映画-Movie Walker > 人物を探す > 若松孝二

年代別 映画作品( 1963年 ~ 2016年 まで合計50映画作品)

2016年

マンガをはみだした男 赤塚不二夫

  • 2016年4月30日(土)公開
  • 出演

『おそ松くん』『天才バカボン』など多くの傑作を生み出した国民的マンガ家、赤塚不二夫の生誕80周年を記念し製作されたドキュメンタリー。アニメを軸に、関係者インタビュー、秘蔵写真、プライベート映像など膨大な素材で彼の人生を再構築する。監督は、「ローリング」の冨永昌敬。

監督
冨永昌敬
出演キャスト
赤塚不二夫 アイヌ詞曲舞踊団モシリ 青木こずえ 赤塚りえ子
2013年

千年の愉楽

  • 2013年3月9日(土)公開
  • 監督、プロデューサー、企画

映像化が困難だと言われていた中上健次の代表作でもある短編集を映像化した、若松孝二監督の遺作。紀州の地を舞台に、産婆として人々の命の始まりを見届けてきたオリュウノオバと、彼女に取り上げられてきた人々の物語がつづられる。高良健吾、染谷将太ら、日本映画界を代表する若手俳優たちが多数顔を揃えた。

監督
若松孝二
出演キャスト
寺島しのぶ 佐野史郎 高良健吾 高岡蒼佑
2012年

11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち

  • 2012年6月2日(土)公開
  • 監督、脚本

1970年11月25日に防衛庁内で自決した作家・三島由紀夫の、その日に至るまでの視線の先を、「キャタピラー」「海燕ホテル・ブルー」など精力的に作品を発表する若松孝二監督が丹念に描く。主演は「空気人形」の井浦新。若松監督とは「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」「キャタピラー」「海燕ホテル・ブルー」そして本作に続き、「千年の愉楽」で5度目のタッグが控えている。ほか、「キャタピラー」で2010年ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した寺島しのぶ、ドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011』の満島真之介らが出演。

監督
若松孝二
出演キャスト
井浦新 満島真之介 岩間天嗣 永岡佑

海燕ホテル・ブルー

  • 2012年3月24日(土)公開
  • 監督、脚本、企画

船戸与一氏の同名小説を「キャタピラー」の若松孝二監督が映画化。人間の情念の狂気、男たちの共同幻想が、一人の女によって崩れていく様を描く。出演は「劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ」の片山瞳、「キャタピラー」の地曵豪、大西信満、「行きずりの街」の井浦新(ARATA)。音楽を「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」のジム・オルークが担当する。

監督
若松孝二
出演キャスト
片山瞳 地曵豪 井浦新 大西信満
2011年

アジアの純真

  • 2011年10月15日(土)公開
  • 出演

姉を殺された在日朝鮮人少女と、その現場で見て見ぬ振りをしてしまった日本人の少年が自転車に乗って旅をしながら、やがて“テロリスト”と呼ばれるようになる様を描くロードムービー。監督は「小森生活向上クラブ」の片嶋一貴。出演は「マイ・バック・ページ」の韓英恵、「ユリ子のアロマ」の笠井しげ。

監督
片嶋一貴
出演キャスト
韓英恵 笠井しげ 黒田耕平 丸尾丸一郎
2010年

キャタピラー CATERPILLAR

  • 2010年8月14日(土)公開
  • 監督

2010年2月に行なわれたベルリン映画祭で寺島しのぶが最優秀女優賞を受賞した、若松孝二監督による人間ドラマ。田舎の村で暮らす1組の夫婦の姿を通し、戦争の愚かさを描く。

監督
若松孝二
出演キャスト
寺島しのぶ 大西信満 吉澤健 粕谷佳五
2008年

実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)

  • 2008年3月15日(土)公開
  • 監督、製作、脚本、構成、企画、編集

日本中を騒然とさせた、あさま山荘の立てこもり事件。革命戦士を志した若者たちが事件を引き起こすまでの過程を、鬼才・若松孝二監督が鮮烈に描き出す。

監督
若松孝二
出演キャスト
坂井真紀 ARATA 並木愛枝 地曵豪
2007年

幽閉者(テロリスト)

  • 2007年2月3日(土)公開
  • 出演

アングラ映画の鬼才・足立正生が、35年ぶりの新作として放つドラマ。赤軍派兵士・岡本公三をモデルに、監獄に幽閉されたテロリストの孤独な闘いを力強く描く。

監督
足立正生
出演キャスト
田口トモロヲ PANTA 大久保鷹 梶原譲二
2006年

映画監督って何だ!

  • 2006年11月4日(土)公開
  • 出演

“映画の著作権は監督が持つ”と訴える前代未聞の監督劇。日本映画監督協会の創立70周年を記念し、大島渚をはじめ、日本映画監督協会員の名匠150余名が迷演&怪演を見せる。

監督
伊藤俊也
出演キャスト
小泉今日子 佐野史郎 石川真希 原田芳雄

青春☆金属バット

  • 2006年8月26日(土)公開
  • 出演(ベイブ・ルースの息子(自称) 役)

カルト的人気を誇る、古泉智浩の漫画が原作の青春ドラマ。ひょんなことから、“バット強盗”になった青年が巻き起こす騒動の行方を、オフビートに活写する。

監督
熊切和嘉
出演キャスト
竹原ピストル 安藤政信 坂井真紀 上地雄輔

関連ニュース

若松孝二監督の追悼上映に井浦新たちが登壇、「若松監督は怒りを力にして映画を作った」
若松孝二監督の追悼上映に井浦新たちが登壇、「若松監督は怒りを力にして映画を作った」(2012年10月26日)

10月17日に不慮の事故で亡くなった若松孝二監督の追悼上映が、10月26日に第25回東京国際映画祭で開催。上映作品は第20回東京国際映画祭で日本映画・ある視点部…

【追悼】反骨の才人・若松孝二監督「映画はずっと生き続けることができる」
【追悼】反骨の才人・若松孝二監督「映画はずっと生き続けることができる」(2012年10月23日)

名古屋にはオーナーが映画監督という映画館がある。名前はシネマスコーレ。ラテン語で「映画の学校」。命名したのは創設者でもある若松孝二監督。70半ばを過ぎても精力的…

第65回カンヌ国際映画祭、加瀬亮主演作や三池崇史監督『愛と誠』が上映されニッポンナイトに!
第65回カンヌ国際映画祭、加瀬亮主演作や三池崇史監督『愛と誠』が上映されニッポンナイトに!(2012年5月23日)

現地時間5月21日の第65回カンヌ国際映画祭はさながらニッポンナイトに。アッバス・キアロスタミ監督が日本を舞台に撮り上げた『LIKE SOMEONE IN LO…

日本一過激な75歳!? 巨匠・若松孝二監督が三島由紀夫の割腹自決を鋭く描く
日本一過激な75歳!? 巨匠・若松孝二監督が三島由紀夫の割腹自決を鋭く描く(2011年11月20日)

寺島しのぶが第60回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した『キャタピラー』(10)など、近年の作品が世界的に高く評価されている鬼才・若松孝二監督。自作『実録…

“ピンク映画の黒澤明”の異名も!『キャタピラー』若松孝二監督の破天荒すぎる人生
“ピンク映画の黒澤明”の異名も!『キャタピラー』若松孝二監督の破天荒すぎる人生(2010年2月25日)

世界三大映画祭のひとつで毎年2月に開催されるベルリン国際映画祭のコンペ部門に、若松孝二監督の新作『キャタピラー』(8月15日公開)が選ばれた。『実録・連合赤軍 …

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 若松孝二