映画-Movie Walker > 人物を探す > 浦岡敬一

年代別 映画作品( 1959年 ~ 2009年 まで合計125映画作品)

2009年

へんりっく 寺山修司の弟

  • 2009年10月10日(土)公開
  • 出演

舞台、映画、文筆などマルチな才能を発揮し、世界的評価を得た寺山修司。彼が主宰した劇団天井桟敷に参加し、寺山の死後、寺山籍に入って“寺山修司の弟”となった森崎偏陸(もりさきへんりっく)の姿に迫るドキュメンタリー。「樹の上の草魚」の石川淳志監督が7年間に渡ってその姿を追い、寺山ワールドの後継者の内面を捉えた。

監督
石川淳志
出演キャスト
森崎偏陸 荒木経惟 宇野亜喜良 浦岡敬一
2005年

石井のおとうさんありがとう

  • 2005年3月19日(土)公開
  • 編集

明治時代、岡山県に日本で最初となる孤児院を作った石井十次の波瀾に満ちた生涯を描く人間ドラマ。自らの人生を懸けて貧困にあえぐ子供たちを救うために尽力し、“孤児の父”と呼ばれた男の軌跡をつづる。

監督
山田火砂子
出演キャスト
松平健 永作博美 辰巳琢郎 竹下景子
2004年

お友達になりたい

  • 2004年7月17日(土)公開
  • 編集

ピンク映画界期待の若手監督として注目を浴びる荒木太郎の初の一般作は、オール福岡ロケで撮りあげたエロチックな群像劇。未亡人と、夫の元愛人との奇妙な関係を赤裸々に描きだす。

監督
荒木太郎
出演キャスト
佐々木麻由子 藤川美和 大野金繁
1995年

眠れる美女(1995)

  • 1995年10月14日(土)公開
  • 編集

文豪・川端康成の小説『眠れる美女』と『山の音』とをひとつに融合させ、現代的な解釈で捕らえた文芸ドラマ。監督は「恋はいつもアマンドピンク」の横山博人。脚本は大島渚や実相寺昭雄の作品等を手掛け、観念的な世界を描くのを得意とする石堂淑朗。主演は「シンガポールスリング」の原田芳雄と「夢魔」の大西結花。

監督
横山博人
出演キャスト
原田芳雄 大西結花 吉行和子 福田善之
1993年

きこぱたとん

  • 1993年10月30日(土)公開
  • 編集

沖縄のある島を舞台に、両親の離婚話に傷ついて都会からやって来た少女が、家族のためにテサージ(手拭い)織りに取り組む姿を描いたドラマ。「ザ・ビッグデー/世界に輝け平和の鐘」(85)などの記録映画監督・村上靖子が自ら暖めてきた企画による、初の劇場用長編映画。脚本はテレビ作品「もう一人のクラーク先生」などの渡辺臣蔵。撮影は「戦争と青春」などの岡崎宏三が担当。

監督
村上靖子
出演キャスト
守屋利恵 大森嘉之 平良トミ 高橋ひろ子

結婚(1993)

  • 1993年4月24日(土)公開
  • 編集

同じ「結婚」というタイトルで、三つの結婚をめぐる物語を三人の監督が手掛けるドラマ。有名女優との結婚を企む売れない役者と高校時代の後輩との結婚騒動をスラップスティック調で描く〔陣内・原田両家篇〕は「夢二」の鈴木清順、北海道の寒村で、一つの約束を待つ女と彼女を慕う男との愛を描く〔佐藤・名取両家篇〕は「四万十川」の恩地日出夫、青年実業家とフツーのOLとの恋の駆け引きを描く〔中井・鷲尾両家篇〕は「アイドルを探せ」の長尾啓司が監督した。セシール第一回製作作品。

監督
鈴木清順 恩地日出夫 長尾啓司
出演キャスト
陣内孝則 原田知世 原田貴和子 峰岸徹
1992年

アンモナイトのささやきを聞いた

  • 1992年7月25日(土)公開
  • 編集

宮沢賢治と妹トシの関係をモチーフとした幻想の物語。8ミリ、16ミリの短編映画で独自の世界を築いてきた山田勇男の脚本・監督による初35ミリ作品で、撮影は麻生知宏、音楽は「ザ・ガーデン」のサイモン・ターナーが担当。

監督
山田勇男
出演キャスト
サエキけんぞう 石丸ひろ子 藤田哲也 押部麗奈
1991年

風の国(1991)

  • 1991年9月14日(土)公開
  • 編集

大自然にロマンを抱く七人の若者達が、そこを破壊しようと企む地上げ屋を相手に戦いを挑んでいく姿を描く。脚本・監督は本作が第一回作品となる戸井十月。撮影は「就職戦線異状なし」の高間賢治がそれぞれ担当。

監督
戸井十月
出演キャスト
三浦友和 梅宮辰夫 植木等 堺正章
1990年

曖・昧・Me

  • 1990年4月28日(土)公開
  • 編集

漠然と将来に対する不安を抱く、17歳の少女の姿を描く。脚本は「マイフェニックス」の伊藤尚子が執筆、監督は「バナナシュート裁判」の佐藤闘介、撮影は「十九歳の地図」の榊原勝己がそれぞれ担当。

監督
佐藤闘介
出演キャスト
裕木奈江 早川亮 森川美沙緒 森尾由美

Mr.レディー 夜明けのシンデレラ

  • 1990年1月20日(土)公開
  • 編集

大都会に生活するホモセクシャルな世界の人々の生き様をコメディタツチで描く。脚本・監督は「哀しい気分でジョーク」の瀬川昌治、共同脚本は下飯坂菊馬と林誠人が執筆、撮影は林兆がそれぞれ担当。

監督
瀬川昌治
出演キャスト
片岡鶴太郎 小野寺昭 矢木沢まり 森尾由美
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 浦岡敬一