映画-Movie Walker > 人物を探す > ハラルト・ラインル

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1978年 まで合計13映画作品)

1978年

歴史としての聖書

  • 1978年6月24日(土)
  • 監督

聖書の足どりを、発掘された数多くの遺跡と文献によって追ったドキュメンタリー。映画はメソポタミアから発掘された石像、モーゼが十戒をうけたシナイ山、ソロモン王の遺跡、クムランの洞窟、最古の旧約聖書といわれる死海文書、大洪水のあったことを示す地質図、四千年前の印章(リンゴの木と蛇の絵の入った)、十二使徒を見出した地ガリラヤの湖、シュメル王の墓から発掘された宝石細工など数々の遺跡・出土品・美術品を促え、聖書を歴史の史料としてつづっている。製作はヌエン・テーレ、監督はハラルト・ラインル、脚本はマンフレッド・バルテル、原作はヴェルナー・ケラー(山本書店刊)、撮影はエルンスト・ストリンフィンゲル、音楽はエバルハルト・シェーナー、トリックはステュディオ・クラメル、日本語版ナレーターは大平透と永井一郎が各々担当。日本語版監修は原作の翻訳者でもある山本七平と、新見宏。本国公開題名はUnd Die Bibel Hat Doch Recht。

監督
ハラルト・ラインル
出演キャスト
1977年

宇宙人謎の足跡

  • 1977年6月18日(土)
  • 監督

地球上にある古代の遺跡は実は宇宙人によってつくられたものではないか。かつて、この地球に訪れた宇宙人……この仮説を証明するため、キャメラは世界各地をとぶ。テキサス州グレン・ローズ川の巨大な足跡、ポナペ島の巨大な石壁、パレンケの壁画、サハラのマースの神など、これらはすべて、宇宙人の手になるものではないか、そして今また宇宙人は地球を訪れるのか……。監督は「宇宙人は地球にいた」のハラルト・ラインル、脚本はマンフレッド・バルテル、原作はエリッヒ・フォン・デニケンの「未来の記憶」(早川書房刊)、「星への帰還」(角川書店刊)等に基づく。撮影はグルント・エルストナー、エドガー・ショルツ、音楽はピーター・トーマスが各々担当。日本語版監修は進藤光太。ナレーターは福田豊士。短縮版。

監督
ハラルト・ラインル
出演キャスト
1974年

宇宙人は地球にいた

  • 1974年11月23日(土)
  • 監督、脚本

神々は先史時代に地球を訪れた宇宙人だという仮説を証明しようとするドキュメンタリー。ドイツの作家エーリッヒ・フォン・デニケンの著、「未来の記憶」「星への帰還」に基づいてハラルト・ラインル監督のもと、エルンスト・ヴィルト、クラウス・リーデル、リヒャルト・R・リンメルの撮影班が丸一年を費し五大大陸を巡って撮影した作品。短縮版。

監督
ハラルト・ラインル
出演キャスト
1968年

大虐殺(1968)

  • 1968年
  • 監督、脚本

中世ドイツの英雄叙事詩『ニーベルンゲンの歌』の映画化。監督は「夕陽のモヒカン族」「大酋長ウィネットー」のハラルト・ラインルで、ラインルと「大酋長ウィネットー」のハラルト・G・ペターソン、「怪人マブゼの挑戦」のラディスラス・フォダーの三人が脚本を執筆。撮影は「大酋長ウィネットー」のエルンスト・W・カリンケ、音楽は「青い波紋」のロルフ・ヴィルヘルムが担当した。出演はウーベ・バイヤー、マリア・マルロウと、ともに新人。ほかにロルフ・ヘニンガー、ジークフリート・ビシュネブスキーなど。製作は「騎兵隊最後の砦」のアルトゥール・ブラウナーとゲーツ・ディーター・ブルフ。カラー、70ミリ。

監督
ハラルト・ラインル
出演キャスト
ウーベ・バイヤー ロルフ・ヘニンガー ジークフリート・ビシュネブスキー マリア・マルロウ

夕陽のモヒカン族

  • 1968年2月24日(土)
  • 監督

J・F・クーパーの西部小説の古典『モヒカン族の最後』をヨアヒム・バルジュとホセ・アントニオが共同で脚色し、ハラルト・ラインルが監督したイタリア製西部劇。撮影はフランク・マーティン、音楽はピーター・トーマスが担当した。出演は「荒野の棺桶」のアンソニー・ステファン、「007は二度死ぬ」のカリン・ドール、ダン・マーティンほか。テクニカラー、デクニスコープ。

監督
ハラルト・ラインル
出演キャスト
アンソニー・ステファン ダン・マーティン カリン・ドール ヨアヒム・フックスベルガー
1966年

大酋長ウィネットー

  • 1966年11月17日(木)
  • 監督

西部小説作家カール・メイの原作をハラルト・G・ペターソンが脚色し、ハラルト・ラインルが監督した西部劇。撮影はエルンスト・W・カリンケ、音楽はマルティン・ベッチャーが担当した。出演はレックス・バーカー、ピエール・ブリス、アンソニー・スティール、カリン・ドールなど。総指揮はホルスト・ヴェンドランド、製作はボルフガング・キューンレンツ。

監督
ハラルト・ラインル
出演キャスト
レックス・バーカー ピエール・ブリス アンソニー・スティール カリン・ドール
1965年

アパッチ(1964)

  • 1965年2月27日(土)
  • 監督

カール・マイの小説『ウィンネット』を、ハラルト・G・ペターソンが脚色、「シルバーレークの待伏せ」のハラルト・ラインルが監督した西部劇。撮影はエルンスト・W・カリンケ、音楽はマルティン・ベッチャーが担当した。出演は「シルバーレークの待伏せ」のレックス・バーカー、ピエール・ブリス、ラルフ・ヴォルター、「スキャンダル」のマリオ・アドルフ、「青い波紋」のマリー・ヴェルシニなど。製作はヨジッブ・ルリック。

監督
ハラルト・ラインル
出演キャスト
レックス・バーカー ピエール・ブリス マリオ・アドルフ マリー・ヴェルシニ
1964年

シルバーレイクの待伏せ

  • 1964年12月8日(火)
  • 監督

カール・マイの原作をハラルド・G・ペテルソンが脚色、「怪人マブゼの挑戦」のハラルト・ラインルが演出した西部劇。撮影はエルンスト・W・カリンケ、音楽はマルティン・ボエッチャーが担当した。製作はホルスト・ヴェントラント。出演は「怪人マブゼー」のレックス・バーカー、「野性の太陽」のハーバート・ロム、「甘い暴力」のピエール・ブリス、ほかにゲッツ・ゲオルゲ、カリン・ドール、エディ・アレント、ラルフ・ヴォルターなど。

監督
ハラルト・ラインル
出演キャスト
レックス・バーカー ゲッツ・ゲオルゲ ハーバート・ロム カリン・ドール

怪人マブゼの挑戦

  • 1964年9月4日(金)
  • 監督

ラディスラス・フォダーとマルク・ベームの共同シナリオを、脚本家ハラルト・ラインルが演出した怪奇ドラマ。撮影はカール・レーブ、音楽は「アイガー氷壁 決死の救援」のペーター・サンドロフが担当した。出演は、「バナナの皮」のゲルト・フレーベ、「ターザン」だったレックス・バーカー、「青い波紋」のダリア・ラヴィ、ほかにファウスト・トッツィ、ヨアヒム・モック、ルドルフ・フォルスターなど。

監督
ハラルト・ラインル
出演キャスト
ゲルト・フレーベ レックス・バーカー ダリア・ラヴィ ファウスト・トッツィ
1960年

激戦モンテカシノ

  • 1960年7月9日(土)
  • 監督

第二次大戦中のモンテカシノをめぐる独軍と連合軍の戦闘を描いたもの。ヨアヒム・バルジュの脚本を「U47出撃せよ」のハラルト・ラインルが監督した。撮影は同作品のコンビ、F・W・カリンケ。音楽はロルフ・ヴィルヘルム。出演は「U47出撃せよ」のヨアヒム・フックスベルガー、同じくハラルト・ユンケのほか、エヴァルト・バルザー、エルマ・カルロワら。製作フランツ・ザイツ。

監督
ハラルト・ラインル
出演キャスト
ヨアヒム・フックスベルガー ハラルト・ユンケ エヴァルト・バルザー エルマ・カルロワ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハラルト・ラインル