TOP > 人物を探す > マイロン・ヒーリー

年代別 映画作品( 1951年 ~ 1978年 まで合計14映画作品)

1978年

溶解人間

  • 1978年8月19日(土)
  • 出演(General_Perry 役)

宇宙空間で想像を絶する熱線か放射能を浴びて溶解人間と化した男が巻き起こす惨劇を描く恐怖映画。製作はサミュエル・W・ゲルフマン、監督・脚本はウィリアム・サックス、撮影はウィリー・カーティス、音楽はアーロン・オーバー、特殊効果はリック・ベイカーとハリー・ウールマン、メークアップはリック・ベイカー、美術はマイケル・レベスクが各々担当。出演はアレックス・リバー、バー・デベニング、マイロン・ヒーリー、マイケル・オールドリッジ、アン・スウィーニー、ライスル・ウィルソン、レインボー・スミス、ジュリー・ドレイゼンなど。

監督
ウィリアム・サックス
出演キャスト
アレックス・リーバー バー・デベニング マイロン・ヒーリー マイケル・オールドリッジ
1958年

地獄部隊を撃て!

  • 1958年8月1日(金)
  • 出演(Jarrett 役)

南北戦争中活躍した、南軍のゲリラ遊撃隊長カントリルにまつわるエピソードに取材した西部劇。南軍ゲリラでありながら北軍に帰順する男が主人公になっている。監督はエドワード・バーンズ。新聞記者出身のポリー・ジェームズが脚本を書下ろし、撮影はウィリアム・ホイットリー。音楽はマーリン・スカイルス。主人公を演ずるのは「カーニバルの女」「春来りなば(1956)」「地獄の掟」などのスティーヴ・コクラン。歌手のゲイル・ロビンス、ダイアン・ブルースター、レオ・ゴードン、「黄金の腕」のウィル・ライト、等が他に出演する、製作は「嵐を呼ぶ銃弾」のベン・シュワルブ。

監督
エドワード・バーンズ
出演キャスト
スティーヴ・コクラン ダイアン・ブルースター レオ・ゴードン ゲイル・ロビンス

嵐を呼ぶ銃弾

  • 1958年5月23日(金)
  • 出演(Bennett_Twins 役)

「殺し屋ネルソン」のダニエル・メインウォーリングの脚本を「春来りなば(1956)」のR・G・スプリングスティーンが監督した西部劇。撮影監督は「肉弾鬼中隊(1957)」のハリー・ニューマン、音楽はマーリン・スカイルズ。主演は「死刑か裏切か」のフランク・ラヴジョイ、「哀愁物語」のジェームズ・ベスト、それに新星アビー・ダルトン。助演はジャン・マーリン、ジョージ・キーマス等。製作はベン・シュオルブ。

監督
R・G・スプリングスティーン
出演キャスト
フランク・ラヴジョイ ジェームズ・ベスト アビー・ダルトン ジャン・マーリン

バファロウ平原

  • 1958年7月1日(火)
  • 出演(Hank 役)

「悪の対決」「対決の一瞬」のアラン・ドワン監督による、開拓期のモンタナを舞台にする牧牛業者の権利争いとインディアン蜂起をめぐる西部劇。トム・ブラックバーンの原作を「怒りの刃」のハワード・エスタブルックと「悪の対決」のロバート・ブリースが共同脚色し、「怒りの刃」のジョン・アルトンが撮影した。音楽はルイス・フォーブス。久方ぶりの「烙印なき男」のバーバラ・スタンウィックが女丈夫の女牧童を演じる他、「対決の一瞬」のロナルド・レーガン「殺し屋ネルソン」のジャック・エラム「悪の対決」のランス・エヴァンス等が出演。製作ベネディクト・ボジャース。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
バーバラ・スタンウィック ロナルド・レーガン ジーン・エヴァンス ランス・フーラー
1963年

FBI武装せよ

  • 1963年1月5日(土)
  • 出演(Dillinger 役)

暗黒時代に跳梁した凶悪ギャングたちを追うFBI(連邦警察)の記録を映画化したギャング退治のアクションもの。脚本・監督はビル・カーンとリチャード・C・カーンが共同であたり、撮影もガイ・ローとクラーク・ラムゼイの共同担当。音楽はポール・ダンラップ。出演者は「ヤング・ガン(1962)」のマイロン・ヒーリー、「ならず者部隊」のサム・エドワーズ、「ララミー砦」のダグ・ウィルソン、ポール・デュボブにジーン・ハーベイなど。製作はウィリアム・J・ファリス。

監督
ビル・カーン リチャード・C・カーン
出演キャスト
マイロン・ヒーリー ジーン・ハーベイ ポール・デュボブ サム・エドワーズ
1962年

ヤング・ガン(1956)

  • 1962年9月1日(土)
  • 出演(Deputy_Nix 役)

ルイス・ガーフィンクルの書き下ろしシナリオをアルバート・バンドが監督した西部劇・撮影は「敵中突破せよ」のエルスワース・フレデリックス、音楽は「第七機動部隊」のマーリン・スカイルズ。出演は「ウエスト・サイド物語」のラス・タンブリンにグロリア・タルボット、ペリー・ロペスなど。

監督
アルバート・バンド
出演キャスト
ラス・タンブリン グロリア・タルボット ペリー・ロペス スコット・マーロウ
1957年

地獄の分れ道

  • 1957年7月31日(水)
  • 出演(Cole_Younger 役)

西部の無法者ジェシー・ジェームズの友人をめぐる物語。ジョン・K・バトラーの原作をバトラーとバリイ・シップマンが脚色、TV映画出身のフランクリン・アンドレオンが監督した。撮影監督は「レイテ沖海空戦 永遠の海原」のジョン・ラッセル、音楽監督はジェラルド・ロバーツ。主演は「悪人への貢物」のスティーブン・マクナリー、新人のロバート・ヴォーン、「復讐に来た男」のペギー・キャッスル。

監督
フランクリン・アンドレオン
出演キャスト
スティーブン・マクナリー ペギー・キャッスル ロバート・ヴォーン バートン・マクレーン

国境の決戦

  • 1957年7月9日(火)
  • 出演(Thmpson 役)

「黄金を追う男」につづく、シャイアン・シリーズの1篇。クラーク・レイノルズのストーリーをレイノルズとディーン・リーズナーが脚色した。監督リチャード・L・ベーア、撮影監督カール・ガスリー、音楽ウィリアム・ラヴァは前作と同じ。主演も前作のクリント・ウォーカー。

監督
リチャード・L・ベーア
出演キャスト
クリント・ウォーカー L・Q・ジョーンズ マイロン・ヒーリー Richard Reeves
1955年

星のない男

  • 1955年4月13日(水)
  • 出演(Mogollon 役)

「六つの橋を渡る男」のアーロン・ローゼンバーグが1955年に製作した色彩西部劇。ディ・リンフォードの原作から「ヴェラクルス」のボーデン・チェイスと「凸凹火星探険」のダニエル・D・ビューチャンプが脚色、「ルビイ」のキング・ヴィダーが監督した。テクニカラー撮影は「異教徒の旗印」のラッセル・メティ、音楽は「異教徒の旗印」のジョセフ・ガーシェンソンである。「ユリシーズ」のカーク・ダグラス、「ジャングルの決闘」のジーン・クレイン、「紅の翼(1954)」のクレア・トレヴァー、「紅の翼(1954)」のウィリアム・キャンベル、「六つの橋を渡る男」のジェイ・C・フリッペン、マーナ・ハンセン、マラ・コーディらが出演する。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
カーク・ダグラス ジーン・クレイン クレア・トレヴァー ウィリアム・キャンベル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/16更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > マイロン・ヒーリー

ムービーウォーカー 上へ戻る