映画-Movie Walker > 人物を探す > ギイ・ド・モーパッサン

年代別 映画作品( 1933年 ~ 2013年 まで合計8映画作品)

2013年

ベラミ 愛を弄ぶ男

  • 2013年3月9日(土)
  • 原作

『トワイライト』シリーズでブレイクしたロバート・パティンソンが、その美貌で上流階級の夫人たちをたぶらかし、頂点に上りつめていく姿を描く愛憎ドラマ。ユマ・サーマン、クリスティン・スコット・トーマス、クリスティーナ・リッチという実力派たちが19世紀のパリの貴婦人に扮し、パティンソンとの激しいラブシーンを披露。

監督
デクラン・ドネラン ニック・オーメロッド
出演キャスト
ロバート・パティンソン ユマ・サーマン クリスティン・スコット・トーマス クリスティーナ・リッチ
1968年

男性・女性

  • 1968年7月20日(土)
  • 原作

モーパッサンの短篇『ポールの妻』『微笑』にヒントを得てジャン・リュック・ゴダールが脚色・台詞・監督を担当したもので、現代のフランスの若者たちは何を考え、何を語り、何を好み、そしてどう行動しているかを“十五の明白な事実”と銘うち、パリの青年男女に対するインタビューを各所に挿入し、彼らの日常的現実をシネマ・ヴェリテ形式で描いたもの。撮影はウィリー・クラント。出演は「大人は判ってくれない」のジャン・ピエール・レオー、人気歌手のシャンタル・ゴヤのほかにブリジット・バルドーと「5時から7時までのクレオ」のアントワーヌ・ブルセイユが特別出演している。

監督
ジャン=リュック・ゴダール
出演キャスト
ジャン=ピエール・レオ シャンタル・ゴヤ Michel Debord Catherine Isabelle Duport
1958年

女の一生(1958)

  • 1958年
  • 原作

十九世紀自然主義文学の代表作である、モーパッサンの有名な同名原作の映画化。無台詞の中篇異色作「恋ざんげ」が公開されている三五歳のアレクサンドル・アストリュック監督が、「愛の迷路」のローラン・ローダンバックと共同で脚色し、自ら監督した。台詞はローダンバック。原作の骨格をふんだ、ある女の乙女時代から初老にいたるまでの生活が描かれる。撮影は「恋多き女」のクロード・ルノワール。ノルマンディ地方ロケーションによって、その風光や風俗などが克明にとらえられている。音楽はロマン・ヴラド、美術ポール・ベルトラン。主演するのは「カラマゾフの兄弟」のマリア・シェル、「素直な悪女」のクリスチャン・マルカン、「サレムの魔女」のパスカル・プティ、「赤と黒(1954)」のアントネルラ・ルアルディ。他に「乙女の館」のイヴァン・デニや、ルイ・アルベッシェ、マリー・エレーヌ・ダステ、ジェラール・ダリュウ、アンドレ・タンシイ等が出演する。製作アニェス・ドラエ。

監督
アレクサンドル・アストリュック
出演キャスト
マリア・シェル クリスチャン・マルカン イヴァン・デニ アントネラ・ルアルディ
1957年

始めに罪あり

  • 1957年2月19日(火)
  • 原作

ギイ・ド・モーパッサンの原作“田舎娘のはなし”からドイツのフランツ・カップが脚色・監督したドイツ・ユーゴスラヴィア合作映画。撮影ブルノ・シュテファン、音楽ボヤン・アダミッチ。主演はユーゴスラヴィアの花形女優、我国には初めてのルート・ニーハウス(一九三五年生れ)を始めヴィクトル・シュタール、ペーター・カルステン、ラヤ・ラキなど。

監督
フランツ・カップ
出演キャスト
ルート・ニーハウス ヴィクトル・シュタール ラヤ・ラキ ペーター・カルステン
1953年

快楽(1952)

  • 1953年1月19日(月)
  • 原作

「輪舞(1950)」のマックス・オフュルスが、ギイ・ド・モーパッサンの短篇三つ『仮面』『メゾン・テリエ』『モデル』を映画化したオムニバス、一九五二年作品。脚本は「輪舞(1950)」と同じくジャック・ナタンソンにオフュルスが協力している。撮影は「輪舞(1950)」のクリスチャン・マトラと「乙女の星」のフィリップ・アゴスティニの協同、音楽はジョエ・エイオスの担当。主演は「肉体の冠」のクロード・ドーファン、「一日だけの天国」のガビ・モルレ、「美しき青春」のマドレーヌ・ルノー、「肉体の罠」のジネット・ルクレール、「五本の指」のダニエル・ダリュー、「青髭」のピエール・ブラッスール、「夜は我がもの」のジャン・ギャバン、「女ざかり」のジャン・セルヴェ「輪舞(1950)」のダニエル・ジェランとシモーヌ・シモンらオール・スタア・キャストである。、

監督
マックス・オフュルス
出演キャスト
クロード・ドーファン ガビ・モルレ ジャン・ギャラン Gahy Bruyere
1987年

愛なき女

  • 1987年8月15日(土)
  • 原作

憎しみ合う兄弟の悩みと和解を描く家族劇。製作はセルヒオ・コーガン、監督は「昇天峠」のルイス・ブニュエル、原作はギイ・ド・モーパッサンの小説『ピエールとジャン』、脚本はハイメ・サルバドール、撮影はラウル・マルティネス・ソラレス、音楽はラウル・ラヴィスタ、美術はグンテル・ヘルソ、編集はホルヘ・ブストスがそれぞれ担当。出演はロサリオ・グラナドス、フリオ・ビリャレアルほか。

監督
ルイス・ブニュエル
出演キャスト
ロサリオ・グラナドス フリオ・ビリャレアル ティト・フンコ ハイメ・カルペ
1977年

ピクニック(1936)

  • 1977年3月26日(土)
  • 原作

田舎ヘピクニックに出かけた一家の歓楽と人生の一コマを描く。製作はピエール・ブロンベルジェ、監督・脚色・脚本はジャン・ルノワール、原作(新潮社刊)はギイ・ド・モーパッサン、撮影はクロード・ルノワール、音楽はジョゼフ・コスマが各々担当。出演はシルヴィア・バタイユ、ジョルジュ・ダルヌー、アンドレ・ガブリエロなど。2015年6月13日デジタルリマスター版公開。

監督
ジャン・ルノワール
出演キャスト
シルヴィア・バタイユ ジャーヌ・マルカン アンドレ・ガブリエロ ジョルジュ・ダルヌー
1933年

沐浴

  • 1933年
  • 原作

フランスで一流に伍する女優マルセル・シャンタルが主演する映画で、ギイ・ド・モーパッサンの短編に基き、「吼えろ!ヴォルガ」と同じくヴィクトル・トゥールジャンスキーとボリス・ド・ファストとが脚色し、トゥルャンスキーが監督した作品である。相手役は「泣き笑い千法札」のジャン・ウォルムスとキャフェ・コンセール歌手出身のフェルナンデルとで、その他「居酒屋(1933)」のアレクサンダー・リニョオ、「パリ祭」のジョルジュ・リゴー、「キートンの爆弾成金」のポーレット・デュボー、クロード・レーマン等が出演している。台詞は「吼えろ!ヴォルガ」「別れの曲」のジャック・ナタンソン。撮影は古参のF・ブルガソフとルイ・ネ。音楽はルネ・シルヴィアノ。作歌はセルジュ・ヴェベルである。

監督
ヴィクトル・トゥールジャンスキー
出演キャスト
マルセル・シャンタル ジャン・ウォルムス アレクサンダー・リニョオ フェルナンデル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ギイ・ド・モーパッサン