映画-Movie Walker > 人物を探す > 松井康子

年代別 映画作品( 1959年 ~ 1979年 まで合計78映画作品)

1972年

エロ将軍と二十一人の愛妾

  • 1972年12月2日(土)公開
  • 出演(揚巻 役)

好色家として有名な徳川11代将軍家斉の時代、諸大名から献上された諸国の美女が大奥に集合した。千差万別の女の捲き起す色模様を描く艶笑喜劇。脚本は「恐怖女子高校 女暴力教室」の掛札昌裕、監督は脚本も執筆している同作の鈴木則文、撮影は「木枯し紋次郎 関わりござんせん」のわし尾元也がそれぞれ担当。

監督
鈴木則文
出演キャスト
池玲子 渡辺やよい 三原葉子 女屋実和子

人斬り与太 狂犬三兄弟

  • 1972年10月25日(水)公開
  • 出演(けい子 役)

“人斬り与太”シリーズ二作目。組織に反逆、暴力には暴力と、疾風の如く暴れまわる狂犬三匹の凄まじい暴力を描く。脚本は「女囚701号 さそり」の神波史男と松田寛男、監督は「現代やくざ 人斬り与太」の深作欣二、撮影は「女囚701号 さそり」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

監督
深作欣二
出演キャスト
菅原文太 田中邦衛 三谷昇 今井健二

恐怖女子高校 女暴力教室

  • 1972年9月29日(金)公開
  • 出演(平泉利根 役)

関西の女子学園を舞台に、その学園の総番長と敵対するグループ、それに一匹狼の転校生との男顔負けの争いを描く。脚本は「徳川セックス禁止令 色情大名」の掛札昌裕と「温泉スッポン芸者」の関本郁夫、監督は脚本も執筆している「女番長ゲリラ」の鈴木則文、撮影は「男の代紋」の鈴木重平がそれぞれ担当。

監督
鈴木則文
出演キャスト
杉本美樹 三浦夏子 須藤リカ 碧川ジュン

温泉スッポン芸者

  • 1972年7月3日(月)公開
  • 出演(花千代 役)

温泉艶笑喜劇シリーズ第五作目。温泉街を舞台に、奇想天外な男と女が次々と艶笑事件を捲き起す。脚本は関本郁夫監督は脚本も執筆している「徳川セックス禁止令 色情大名」の鈴木則文、撮影も同作の増田敏雄がそれぞれ担当。

監督
鈴木則文
出演キャスト
杉本美樹 城恵美 潤まり子 女屋実和子

鏡の中の野心

  • 1972年7月1日(土)公開
  • 出演(喜多川女史 役)

監督
小林悟
出演キャスト
荒木一郎 堤杏子 白石奈緒美 野村明治

ポルノギャンブル喜劇 大穴中穴へその穴

  • 1972年5月6日(土)公開
  • 出演(奈々江 役)

日本一の大興行師を目指す男が、釜ケ崎に乗り込み口八丁手八丁のギャンブル修業する姿を描く。脚本は「狼やくざ 殺しは俺がやる」の神波史男。監督は脚本も執筆している「喜劇 トルコ風呂王将戦」の渡辺裕介。撮影は「関東テキヤ一家 浅草の代紋」のの鈴木重平。

監督
渡辺裕介
出演キャスト
山城新伍 司美智子 賀川雪絵 谷村昌彦
1971年

色暦大奥秘話

  • 1971年11月20日(土)公開
  • 出演(稲葉の局 役)

監督
林功
出演キャスト
小川節子 西川洋一 松井康子 藤めぐみ

温泉みみず芸者

  • 1971年7月3日(土)公開
  • 出演(初栄 役)

西伊豆を舞台にくりひろげられる温泉芸者の艶笑喜劇。脚本は「温泉こんにゃく芸者」の掛札昌裕。監督は脚本にも参加している「すいばれ一家 男になりたい」の鈴木則文。撮影は「女渡世人」の古谷伸がそれぞれ担当。

監督
鈴木則文
出演キャスト
池玲子 松井康子 杉本美樹 葵三津子

夜の手配師 すけ千人斬り

  • 1971年6月25日(金)公開
  • 出演(原田みさほ 役)

華やかな赤坂の夜を舞台に、ネオン街に棲息するヒモとコールガールの生態を描く。脚本は「未亡人殺しの帝王」の小野竜之助。監督も同作の内藤誠。撮影は「現代やくざ 盃返します」の星島一郎がそれぞれ担当。

監督
内藤誠
出演キャスト
梅宮辰夫 川口浩 榊ひろみ 賀川雪絵

セックス喜劇 鼻血ブー

  • 1971年5月8日(土)公開
  • 出演(ぽん太 役)

うだつの上らぬ自動車セールスマンをめぐってのセックス喜劇。脚本は「不良番長 口から出まかせ」の山本英明と「すいばれ一家 男になりたい」の松本功。監督は「新宿の与太者」の高桑信。撮影は「博徒外人部隊」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

監督
高桑信
出演キャスト
左とん平 小松政夫 太宰久雄 桑原幸子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 松井康子