映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ボイド

年代別 映画作品( 公開時期不明 ~ 2001年 まで合計51映画作品)

2001年

ザ・トレンチ 塹壕

  • 2001年8月4日(土)公開
  • 監督、脚本

激戦地を舞台に、新兵たちの姿を見つめる戦争ドラマ。2時間で6万人の命が消えた“ソンムの戦い”の悲劇を、塹壕という閉塞空間を描くことで浮き彫りにする異色作だ。

監督
ウィリアム・ボイド
出演キャスト
ポール・ニコルス ダニエル・クレイグ ジュリアン・リンド=タット ダニー・ダイア
1995年

グッドマン・イン・アフリカ

  • 1995年2月18日(土)公開
  • 原作、脚本、制作補

西アフリカの大地を舞台に、若きイギリス人外交官と人格者たる白人医師の交流を、洗練されたユーモア感覚と人間を見つめる暖かな眼差しで描いたヒューマン・ドラマ。現代英国文学の人気作家ウィリアム・ボイドの同名処女長編(邦訳・ハヤカワ文庫刊)を、彼自身の脚色で映画化。監督には彼と旧知の仲で、西アフリカを舞台にした「英雄モラント」やアカデミー作品賞を受賞の「ドライビング・MISS・デイジー」のブルース・ベレスフォードが当たり、数年越しの念願の企画を実現させた。製作は「愛を殺さないで」「シリアル・ママ」のジョン・フィードラーとマーク・ターロフ。撮影は「愛と追憶の日々」のアンジェイ・バートコウィアック、音楽は「ワンダとダイヤと優しい奴ら」のジョン・デュプレ、美術は「ピクニックatハンギング・ロック」のハーバート・ピンター、編集は「キリング・フィールド」のジム・クラークが担当。主演はオーストラリア出身で「ダークマン」「ディンゴ」のコリン・フリールズと、「ライジング・サン」のショーン・コネリー。共演は「トイ・ソルジャー」のルイス・ゴセット・ジュニア 、「ペリカン文書」のジョン・リスゴー、テレビドラマ『スカーレット』のジョアン・ウォーリー・キルマーら。

監督
ブルース・ベレスフォード
出演キャスト
コリン・フリールズ ショーン・コネリー ジョン・リスゴー ダイアナ・リグ
1993年

チャーリー(1992)

  • 1993年4月24日(土)公開
  • 脚本

サイレント映画の時代から赤狩りでハリウッドを追われるまで世界の喜劇王として活躍したチャールズ・チャップリンの半生を描く伝記ドラマ。監督・製作は「遠い夜明け」のリチャード・アッテンボローで、彼の「ガンジー」を10回以上観たというチャップリンの未亡人ウーナの許諾を得て実現した企画である。共同製作は「氷の微笑」のマリオ・カサール。アッテンボローの製作会社に所属するダイアナ・ホーキンスの原案で、チャップリン自身の手による「チャップリン自伝」(新潮社・刊)と、この作品の歴史顧問も務めるデイヴィッド・ロビンソンの、徹底した調査に基づいて全生涯を再現したドキュメント「チャールズ・チャップリン」(文藝春秋・刊)を原作に、小説家でもあるウィリアム・ボイドと、ブランアン・フォーブス、「ミザリー」のウィリアム・ゴールドマンが共同で脚本を執筆した。撮影は「存在の耐えられない軽さ」のスヴェン・ニクヴィスト、音楽は「ダンス・ウィズ・ウルブズ」のジョン・バリーが担当。主演は「エア・アメリカ」のロバート・ダウニー・ジュニア。チャップリンの娘で、「モダーンズ」のジェラルディン・チャップリンが自身の祖母にあたるハンナを演じている。他に「スニーカーズ」のダン・エイクロイド、「冬の恋人たち」のモイラー・ケリー、「ワンダとダイヤと優しい奴ら」のケヴィン・クライン、「ストリート・オブ・ファイヤー」のダイアン・レインらが共演している。

監督
リチャード・アッテンボロー
出演キャスト
ロバート・ダウニーJr. ジェラルディン・チャップリン ダン・エイクロイド モイラ・ケリー
1991年

ラジオタウンで恋をして

  • 1991年11月2日(土)公開
  • 脚本

1950年代のラジオ局を舞台に、脚本家とニュースライタートその叔母が繰り広げるヒューマン・コメディ。マリオ・ヴァルガス・リョサの原作の映画化で、脚本はウィリアム・ボイドが執筆。製作はジョン・フィードラー、マーク・ターロフ、監督はジョン・アミエル、撮影はロバート・スティーヴンス、音楽はウィントン・マルサリス、編集はピ--・ボイル、美術はジム・クライが担当。出演はキアヌ・リーヴス、バーバラ・ハーシー、ピーター・フォーク、エリザベス・マクガヴァン、ピーター・ギャラガー、ダン・ヘダヤなど。

監督
ジョン・アミエル
出演キャスト
キアヌ・リーヴス バーバラ・ハーシー ピーター・フォーク エリザベス・マクガヴァン
1951年

曠野の逆襲

  • 1951年11月30日(金)公開
  • 出演(Hopalong_Cassidy 役)

「西部の嵐」と同じくハリー・シャーマンの製作したホパロング・キャシディ・シリーズの1。クラレンス・E・マルフォードの創作人物からノートン・S・パーカーが脚色、「銃弾」のレスリー・セランダーが監督した。撮影はラッセル・ハーラン、音楽はヴィクター・ヤングの担当。主演はウィリアム・ボイド「西部の嵐」、相手役にラッセル・ヘイドン、アンディ・クライド。以下モリス・アンクラム、ソートン・エドワーズらが共演する。

監督
レスリー・セランダー
出演キャスト
ウィリアム・ボイド ラッセル・ヘイドン アンディ・クライド モーリス・アンクラム
1937年

荒原児(1937)

  • 1937年当年公開
  • 出演(Hopalong_Cassidy 役)

「山寒の荒鷲」「広野の叫び声」と同じくウィリアム・ボイド主演のホパロング・キャシディ物で、チャールズ・マルフォードの原作をモーリス・ジェラティが脚色し、ネイト・ワットが監督し、アーチー・スタウトが撮影した。相手役は例によってジョージ・ギャビー・ヘイスで、その他スティーブン・モリス、ラッセル・ヘイドン、ゲイル・シェリダン、クララ・キンボール・ヤング等が助演する。

監督
ネイト・ワット
出演キャスト
ウィリアム・ボイド ジョージ・ギャビー・ヘイス スティーブン・モリス ラッセル・ヘイドン
1935年

化石人間

  • 1935年当年公開
  • 出演(Muiligan 役)

「勝利の朝」「キャバレエの鍵穴」のローウェル・シャーマンが物故する前に監督製作して遺作で、同じく最近故人となった米国ユーモア作家ソーン・スミス作の小説を映画化したもの。脚色にはバリー・トリヴァースが当たり撮影はジョン・メスコールが担任した。出演者は「ローマ太平記」「深夜の紳士」のアラン・モーブレイ、「第三の恋」「シナラ」のフロリン・マッキニー、「時計は踊る」「世界大洪水」のペギー・シャノンを始め、レイ・コリガン、ジョージ・ハッセル、アイリーン・ウェーア、フェルディナンド・ゴットシャルク、等である。

監督
ローウェル・シャーマン
出演キャスト
アラン・モウブレイ フロリン・マッキニー ペギー・シャノン リチャード・カール

西部の旋風

  • 1935年当年公開
  • 出演(Hopalong_Cassidy 役)

「疾風無敵男」と同じくクラレンス・E・マルフィールドのカシディー物の映画化で、同じくウィリアム・ボイド、ジミー・エリソン主演、ハワード・ブレザートン監督、アーチー・スタウト撮影、ドリル・シュローダー脚色(ジェラルド・ジェラティと協力)になるもの。助演者は、ジーン・ルーヴェロル、ジョージ・ギャビー・ヘイス、ハリー・ワース、フランク・マクグリン、ハワード・ラング等。

監督
ハワード・ブレザートン
出演キャスト
ウィリアム・ボイド ジミー・エリソン ジーン・ルーヴェロル ジョージ・ギャビー・ヘイス

ゾロック

  • 1935年当年公開
  • 出演(Zolod 役)

「化石人間」「豚児売り出す」のウィリアム・ボイドと「若き血に燃ゆる頃」のケイン・リッチモンドが主役を演じる映画で、ゼルマ・キャロル以下2名の共作ストーリーを、パーレー・プーア・シーハン以下2名が協力して脚色しハリー・レヴィアーが監督したものである。助演者は「ミックスの再起」のクローディア・デルを始め、ジョセフ・スウィッカード、サム・ベイカー、ラルフ・ルイス等である。(全12篇)

監督
ハリー・レヴィアー
出演キャスト
ウィリアム・ボイド ケイン・リッチモンド クローディア・デル ジョセフ・スウィッカード
1934年

薔薇色遊覧船

  • 1934年当年公開
  • 出演(Joe_Saunders 役)

「蛍の光」「空中レヴュー時代」のジーン・レイモンド、「鏡の前の接吻」「暗夜行路」のナンシー・キャロル、マスター・オヴ・セレモニースとして有名なジャック・ベニーが主演する映画で、レオン・ゴードンが書き下ろし「フープラ」のジョセフ・モンキュア・マーチが脚色し、「暴走する悪魔」「恐怖の夜」のベンジャミン・ストロフが監督に当たり「ルムバ」「光は野より」のテッド・テズラフが撮影した。助演は英国から招かれた喜劇俳優シドニー・ハワード、「可愛いアンニー」のミッチー・グリーン「妾の弱点」のシド・シルヴァース、「世界大洪水」のシドニー・ブラックマー、「ますらを」のラルフ・モーガン、「恋に賭けるな」のシャーリー・グレイ、サム・ハーディ、パッシー・ケリー、ロバート・エリオット等である。

監督
ベンジャミン・ストロフ
出演キャスト
ジーン・レイモンド ナンシー・キャロル ジャック・ベニー シドニー・ハワード
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・ボイド