映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・マック・ブラウン

年代別 映画作品( 1928年 ~ 1952年 まで合計24映画作品)

1931年

秘密の6

  • 1931年当年公開
  • 出演(Hank 役)

「ビッグ・ハウス」「惨劇の波止場」と同じくフランセス・マリオンが脚本を書き下ろし、ジョージ、ヒルが監督、ウォレス・ビアリーが主演する映画で、カメラも同じくハロルド・ウェンストロムが担当した。「不死鳥」のリゥイス・ストーン。「ビリー・ザ・キッド」のジョン・マック・ブラウン、「民衆の敵」「地獄の天使(1930)」のジーン・ハーロウ、「惨劇の波止場」のマージョリー・ランボー、「キック・イン」のポール、ハースト、「素晴らしき嘘」のラルフ・ベラミー、「無冠の帝王」のクラーク・ゲーブルその他が共演する。

監督
ジョージ・ヒル
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ルイス・ストーン ジョン・マック・ブラウン ジーン・ハーロウ

船出の朝

  • 1931年当年公開
  • 出演(Tommy 役)

「野性の蘭」「恋多き女」と同じくグレタ・ガルボが主演する映画である。原作はアデラ・ロジャース・セント・ジョンの小説から取材したもので脚色には「踊る娘達」「喇叭手クーガン」のジョセフィン・ラヴェット、監督には「上海夜話」「夜襲」のジョン・S・ロバートスンがあたった。助演者は「野性の蘭」のマルス・アスター、「踊る娘達」のジョン・マック・ブラウン、「踊る娘達」のドロシー・セバスティアン、ジョエル・マクリー、レーン・チャンドラー、マーロン・ハミルトン、キャスリン・ウィリアムスその他でカメラは「悪魔の仮面」「大自然の惑乱」のオリヴァー・T・マーシュが担任している。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
グレタ・ガルボ ニルス・アスター ドロシー・セバスチャン ジョン・マック・ブラウン

緑の処女地

  • 1931年当年公開
  • 出演(Berk_Jarvis 役)

エリザベス・M・ロバーツの小説からエディス・エリスの助力を得て「肉体の呼ぶ声」の監督者チャールズ・ブレイビンが脚色し、メガフォンをとり、「接吻」のウィリアム・ダニエルス、「異教徒」のクライド・デ・ヴィナが撮影したもので主なる出演者は「船出の朝」のジョン・マック・ブラウン、「彼女は戦いに行く」のエリナー・ボードマン、ルシル・ラ・ヴァーン、アニタ・ルイズ、ギャヴィン・ゴードンなどである。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
ジョン・マック・ブラウン エリナー・ボードマン ルシル・ラ・ヴァーン アニタ・ルイズ
1930年

悩める燈台

  • 1930年当年公開
  • 出演(Paul_Whalen 役)

「上海夜話」「情熱の砂漠」出演のメアリー・ノーラン嬢が主演する映画で、ウィルバー・ダニエル・スティール氏の原作をウィニフレッド・リーヴ女史が改作し「ブロードウェイ(1929)」「都会の哀愁」のエドワード・T・ロウ・ジュニア氏が脚色し、「ショウボート」「アンクル・トムス・ケヴィン」のハリー・ポラード氏が監督「假の塒」「がらくた宝島」のジェローム・アッシュ氏が撮影した。助演者は「踊る娘達」「海の王者」のジョン・マック・ブラウン氏と「ブロードウェイ(1929)」「恋のからくり」のロバート・エリス氏、「評判女候補者」のオードリー・フェリス嬢、「青春ジャズ大学」のチャーチル・ロス氏等である。

監督
ハリー・ポラード
出演キャスト
メアリー・ノーラン ジョン・マック・ブラウン ロバート・エリス チャーチル・ロス

ビリー・ザ・キッド

  • 1930年当年公開
  • 出演(Billy 役)

「ハレルヤ」「活動役者」と同じくキング・ヴィダー監督作品で、ウォルター・ノーブル・バーンズ作の「ビリー・ザ・キッドの伝説」に基づいて、前記2映画のワンダ・タショックが脚色し、ローレンス・ストーリングスが台詞を書いた。主役は「妻呼ぶ怒涛」「恋多き女」のジョン・マック・ブラウンが勤め、「ビッグ・ハウス」「ロマンスの河」のウォーレス・ビアリー、「略奪者」「マダム・サタン」のケイ・ジョンソンをはじめ、カール・デーン、ウィンダム・スタンディング、ラッセル・シンプソン、ジェームズ・マーカス等が助演している。カメラは「ハレルヤ」のゴードン・エイヴィルが担任した。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
ジョン・マック・ブラウン ウォーレス・ビアリー ケイ・ジョンソン カール・デーン

モンタナの月

  • 1930年当年公開
  • 出演(Larry 役)

「若殿頑張る」「踊る娘達」のジョーン・クローフォード主演映画で、「俺は渡り鳥」と同じくシルヴィア・サルバーグとフランク・バトラーがストーリー並びに撮影台本を執筆し、「カナリヤ殺人事件」「導火線」のマルコム・セント・クレアが監督し、「恋多き女」「接吻」のウィリアム・ダニエルスが撮影した。助演者は「恋多き女」のジョン・マック・ブラウン、「キートンの結婚狂」ドロシー・セバスチャン、「死線に踊る」のリカルド・コルテス、ベニー・ルービン、クリフ・エドワーズなど

監督
マルコム・セント・クレア
出演キャスト
ジョーン・クロフォード ジョン・マック・ブラウン ドロシー・セバスチャン リカルド・コルテス
1929年

コケット

  • 1929年当年公開
  • 出演(Michael_Jeffery 役)

メアリー・ピックフォード嬢主演の最初の発声映画でオール・トーキーになるもの、作品順からいえば「デパート娘大学」に次ぐものである。ジョージ・アポット氏とアン・プレストン・ブリッジャース女史とが合作しジェッド・ハリス氏が舞台にのせた戯曲に基いて、ジョン・W・グレイ氏とアレン・マクニール氏とが脚色の筆を執り、「デパート娘大学」「テムペスト(1928)」と同じくサム・テイラー氏が監督した。台詞もテイラー氏の手になっている。対手役として「パリ醉語」「踊子フィリス」のマット・ムーア氏と「離婚結婚」「気まぐれ娘」のジョン・マック・ブラウン氏とが出演するが、そのほかに「仮面の勇士」のジョン・セント・ポリス氏、ジョージ・アーヴィング氏、等も共演している。キャメラは「ベン・ハー(1926)」「男女の戦」と同じくカール・ストラッス氏である。

監督
サム・テイラー
出演キャスト
メアリー・ピックフォード ジョン・マック・ブラウン マット・ムーア ジョン・セント・ポリス

ハリケン(1929)

  • 1929年当年公開
  • 出演(Dan 役)

「プラット・シップ」と同じくホバート・ボスウォーズ氏が主演する海上活劇で、イヴリン・キャンベル女史とノーマン・ストリンガー氏とが合作した物語をアーネスト・ヒバード氏が脚色し、「大洋の娘」「恐怖街」のラルア・インス氏が監督、「ドノヴァン」「青春の夢(1929)」のテッド・テズラフ氏が撮影したもの。助演者は「遥かなる叫び」「バウラー」のリーラ・ハイアムス嬢、「コケット」「気まぐれ娘」のジョン・マック・ブラウン氏を始め、アラン・ロスコー氏、トム・オブライエン氏、リーラ・マッキンタイア嬢等である。

監督
ラルフ・インス
出演キャスト
ホバート・ボスウォース リーラ・ハイアムス ジョン・マック・ブラウン アラン・ロスコー
1928年

踊る娘たち

  • 1928年当年公開
  • 出演(Ben 役)

「ボー・ブラムメル」「本町通り」をものしたハリー・ボーモン氏の監督作品で、脚本は「アンニー・ローリー」「風雲愈々急」のジョセフィン・ラヴェット女史が書き下ろした。主役は「知られぬ人」「パリ」のジョーン・クローフォード嬢が選ばれて演じ、「虹晴」「幽霊船」のドロシー・セバスチャン嬢、「世界に告ぐ」「大飛行艦隊」のアニタ・ペイジ嬢、「コケット」のジョン・マック・ブラウン氏、「ダニューブの漣」「女優情史」のニルス・アスター氏、エドワード・ヌージェント氏、カスリン・ウィリアム嬢等が助演しハントリー・ゴードン氏、ドロシー・カミングス嬢、サム・ド・グラッス氏も出演している。撮影は「海のロマンス」「スペインの花」のジョージ・バーンズ氏が 担当している。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
ジョーン・クロフォード ジョン・マック・ブラウン ドロシー・セバスチャン アニタ・ペイジ

気まぐれ娘

  • 1928年当年公開
  • 出演(Bradley_Lane 役)

「絹の足」と同じくアーサー・ロッスン氏が監督し、マッジ・ベラミー嬢が主演する映画。原作、並に脚色はフォックス専属の作者ジョン・ストーン氏の手になったものである。ベラミー嬢の相手役は「離婚結婚」で嬢の相手役を務めたジョン・マック・ブラウン氏で、そのほかウォルター・マッグレイル氏、セルマ・ヒル嬢、ライオネル・ベルモア氏、アニタ・ガーヴィン嬢、等が助演する。

監督
アーサー・ロッスン
出演キャスト
マッジ・ベラミー ジョン・マック・ブラウン ウォルター・マッグレイル アニタ・ガーヴィン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・マック・ブラウン