TOP > 人物を探す > ジャン・マーリン

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1964年 まで合計7映画作品)

1964年

連邦保安官

  • 1964年6月30日(火)
  • 出演(Nieson 役)

「地獄部隊を撃て」のエドワード・バーンズのシナリオを「全員射殺」のフランク・マクドナルドが演出した西部劇。撮影は「連邦警察」のジョセフ・バイロック、音楽を「USタイガー攻撃隊」のマーリン・スカイルズが担当した。製作は「ギャング紳士録」のベン・シュワルブ。出演は「許されざる者(1960)」のオーディ・マーフィ、「バラの刺青」のベン・クーパー、「悪魔をやっつけろ」のコリーン・ミラー、「突撃ヤンキー部隊」のジャン・マーリンなど。

監督
フランク・マクドナルド
出演キャスト
オーディ・マーフィ ベン・クーパー コリーン・ミラー デフォレスト・ケリー

マードックの拳銃

  • 1964年10月15日(木)
  • 出演(Rance_Macklin 役)

ロバート・ルイス・テーラーの原作を「ターザン三つの挑戦」バーン・ギラーが脚色、「暗黒街の野獣」のボリス・シーガルが演出した西部劇。撮影は「古城の亡霊」のジョン・ニコラウス、音楽は「底抜け棚ボタ成金」のウォルター・シャーフ、「独立騎兵隊」のハリー・サックマン、「不思議な世界の物語」のリー・ハーラインたちが担当した。出演は「テキサスの四人」のチャールズ・ブロンソン、「ハートでキッス」のスーザン・オリバー、「ヤング・ヤング・パレード」のカート・ラッセル少年、ほかにジャン・マーリン、レイフォード・バーンズなど。製作はボリス・イングスター。

監督
ボリス・シーガル
出演キャスト
チャールズ・ブロンソン スーザン・オリバー カート・ラッセル ジャン・マーリン
1958年

嵐を呼ぶ銃弾

  • 1958年5月23日(金)
  • 出演(Frank 役)

「殺し屋ネルソン」のダニエル・メインウォーリングの脚本を「春来りなば(1956)」のR・G・スプリングスティーンが監督した西部劇。撮影監督は「肉弾鬼中隊(1957)」のハリー・ニューマン、音楽はマーリン・スカイルズ。主演は「死刑か裏切か」のフランク・ラヴジョイ、「哀愁物語」のジェームズ・ベスト、それに新星アビー・ダルトン。助演はジャン・マーリン、ジョージ・キーマス等。製作はベン・シュオルブ。

監督
R・G・スプリングスティーン
出演キャスト
フランク・ラヴジョイ ジェームズ・ベスト アビー・ダルトン ジャン・マーリン
1957年

肉弾鬼中隊(1957)

  • 1957年9月3日(火)
  • 出演(Lt._Pauling 役)

第2次大戦、ノルマンディー上陸作戦に参加したアメリカ空挺部隊の戦闘を描いた一篇。ヴァージニア・ケロッグの原作をデイヴィッド・ラングとロバート・プレスネル・ジュニアの2人が脚色、チャールズ、ハースが監督した。撮影はハリー・ニューマン、音楽はハリー・サックマンが担当した。主演はエール大学出身で映画出演2回目の新人トム・トライオン、「ミスタア・ロバーツ」のジャン・マーリンのほかアルヴィ・ムーア、マーク・デーモン。紅一点として1954年度ミス・ユニヴァース、フランス代表のジャクリーヌ・ベールなど。

監督
チャールズ・ハース
出演キャスト
トム・トライオン ジャン・マーリン アルヴィ・ムーア マーティン・ミルナー
1956年

決闘者

  • 1956年6月12日(火)
  • 出演(Billy_Brand 役)

編集者出身の新人ハーモン・ジョーンズが監督し、製作はロバート・アーサー、ジェームズ・エドミストンがストーリーを書き、「グレン・ミラー物語」のオスカー・ブロドニーが共同脚色している。撮影はエリス・W・カーター、主演は「西部の二国旗」のデール・ロバートソン、「タランチュラの襲撃」のマーラ・コーディ。

監督
ハーモン・ジョーンズ
出演キャスト
デイル・ロバートソン マラ・コーディ ジャック・マホニー カール・ベントン・リード
1961年

法に叛く男

  • 1961年4月8日(土)
  • 出演(Andy_Garth 役)

ルイス・アレン監督のギャング映画。フランク・J・コリンズの原作をジェームズ・R・ウェッブとW・R・バーネットが脚色。撮影はペヴァレル・マーレー。音楽担当はマックス・スタイナー。出演するのはエドワード・G・ロビンソン、「札束とお嬢さん」のニナ・フォックなど。製作フランク・P・ローゼンバーグ。

監督
ルイス・アレン
出演キャスト
エドワード・G・ロビンソン ニナ・フォック ヒュー・マーロウ ジェーン・マンスフィールド
1955年

六つの橋を渡る男

  • 1955年1月15日(土)
  • 出演(Andy_Norris 役)

「遠い国」のアーロン・ローゼンバーグが1954年に製作したギャング映画。「第二の機会」のシドニー・ボームの脚本より「砂漠部隊」のジョセフ・ペヴニーが監督した。撮影は「遠い国」のウィリアム・ダニエルスである。出演者は「フォルウォスの黒楯」のトニー・カーティス、「アマゾンの半魚人」のジュリア・アダムス、ジョージ・ネイダー、ジェイ・C・フリッペン、サル・ミネオなどである。

監督
ジョセフ・ペヴニー
出演キャスト
トニー・カーティス ジュリア・アダムス ジョージ・ネイダー ジェイ・C・フリッペン

ジャン・マーリンの関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジャン・マーリン