映画-Movie Walker > 人物を探す > 松井康子

年代別 映画作品( 1959年 ~ 1979年 まで合計78映画作品)

1963年

「可否道」より なんじゃもんじゃ

  • 1963年10月17日(木)公開
  • 出演(ヌード・モデル 役)

獅子文六原作“可否道”より「真赤な恋の物語」の白坂依志夫が脚色、「無宿人別帳」の井上和男が監督した喜劇。撮影は、「女弥次喜多 タッチ旅行」の堂脇博。

監督
井上和男
出演キャスト
森光子 川津祐介 加賀まりこ 加東大介

港に消えたあいつ

  • 1963年10月5日(土)公開
  • 出演(アパートの若い女 役)

菊田一夫の原作より「ニッポン珍商売」の富田義朗、「泣いて笑った花嫁」の山根優一郎が共同で脚色、「舞妓はん」の市村泰一が監督したアクションもの。撮影は「独立美人隊」の小杉正雄。

監督
市村泰一
出演キャスト
寺島達夫 鰐淵晴子 志村喬 久保菜穂子
1961年

風来先生

  • 1961年8月29日(火)公開
  • 出演(長女松子 役)

白川渥の原作を「続社長道中記 女親分対決の巻」の笠原良三と「ひとり寝」の富田義朗が共同脚色、「快人黄色い手袋」の市村泰一が監督した青春明朗篇。撮影は川原崎隆夫。

監督
市村泰一
出演キャスト
津川雅彦 環三千世 月丘夢路 伴淳三郎

背徳のメス

  • 1961年8月6日(日)公開
  • 出演(大場綾子 役)

黒岩重吾の直木賞受賞作を 「雲がちぎれる時」の新藤兼人が脚色し、「恋の画集」の野村芳太郎が監督したサスペンス・ドラマ。撮影も「恋の画集」の川又昂。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
田村高廣 高千穂ひづる 瞳麗子 久我美子

秀才はんと鈍才どん

  • 1961年6月30日(金)公開
  • 出演(くみ子 役)

「続々々番頭はんと丁稚どん チャンポン旅行」の花登筐が自らの原作を脚色し同じく「続々々番頭はんと丁稚どん チャンポン旅行」の的井邦雄が監督した明朗編。撮影も同じく太田喜晴。

監督
的井邦雄
出演キャスト
大村崑 芦屋小雁 芦屋雁之助 山下洵一郎

大阪野郎

  • 1961年5月9日(火)公開
  • 出演(娼婦千代 役)

椎名竜治の連続テレビ・ドラマの映画化で、「天下御免」の本山大生が脚色し「あんみつ姫の武者修業」の大曾根辰夫が監督した。撮影は「新・二等兵物語 めでたく凱旋の巻」の石本秀雄。

監督
大曾根辰夫
出演キャスト
大木実 山田百合子 藤山寛美 浪花千栄子

続々々番頭はんと丁稚どん チャンポン旅行

  • 1961年4月1日(土)公開
  • 出演(クラブの女 役)

「番頭はんと丁稚どん」の映画化第四作。原作者・花登筐が自ら脚色し、「続々番頭はんと丁稚どん」の的井邦男が監督した。撮影も同じく太田喜晴。

監督
的井邦雄
出演キャスト
大村崑 芦屋小雁 芦屋雁平 芦屋雁之助

続こつまなんきん お香の巻

  • 1961年3月19日(日)公開
  • 出演(岩留の女 役)

今東光原作の映画化「こつまなんきん」の続篇で、脚色・富田義朗、監督・酒井辰雄、撮影・倉持友一といずれも前作「こつまなんきん」の顔ぶれ。

監督
酒井辰雄
出演キャスト
瑳峨三智子 三上真一郎 曽我廼家明蝶 曽我廼家五郎八

第三捜査命令

  • 1961年3月15日(水)公開
  • 出演(お絹 役)

樫原一郎の『新刑事物語』を、「鳴門秘帖(1961)」の高岩肇が監督したアクション・ドラマ。「旗本愚連隊」の片岡清が撮影した。

監督
福田晴一
出演キャスト
田村高廣 水島道太郎 石黒達也 瞳麗子

兵六大臣行状記 漁色のこよみ

  • 1961年2月19日(日)公開
  • 出演(お君 役)

下川儀太郎の原作を、柳沢類寿と山根優一郎が共同で脚色し、新人・森美智夫が監督した喜劇。森監督は大正十二年生れ、主に福田晴一に師事した。撮影は「武士道無残」の川原崎隆夫。

監督
森美智夫
出演キャスト
伴淳三郎 毛利菊枝 森八郎 滝川美津枝
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 松井康子