映画-Movie Walker > 人物を探す > ニコラス・ジェスネル

年代別 映画作品( 1966年 ~ 1977年 まで合計4映画作品)

1977年

白い家の少女

  • 1977年7月23日(土)公開
  • 監督

他人を踏み込ませず、白い家に住む謎めいた少女の行動と正体をサスペンス・タッチで描く。製作総指揮はハロルド・グリーンバーグとアルフレッド・パリサー、製作はゼヴ・ブラウン、監督は「扉の影に誰かいる」のニコラス・ジェスネル、脚本・原作はレアード・コーニグ(新潮社刊)、撮影はルネ・ヴェルジェ、音楽はクリスチャン・ゴベールが各々担当。なおフレデリック・ショパンの「ピアノ・コンチェルト第1番ホ短調」が挿入されている。出演はジョディ・フォスター、マーティン・シーン、アレクシス・スミス、モルト・シューマン、スコット・ジャコビーなど。

監督
ニコラス・ジェスネル
出演キャスト
ジョディ・フォスター マーティン・シーン アレクシス・スミス モルト・シューマン
1971年

扉の影に誰かいる

  • 1971年8月7日(土)公開
  • 監督、脚色

チャールズ・ブロンソンとジル・アイアランドの夫妻と「かわいい毒草」以来のアンソニー・パーキンスが共演するサスペンスに満ちた犯罪映画。製作はレイモン・ダノン、監督は「ブロンドの罠」のニコラス・ジェスネル、ジャック・ロベールの原作を、ロベール自身、ジェスネル、「怪人マブゼ博士」のマルク・ベームが共同脚色、撮影は「別離」のピエール・ロム、音楽を「アイドルを探せ」のジョルジュ・ガルヴァランツが各々担当。出演はチャールズ・ブロンソン、アンソニー・パーキンス、ジル・アイアランド、アンリ・ガルサン、A・マジェストレッティなど。

監督
ニコラス・ジェスネル
出演キャスト
チャールズ・ブロンソン アンソニー・パーキンス ジル・アイアランド アンリ・ガルサン
1969年

ブロンドの罠

  • 1969年7月12日(土)公開
  • 監督、脚色

「女は一回勝負する」「ある晴れた朝突然に」などのイギリスの推理作家ジェームズ・ハドリー・チェイスの原作を、ニコラス・ジェスネルとマーク・ベームが脚色し、台詞をジャック・ヴィルフリが書き、「盗みのテクニック」のニコラス・ジェスネルが監督したスパイもの。撮影はクロード・ルコント、音楽は「悪魔のようなあなた」のフランソワ・ド・ルーベが担当している。出演は「牝猫と現金」のミレーユ・ダルク、「大進撃」のクラウディオ・ブルック、エドワード・G・ロビンソンなど。

監督
ニコラス・ジェスネル
出演キャスト
ミレーユ・ダルク クラウディオ・ブルック エドワード・G・ロビンソン ジャン・ジャック・デルボー
1966年

盗みのテクニック

  • 1966年12月17日(土)公開
  • 監督、脚本

ニコラス・ジェスネルが脚本・監督した。撮影はクロード・ルコント、音楽はジョルジュ・ガルヴァランツが担当した。出演はクロード・リッシュ、「素晴らしき男」のジーン・セバーグ、「大冒険マルコ・ポーロ」のエルザ・マルティネッリ、ピエール・ヴェルニエなど。製作はギイ・ラクール。

監督
ニコラス・ジェスネル
出演キャスト
クロード・リッシュ ジーン・セバーグ エルザ・マルティネッリ ピエール・ヴェルニエ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ニコラス・ジェスネル