TOP > 人物を探す > チャールズ・マッカーサー

年代別 映画作品( 年 ~ 1950年 まで合計14映画作品)

1974年

フロント・ページ(1974)

  • 1974年
  • 原作

アメリカ・シカゴの1920年代、新聞記者社会を舞台にした風刺コメディで、ブロードウェイのヒット舞台劇の映画化。製作総指揮はジェニングス・ラング、製作はポール・モナシュ、監督は「シャーロック・ホームズの冒険」のビリー・ワイルダー、脚本はワイルダーとI・A・L・ダイアモンド、原作はベン・ヘクトとチャールズ・マッカーサーの同名舞台劇、撮影はジョーダン・クローネンウェス、音楽はビリー・メイ、編集はラルフ・E・ウィンタースが各々担当。出演はジャック・レモン、ウォルター・マッソー、キャロル・バーネット、スーザン・サランドン、ヴィンセント・ガーディニア、デイヴィッド・ウェイン、アレン・ガーフィールド、チャールズ・ダーニングなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、パナビジョン。1974年作品。

監督
ビリー・ワイルダー
出演キャスト
ジャック・レモン ウォルター・マッソー スーザン・サランドン キャロル・バーネット
1939年

ガンガ・ディン

  • 1939年
  • 脚本

「踊る騎士」「有頂天時代(1936)」のジョージ・スティーヴンスが製作・監督した大作で「素晴らしき休日」「赤ちゃん教育」のケーリー・グラント、「黄金の夢」「軍使」のヴィクター・マクラグレン及び「生活の悦び」「心の青春」のダグラス・フェアバンクス・ジュニアが主演する。「バーバリー・コースト」「生きているモレア」に協力したベン・ヘクト、チャールズ・マッカーサーのチームがラディヤード・キプリング作の詩を素材としてストーリーを書卸し、「富豪一代」「永遠の戦場」のジョエル・セイヤーが「頓珍漢ミイラ取り」の監督者フレッド・ガイオルと協力脚色したもの。助演者は「踊る騎士」のジョーン・フォンテーン、「失はれた地平線」のサム・ジャッフェ、「目撃者(1936)」のエドワード・チアネーリ、「踊る騎士」のメンタギュ・ラヴ、「響け凱歌」のロバート・クート等である。なおキャメラはジョセフ・オーガストが担当している。

監督
ジョージ・スティーヴンス
出演キャスト
ケイリー・グラント ヴィクター・マクラグレン ダグラス・フェアバンクス・ジュニア サム・ジャフェ
1950年

嵐ヶ丘(1939)

  • 1950年12月1日(金)
  • 脚色

「孔雀夫人(1936)」「デッド・エンド」「我等の生涯の最良の年」等と同じくサミュエル・ゴールドウィン製作、ウィリアム・ワイラー監督になる1939年度作品。英文学史上の名作の1つに数えられるエミリー・ブロンテの小説よりベン・ヘクト、チャールズ・マッカーサー(『生きてるモレア』)のチームが脚色、「我等の生涯の最良の年」のグレッグ・トーランドが撮影、「狐の王子」のアルフレッド・ニューマンが音楽を担当している。主演は「楽聖ショパン」のマール・オベロン、「ハムレット(1947)」のローレンス・オリヴィエ、「暁の討伐隊」のデイヴィッド・ニーヴンで、「ゾラの生涯」のドナルド・クリスプ、「サラトガ本線」のフローラ・ロブソン、英国より招かれたヒュー・ウィリアムズ、「ラインの監視」のジェラルディン・フィッツジェラルド、レオ・G・キャロル、マイルス・マンダー、セシル・ケラウェイ、レックス・ダウニング、サリタ・ウートン、ダグラス・スコットなどが助演している。

監督
ウィリアム・ワイラー
出演キャスト
マール・オベロン ローレンス・オリヴィエ デイヴィッド・ニーヴン ドナルド・クリスプ
1935年

バーバリー・コースト

  • 1935年
  • 原作

「虚栄の市(1935)」「世界一の金持ち娘」のミリアム・ホプキンスのサミュエル・ゴールドウィン・プロにおける第1回主演作品で、「俺は善人だ」「笑う巨人」のエドワード・G・ロビンソンと「白い友情」「世界一の金持ち娘」のジョエル・マクリーが共演する。監督は「特急二十世紀」「今日限りの命」のハワード・ホークスが任じ、脚本は「生きているモレア」「情熱なき犯罪」のベン・ヘクトとチャールズ・マッカーサーが協力して書き卸したもの。撮影は「台風」「宝島(1934)」のレイ・ジューンの担当。助演者は「Gウーマン」のブライアン・ドンレヴィ、劇作家・俳優のフランク・クレイヴン、「暁の爆撃」のクライド・クック、「轟く大地」のハリー・ケイリー、ウォルター・ブレナン等である。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ミリアム・ホプキンス エドワード・G・ロビンソン ジョエル・マクリー ウォルター・ブレナン

生きているモレア

  • 1935年
  • 監督

「情熱なき犯罪」に次ぐベン・ヘクト、チャールズ・マッカーサー作品で、同じくヘクトとマッカーサーが協力して原作脚色監督に当たり、同じく撮影技師のリー・ガームスが監督補助を勤めたものである。主演者は「生活の設計」「カヴァルケード」「薔薇のワルツ」の原作者である、英米劇団での名優たるノエル・カワードが映画デビュウとして勤め、助演俳優は「ビール万歳」「麦畑を荒らす者」のジュリー・ヘイドン、「情熱なき犯罪」のスタンリー・リッジス、「野いばら」「宿命の窓」のマーサ・スリーパー、「お嬢様お耳拝借」のロジタ・モレノ、及び紐育劇界の中堅俳優連、アーネスト・コサート、アレクサンダー・ウールコット、イヴァリー・グレッグ、ヘレン・ストリックランド、社交界出のホープ・ウィリアムス等の面々である。

監督
ベン・ヘクト チャールズ・マッカーサー
出演キャスト
ノエル・カワード ジュリー・ヘイドン スタンリー・リッジス マーサ・スリーパー
1934年

特急二十世紀

  • 1934年
  • 原作、脚色

「トパーズ(1933)」「夜間飛行」のジョン・バリモアが主演する映画で「犯罪都市(1931)」「国際盗賊ホテル」を合作したチャールズ・マッカーサーとベン・ヘクトとがチャールズ・ミルホランドの協力を得て書卸した戯曲に基き、マクアーサー、ヘクトが映画用に脚色したものを「暗黒街の顔役(1932)」「今日限りの命」のハワード・ホークスが監督、「青空天国」「十三日の殺人」のジョー・オーガストが撮影した。バリモアの対手役は「ボレロ」「白い肉体」のキャロル・ロムバードを始めとして「青空天国」「或る夜の出来事」のウォルター・コノリー、「ある日曜日の午後」「或る夜の出来事」のロスコー・カーンス、「ケンネル殺人事件」のエチエンヌ・ジラルドオ、ラルフ・フォーブス、デール・フラー、等である。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ジョン・バリモア キャロル・ロンバード ウォルター・コノリー ロスコー・カーンス

情熱なき犯罪

  • 1934年
  • 製作、監督

「犯罪都市(1931)」「暗黒街の顔役(1932)」「特急20世紀」の共同脚色者ベン・ヘクトとチャールズ・マッカーサーが独立してプロダクションを興しての題1作作品で、2人が競作した小説「法のカバレロ」を、原作者たり、プロデューサーたる両氏が共同して脚色し監督したもの。撮影は「ブタペストの動物園」「上海特急」のリー・ガームスが当たった。主なる出演者は「透明人間」のクロード・レインズ、メキシコ生まれの新人女優マーゴ、ブロードウェイのダンサーたるウィットニー・バーンで、スタンリー・ジェス、ポーラ・トルーマン、エスター・デール等。

監督
ベン・ヘクト チャールズ・マッカーサー
出演キャスト
クロード・レインズ マーゴ ウィットニー・バーン スタンリー・リッジス
1932年

怪僧ラスプーチン(1932)

  • 1932年
  • 脚本

アメリカ劇団の王家と称せられる3兄弟、ライオネル、エセル、ジョンが顔合わせての主演映画で「犯罪都市(1931)」の共作者チャールズ・マッカーサーが書き下ろした台本により、モスクワ芸術座出身の演出家リチャード・ボレスラウスキーが監督に当たり、「グランド・ホテル」のウィリアム・ダニエルが撮影した。助演者は「男子戦わざるべからず」のダイアナ・ウィンヤード、「散り行く花」のラルフ・モーガン、「コンゴ」のC・ヘンリー・ゴードン、少年俳優タッド・アレクサンダー「ジェニイの一生」のエドワード・アーノルドなどである。

監督
リチャード・ボレスラウスキー
出演キャスト
ジョン・バリモア エセル・バリモア ライオネル・バリモア ラルフ・モーガン
1931年

犯罪都市(1931)

  • 1931年
  • 原作

「西部戦線異状なし」のルイス・マイルストーンが監督した映画で「地獄の天使(1930)」と同じくハワード・ヒューズのプロダクションとして有名なもの。原作は「国際盗賊ホテル」と同じくベン・ヘクト、チャールズ・マッカーサーが共同で書いた戯曲である。脚色は「略奪者」「キック・イン」のバートレット・コーマックが当たり、撮影は「泥人形」「肉と霊」のグレン・マクウィリアムスの担当である。出演者は「モロッコ」「ニュウ・ムーン」のアドルフ・マンジュウ、「大空の闘士」「青空狂想曲」のパット・オブライエン、「名門芸術」「マネキン英雄」のメアリー・ブライアンを始め、「極楽特急」「月世界征服(1931)」のエドワード・エヴァレット・ホートン、「シマロン(1931)」「特集社会面」のジョージ・E・ストーン、「ウォタルウ橋」「フランケンシュタイン(1931)」のメイ・クラーク、「大空の闘士」のスリム・サマーヴィル、「少年時代」のマット・ムーア、「新聞街の殺人」のフランク・マクヒュー、モーリス・ブラック、クラレンス・H・ウィルソン、スペンサー・チャータース等である。

監督
ルイス・マイルストーン
出演キャスト
アドルフ・マンジュウ パット・オブライエン メアリー・ブライアン エドワード・エヴァレット・ホートン

国際盗賊ホテル

  • 1931年
  • 原作、脚色

「放蕩息子」「怪紳士」と同じくロナルド・コールマンが主演する映画で、「グレイト・ガッポ」「河宿の夜」のベン・ヘクトとチャールズ・マッカーサーが共同で特に物語を書き下ろし「天国の一夜」「仮染の唇」のジョージ・フィッツモーリスが監督し、「放蕩息子」のグレッグ・トーランドとジョージ・バーンズが撮影した。助演者は「無冠の帝王」「大飛行船」のフェイ・レイ、「リリオム」のエステル・テイラー、タリー・マーシャル、ウォーレン・ハイマー、ウルリッヒ。ハウプト、ローレンス・グラント等である。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
ロナルド・コールマン フェイ・レイ エステル・テイラー タリー・マーシャル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > チャールズ・マッカーサー

ムービーウォーカー 上へ戻る