映画-Movie Walker > 人物を探す > アーニー・S・アダムス

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1949年 まで合計12映画作品)

1949年

打撃王

  • 1949年3月8日(火)公開
  • 出演(Miller_Huggins 役)

連続2130回の試合に出場して「鉄人」といわれた野球選手ルー・ゲーリッグの1代記映画で「オペラ・ハット」「モロッコ」のゲイリー・クーバーが主演するサミュエル・ゴールドウイン1942年作品。ストーリーは作家のボール・ガリコが書きおろし「西部を駆ける恋」のジョー・スワーリングと「クリスマスの休暇」のハーマン・J・マンキーウィッツが協力脚色し「恋愛手帖」「嵐の青春」のサム・ウッドが監督し「南部の人」「孔雀夫人(1936)」のルドルフ・マテが撮影した。主役クーパーの相手は、「我等の生涯の最良の年」のテレサ・ライトで先ごろ故人となったベーブ・ルースを始め、ビル・ディッキー、ロバート・ミューゼル、マーク・ケーニッヒ、ビル・スターン等ヤンキース・チームの名手が自ら出演する。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ゲイリー・クーパー テレサ・ライト ベーブ・ルース ウォルター・ブレナン
1935年

ニュースカメラマン戦線

  • 1935年当年公開
  • 出演(Steve 役)

「ベンガルの槍騎兵」のリチャード・クロムウェル、「暁闇の電光」のビリー・シューワード、「男の敵」のウォーレス・フォード及び「当たり屋勘太」のジャック・ラルーが主演する映画で、アンソニー・コールドウェイが原作脚色し、ランバート・ヒルヤーが監督に当たり、ベン・クライトンが撮影した。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
リチャード・クロムウェル ビリー・シューワード ウォーレス・フォード ジャック・ラルー
1931年

大自然の王者

  • 1931年当年公開
  • 出演(Jordan 役)

マックス・ブランド原作の小説を映画化したもので脚色及び台詞は「曠原の血煙」のアーネスト・パスカルが受け持ち監督には「ヨーロッパ突進」「曠原の血煙」のアルフレッド・L・ワーカーがあたり、撮影は「当たって砕けろ(1929)」のロス・フィッシャーが担任した。配役は「曠野に叫ぶ(1930)」「曠原の血煙」のジョージ・オブライエンが主役で、ルイス・ハンティントン、ミッチェル・ハリス、ジョージ・ブレント、ナット・ペンドルトンその他が助演している。

監督
アルフレッド・L・ワーカー
出演キャスト
ジョージ・オブライエン ルイス・ハンティントン ミッチェル・ハリス ジョージ・ブレント
1930年

嵐(1930)

  • 1930年当年公開
  • 出演(Johnny 役)

「砂漠の生霊」「恋のからくり」と同じくウィリアム・ワイラーの監督作品で、出演は「激流恋をのせて」「心の歌」のルーペ・ヴェレスをはじめ「スポイラース(1930)」のウィリアム・ボイド、ポール・カヴァナー、アルフォンズ・エティエ、アーニー・S・アダムスなどの舞台出の面々。ラングドン・マコーミックの原作から「假の塒」「ドレーク事件」のチャールズ・ローグが脚色し、ウェルズ・ルートが台詞をつけ、セシル・B・デミル監督組だったアルヴィン・ワイコフが撮影に当たったものである。

監督
ウィリアム・ワイラー
出演キャスト
ルーペ・ヴェレス ポール・カヴァナー ウィリアム・ボイド アルフォンズ・エティエ

唇の罪

  • 1930年当年公開
  • 出演(Eddie_Withers 役)

「命を賭ける男(1930)」と同じスタッフによって作られたウィリアム・パウエル氏主演映画である。チャールズ・ファースマン氏作の物語を素材として「命を賭ける男(1930)」「テキサス無宿」のオリヴァー・H・P・ギャレット氏が脚色並びに台詞を担当し、ジョン・クロムウェル氏が監督したもの。キャメラは「法の影」「命を賭ける男(1930)」のチャールズ・ラング氏がクランクしている。助演者は「命を賭ける男(1930)」「ココナッツ」のケイ・フランシス嬢、「愛の復活」のスコット・コルク氏、「ブロードウェイ(1929)」のトーマス・ジャクソン氏、「男の正体」のウィリアム・B・デイヴィッドソン氏等である。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ウィリアム・パウエル ケイ・フランシス スコット・コルク ウィリアム・B・デイヴィッドソン
1929年

西部鉄拳隊

  • 1929年当年公開
  • 出演(Jack_Bowie 役)

「騎士道華やかなりし頃」「風雲の天地」と同じくケン・メイナードが主演し、ハリー・J・ブラウンが監督した映画である。原作及び脚色はベネット・コーエン、カメラはテッド・マッコードの担任で、助演者はドロシー・ドワン、ハリー・トッド、フランク・ライス、アーニー・S・アダムス等。

監督
ハリー・ジョー・ブラウン
出演キャスト
ケン・メイナード ドロシー・ドゥワン ハリー・トッド フランク・ライス
1928年

男性の敵

  • 1928年当年公開
  • 出演(Pedro 役)

「闇を行く」「巴里のアパッシュ」のマーガレット・リヴィングストン嬢と「熱沙果つるところ」「ラモナ(1927)」のワーナー・バクスター氏が主演する映画で、イゾラ・フォレスター女史原作の物語をエルマー・ハリス氏が改作「激浪の響」「最後の戦線」のウィル・M・リッチー氏が台本を執筆し、「赤い谷から来た男」「突撃男児」のエドモンド・モーティマー氏が監督したもの。助演者は「私のパパさん」「ノアの箱船」のアーマンド・カリス氏、ジョン・セント・ポリス氏、マチルド・コモン嬢等でキャメラは「アリバイ」「久遠の焔」のレイ・ジューン氏が担当した。

監督
エドモンド・モーティマー
出演キャスト
マーガレット・リヴィングストン ワーナー・バクスター アーマンド・カリス マチルド・コモン

通り魔

  • 1928年当年公開
  • 出演(Benny 役)

「市俄古」と同じくフィリス・ヘイヴァー嬢とヴィクター・ヴァルゴニ氏が共演する映画で「キング・オブ・キングス(1927)」「ショウ・ボート(1929)」のジョセフ・シルドクラウト氏が助演している。ジョン・マッゴワン氏とロイド・グリスコム氏の合作舞台劇を「陸軍士官学校」「巴里酔語」のダクラス・Z・ドーティー氏が脚色し、「医者の秘密」「グラムピー」のウィリアム・C・デミル氏が監督し、「突撃」「他言は無用」のデヴィット・アベル氏が撮影したもの。尚は「市俄古」「医者の秘密の」ロバート・エディソン氏、「非常警戒」「躍る青春」のルイ・ナトー氏が重要な役を演ずる。

監督
ウィリアム・C・デミル
出演キャスト
フィリス・ヘイヴァー ヴィクター・ヴァルコニ ジョゼフ・シルドクラウト ルイ・ナトー

娘十八夜遊び時代

  • 1928年当年公開
  • 出演(Blackie 役)

「娘十八映画時代」「同コーラス時代」と同じくビービー・ダニエルス嬢主演喜劇で相手役もニール・ハミルトン氏が勤めている。原作はロイド・コリガン氏とグローヴァー・ジョーンズ氏が執筆し、脚色はルイズ・ロング女史が担任し、「凸凹サーカスの巻」「姿は偽らず」をものしたエドワード・サザーランド氏が監督した。なお「娘十八冒険時代」「同泳げや泳げ」に助演したウィリアム・オースティン氏を始めウィーラー・オークマン氏、チャールズ・セロン氏等が助演している。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
ビービー・ダニエルス ニール・ハミルトン ウィリアム・オースティン ウィーラー・オークマン
1927年

ネバダ男

  • 1927年当年公開
  • 出演(Cash 役)

「アリゾナの天地」「熱砂を踏んで」に次いで製作されたゲイリー・クーパー氏主演西部劇で、ゼーン・グレイ氏原作の物語をジョン・ストーン氏とL・G・リグビー氏とが脚色し右記2映画と同じくジョン・ウォーターズ氏が監督したものである。助演者は「抜き足さし足」「青春の喜び」出演のセルマ・トッド嬢、「決闘商売」「男装女剣客」等出演のウィリアム・パウエル氏、「不良老年」「人間力」等出演のフィリップ・ストレンジ氏及びイヴァン・クリスティ氏、ガイ・オリヴァー氏。

監督
ジョン・ウォーターズ
出演キャスト
ゲイリー・クーパー セルマ・トッド フィリップ・ストレンジ アーニー・S・アダムス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アーニー・S・アダムス