たる。製作総指揮はマイケル・G・ウィルソン、製作はアルバート・R・ブロッコリ、監督は編集・アクション監督出身のジョン・グレン。イアン・フレミングの原作を基にリチャード・メイバウムとマイケル・ウィルソンが脚色。撮影はアラン・ヒューム、音楽はビル・コンティ、編集はジョン・グローヴァー、製作デザインはピーター・ラモント、衣装はエリザベス・ウォラー、特殊効果はデレク・メディングスが各々担当。出演はロジャー・ムーア、キャロル・ブーケ、トポル、リン・ホリー・ジョンソン、ジュリアン・グローヴァー、カサンドラ・ハリス、ジル・ベネット、マイケル・ゴザード、ジョン・ワイマン、ステファン・カリファなど。

監督
ジョン・グレン
出演キャスト
ロジャー・ムーア キャロル・ブーケ トポル リン・ホリー・ジョンソン
1974年

大本命

  • 1974年11月23日(土)公開
  • 出演(Lodge 役)

八百長や陰謀がからみ殺人事件まで起こる競馬界の裏側を描いたディック・フランシスの推理小説の映画化。製作はニール・ハートレイ、監督は「太陽の果てに青春を」のトニー・リチャードソン、脚本はリチャードソンとジョン・オークシー、撮影はフレディ・クーパー、音楽はジョン・アディソンが各々担当。出演はスコット・アントニー、ジュディ・デンチ、ニーナ・トーマス、マイケル・ウィリアムス、マーク・ディグナム、ジュリアン・グローヴァーなど。

監督
トニー・リチャードソン
出演キャスト
スコット・アントニー ジュディ・デンチ マイケル・ウィリアムス ニーナ・トーマス
1971年

嵐が丘(1970)

  • 1971年7月24日(土)公開
  • 出演(Hindley 役)

英国の女流作家エミリー・ブロンテ不朽の名作『嵐が丘』の再映画化。この作品は製作総指揮をルイス・M・ヘイワード、製作はサミュエル・Z・アーコフ、ジェームズ・H・ニコルソン、監督はロバート・フュースト、脚本はパトリック・ティリー、撮影はジョン・コキロン、音楽はミシェル・ルグランがそれぞれ担当。出演はアンナ・カルダー・マーシャル、ティモシー・ダルトン、ハリー・アンドリュース、イアン・オギルビー、ヒラリー・ドワイヤー、ジュリアン・グローヴァー、ヒュー・グリフィスなど。

監督
ロバート・フュースト
出演キャスト
アンナ・カルダー・マーシャル ティモシー・ダルトン イアン・オギルビー ヒラリー・ドワイヤー
1969年

英国最大の戦い アルフレッド大王

  • 1969年10月18日(土)公開
  • 出演(Athelstan 役)

アルフレッド大王とバイキングの決戦を描くスペクタクル。エリナー・シプリー・ダケットの原作を「大いなる西部」のジェームズ・R・ウェッブがストーリーに書き、ケン・テーラーと共に脚色。監督は「茂みの中の欲望」のクライヴ・ドナー、撮影は「茂みの中の欲望」のアレックス・トムソン、音楽はレイモンド・レパードの担当である。出演は「バーバレラ」のデイヴィッド・ヘミングス、「できごと」のマイケル・ヨーク、「遥か群衆を離れて」のプルネラ・ランサム、その他コリン・ブレークリー、ジュリアン・グローヴァー、イアン・マッケランなど。製作は「西部開拓史」のバーナード・スミス。メトロカラー、スーパー・シネラマ方式。

監督
クライヴ・ドナー
出演キャスト
デイヴィッド・ヘミングス マイケル・ヨーク プルネラ・ランサム コリン・ブレークリー
1966年

みどりの瞳

  • 1966年10月16日(日)公開
  • 出演(Malachi Sullivan 役)

エドナ・オブライエンの小説『ひとりぽっちの娘』を彼女自身が脚色、名キャメラマンのデズモンド・デイヴィスの第一回監督作。撮影は「トム・ジョーンズの華麗な冒険」で助手をつとめたマニー・ウィン、音楽は同作品でアカデミー作曲賞をとったジョン・アディソンが担当した。出演は「ナック」のリタ・トゥシンハム、「女が愛情に渇くとき」のピーター・フィンチ、「トム・ジョーンズの華麗な冒険」のリン・レッドグレーヴ、ほかにマイア・キーン、アーサー・オサリバン、ジュリアン・グローヴァーなど。

監督
デズモンド・デイヴィス
出演キャスト
ピーター・フィンチ リタ・トゥシンハム リン・レッドグレーヴ マイア・キーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジュリアン・グローヴァー