映画-Movie Walker > 人物を探す > 藤ひろ子

年代別 映画作品( 1974年 ~ 1985年 まで合計28映画作品)

1985年

縄肌三姉妹

  • 1985年11月16日(土)公開
  • 監督

監督
藤ひろ子
出演キャスト
橘雪子 竹村祐佳 香川翔 水戸康之
1984年

スケバン株式会社 やっちゃえ!お嬢さん

  • 1984年9月15日(土)公開
  • 出演(絹枝 役)

スケバンをビジネスにしてしまう3人のネアカ非行少女を描く。脚本は「宇能鴻一郎の濡れて打つ」の金子修介、監督は「赤いキャンパス 狂った放課後」の小原宏裕、撮影も同作の森勝がそれぞれ担当。

監督
小原宏裕
出演キャスト
関根律子 木築沙絵子 北原ちあき 安田裕治

美加マドカ 指を濡らす女

  • 1984年4月20日(金)公開
  • 出演(とみ江 役)

二人の男に愛されながら揺れ動くストリッパーの姿を描く。吉川良の同名の原作をもとに、脚本は「セーラー服・百合族2」の斎藤博と「もどり川」の神代辰巳の共同執筆、監督も神代辰巳、撮影は「発禁 秘画のおんな」の野田悌男がそれぞれ担当。

監督
神代辰巳
出演キャスト
美加マドカ 内藤剛志 志水季里子 麻生うさぎ
1983年

お嬢さんの股ぐら

  • 1983年9月16日(金)公開
  • 出演(PTA風の女 役)

パトロンと別れたばかりの女と、偶然に乗り込んだタクシーの運転手の関係を描く。脚本は「ピンクのカーテン3」の高田純、監督は「温泉芸者 湯舟で一発」の藤浦敦、撮影は「あんねの日記(1983)」の森勝がそれぞれ担当。

監督
藤浦敦
出演キャスト
朝吹ケイト 金田明夫 小金井宣夫 石山雄大

紅夜夢

  • 1983年8月26日(金)公開
  • 出演(牢名主 役)

愛する男のために体を売り、金貸しの男を殺して首斬りの刑にあった実在の人物、高橋お伝の波爛に富んだ人生を描く。脚本は山之内二郎、監督は「色ざんげ(1983)」の西村昭五郎、撮影は「あんねの日記(1983)」の森勝がそれぞれ担当。

監督
西村昭五郎
出演キャスト
親王塚貴子 小林稔侍 山本伸吾 名和宏

四畳半色の濡衣

  • 1983年3月12日(土)公開
  • 出演(政江 役)

さまざまな娼婦たちのエピソードをちりばめながら、一人の娼婦と青年医師の恋を描く。野坂昭如の同名小説の映画化で脚本は阿部桂一と片岡修二の共同執筆、監督は「おんな6丁目 蜜の味」の向井寛、撮影も同作の鈴木史郎が各々担当。

監督
向井寛
出演キャスト
美保純 村嶋修 ひし美ゆり子 谷川みゆき
1982年

くいこみ海女 乱れ貝

  • 1982年7月9日(金)公開
  • 出演(若瀬千恵 役)

とある漁村を舞台に、網元の若旦郡と若い海女の関係を描く。脚本は富田康明と「快楽温泉郷 女体風呂」の藤浦敦の共同執筆、監督も藤浦敦、撮影は、「悪魔の部屋」の水野尾信正がそれぞれ担当。

監督
藤浦敦
出演キャスト
渡辺良子 藤ひろ子 水月円 松原玲子

桃尻同級生 まちぶせ

  • 1982年1月22日(金)公開
  • 出演(あかね 役)

大阪を舞台に、三人娘の奔放な生き方を描く。脚本は「ガキ帝国 悪たれ戦争」の西岡琢也、監督は「女体育教師 跳んで開いて」の小原宏裕、撮影は「肉体保険 ベッドでサイン」の杉本一海がそれぞれ担当。

監督
小原宏裕
出演キャスト
寺島まゆみ 太田あや子 高原リカ 森村陽子
1981年

色情海女 ふんどし祭り

  • 1981年6月26日(金)公開
  • 出演(玉枝 役)

過疎化する房総の漁村を舞台に、大漁の知らせで都会から村に戻った海女たちの姿を描く。脚本は伴一彦と「セックスドック 淫らな治療」を監督した藤浦敦の共同執筆、監督も同作の藤浦敦、撮影は「東京カリギュラ夫人」の水野尾信正がそれぞれ担当。

監督
藤浦敦
出演キャスト
安西エリ 江崎和代 川村真樹 藤ひろ子

女教師 汚れた放課後

  • 1981年1月23日(金)公開
  • 出演(野本サチ 役)

学生時代、教育実習に行った先で、労務者風の男に強姦された女教師と、自分の教え子となったその男の娘の姿を描く。脚本は「ツィゴイネルワイゼン」の田中陽造、監督は「朝はダメよ!」の根岸吉太郎、撮影は「百恵の唇 愛獣」の米田実がそれぞれ担当。

監督
根岸吉太郎
出演キャスト
風祭ゆき 太田あや子 三谷昇 藤ひろ子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 藤ひろ子