映画-Movie Walker > 人物を探す > ギイ・カザリル

年代別 映画作品( 1969年 ~ 1976年 まで合計5映画作品)

1976年

エミリアンヌ

  • 1976年2月21日(土)公開
  • 監督、脚本

三角関係の愛欲を描いて現代人の性を見つめるクロード・デゾルブの同名小説の映画化。製作はアンドレ・ジェノーヴェとピエール・ブロンベルジェ、監督・脚本は「愛の讃歌」のギイ・カザリル、撮影はジャン・シモニー、音楽はニノ・フェレールが各々担当。出演はベティ・マルス、ピエール・ウードリー、ナタリー・ゲランなど

監督
ギイ・カザリル
出演キャスト
ベティ・マルス ピエール・ウードリー ナタリー・ゲラン
1974年

愛の讃歌(1974)

  • 1974年当年公開
  • 監督、脚本

大道芸人の子としてパリの舗道に生まれた歌手エディット・ピアフの、世に出るまでの不遇な青春時代を描く。製作は「キャバレー」のサイ・フュエとE・H・マルタン、監督は「パリは気まぐれ」のギイ・カザリル、ピアフの実妹シモーヌ・ベルトーの原作をカザリルとフランソワーズ・フェルレーが共同で脚本化、撮影はエドモン・セシャン、音楽監修はラルフ・バーンズが各々担当。出演はこれが映画デビュー作のブリジット・アリエル、パスカル・クリストフ、ギイ・トレジャン、ピエール・ヴェルニエ、ジャック・デュビー、アヌーク・フェルジャック、シルヴィー・ジョリー、イヴァン・バルコ、ミシェル・ベディティ、フランソワーズ・ディレックなど。

監督
ギイ・カザリル
出演キャスト
ブリジット・アリエル パスカル・クリストフ ギイ・トレジャン ピエール・ヴェルニエ
1972年

パリは気まぐれ

  • 1972年11月23日(木)公開
  • 監督、脚本

修道院から抜けだした若い尼僧が、あこがれのパリで演じる大冒険をコミカルに描く。製作はアンドレ・ジェノーヴェ、監督・脚本は「ある日アンヌは」のギイ・カザリル。撮影はクロード・ルコント、音楽はフランソワ・ド・ルーベ、編集はニコル・ガードゥションが各々担当。出演はブリジット・バルドー、アニー・ジラルド、ジェス・ハーン、ジャン・カルメ、ジャック・ジュアノー、ジャック・デュビー、ドミニク・ザルディなど。

監督
ギイ・カザリル
出演キャスト
ブリジット・バルドー アニー・ジラルド ジェス・ハーン ジャン・カルメ

華麗なる対決

  • 1972年9月30日(土)公開
  • 脚色

一八八〇年のニュー・メキシコの大平原を背景に、女だけの強盗団とそれと対決する女牧場主と四人の弟たちを描く。製作はレイモン・エジェ、フランシス・コーヌ、監督はクリスチャン・ジャック。マリー・アンジェ・アニエスとジャン・ヌムールの原案をギイ・カザリル、クレマン・ビドル・ウッド、ダニエル・ブーランジェの三人で脚色、撮影はアンリ・ペルサン、音楽はフランシス・レイが各々担当。出演はブリジッド・バルドー、クラウディア・カルディナーレ、マイケル・J・ポラード、ミシュリーヌ・プレール、パティ・シェパード、テレサ・ジンペラ、エンマ・コーエン、フランス・ドゥニャックなど。

監督
クリスチャン・ジャック
出演キャスト
ブリジット・バルドー クラウディア・カルディナーレ ミシュリーヌ・プレール マイケル・J・ポラード
1969年

ある日アンヌは

  • 1969年11月1日(土)公開
  • 監督、脚色

フランスでベストセラーとなったアルベティーヌ・サラザンの原作を、TV界出身のギイ・カザリルが脚色、監督した。撮影は、エドモン・リシャール、音楽は、ジョス・バゼリ、編集は、ジャン・ジャック・ポヴェールが担当。製作は、ピエール・ブロンベルジェ。出演は「パリの大泥棒」のマルレーヌ・ジョベール「イスタンブール」のホルスト・ブッフホルツ、他に、マガリ・ノエル、ジョルジュ・ジェレ、クロード・マルコーなど。

監督
ギイ・カザリル
出演キャスト
マルレーヌ・ジョベール ホルスト・ブッフホルツ ジョルジュ・ジェレ マガリ・ノエル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ギイ・カザリル