映画-Movie Walker > 人物を探す > フェイ・レイ

年代別 映画作品( 1926年 ~ 1953年 まで合計43映画作品)

1953年

ゴールデン・コンドルの秘宝

  • 1953年6月30日(火)公開
  • 出演(Marquise 役)

ジュールス・バック(「殺人者」協力製作)が1953年に製作したテクニカラー冒険劇。エディソン・マーシャルの同名の小説から「南海の劫火(1951)」のデルマー・デイヴスが脚色監督した。撮影はエドワード・クロンジェガー、音楽はソル・カプラン「ナイアガラ」の担当。「地上最大のショウ」のコーネル・ワイルドと新進コンスタンス・スミスが主演し、「黒ばら」のフィンレイ・カリー、「五本の指」のウォルター・ハムデン、テレビ出身のアン・バンクロフト、ジョージ・マクレディ「探偵物語」、フェイ・レイ、レオ・G・キャロルなどが助演する。

監督
デルマー・デイヴス
出演キャスト
コーネル・ワイルド コンスタンス・スミス フィンレイ・カリー ウォルター・ハムデン
1941年

四人の息子(1941)

  • 1941年当年公開
  • 出演(Molly 役)

「カサブランカ」「ガス燈」のイングリッド・バーグマンと「その夜の真心」「バーレスクの王様」のワーナー・バクスターが主演する映画。チャールズ・ボナーの小説「遺産」に基づきウィリアム・ハールバットとマイケル・ブランクフォートが協力して脚色し「嘆きの白薔薇」のグレゴリー・ラトフが監督に当り、「ある雨の午後」のペヴァレル・マーレーが撮影した。助演は新人スタアのスーザン・ヘイワード、「ある日曜日の午後」のフェイ・レイ、「ショウボート(1936)」のヘレン・ウエストリー、リチャード・デニング及びジョニー・ダウンス等である。

監督
グレゴリー・ラトフ
出演キャスト
イングリッド・バーグマン ワーナー・バクスター スーザン・ヘイワード フェイ・レイ
1937年

ほろ苦き祝宴

  • 1937年当年公開
  • 出演(Gloria_Gay 役)

「潜水艦SOS」「悪魔の影」のリチャード・ディックスと「舗道の青春」「低空爆撃」のフェイ・レイが主演する映画で、マイルス・コノリーの原作を、ハーヴェイ・ファーガスン、エセル・ヒル、サミュエル・フラー三名が協力脚色し、「人間改造」「悪魔の影」のハリー・ラックマンが監督に当たり、「失はれた地平線」「花嫁凱旋」のジョセフ・ウォーカーが撮影したものである。助演者は「意気な紐育っ子」「永遠の世界」のヴィクター・キリアン、「スイング」のフランクリン・バングボーン、「札つき女」のウィリアム・B・デイヴィッドソン、「猛獣師の子」のグランヴィル・ベイツ、チャールズ・アーント、アーサー・ロフト等の面々である。

監督
ハリー・ラクマン
出演キャスト
リチャード・ディックス フェイ・レイ ヴィクター・キリアン フランクリン・パングボーン
1936年

低空爆撃

  • 1936年当年公開
  • 出演(Joyce 役)

「世界一の金持ち娘」「バワリイ」のフェイ・レイと「春を手さぐる」「八点鐘」のラルフ・ベラミーが主演する映画で、「悪魔島脱出」「空の殺人光線」のアルバート・S・ロージェルが監督したもの。原作はダイヤナ・バーボンとブルース・マニングが書き、フレッド・ニブロ・ジュニアとアール・スネルが協力脚色したもの。助演者は「歌の翼」のサーストン・ホール、「三角の月」のエドワード・ガーガン、ロジャー・イムホフ、駒井哲等で撮影は「殺人電波」のアレン・G・シーグラー。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
フェイ・レイ ラルフ・ベラミー サーストン・ホール エドワード・ガーガン

舗道の青春

  • 1936年当年公開
  • 出演(Mary_Trentch 役)

「無法地獄」のチェスター・モリスと「奇傑パンチョ」のフェイ・レイと「オペラ・ハット」のライオネル・スタンダーが主演する映画で、オクタヴァス・ロイ・コーエンの原作を「夢の並木路」のハワード・J・グリーンが脚色し、「青春の抗議」「生活と恋愛」のアルフレッド・E・グリーンが監督、「脱線僧正」のジェームズ・ヴァン・ツリースが撮影した。助演は「巌窟王(1934)」のレイモンド・ウォルバーン、「大陸間諜戦」のヘンリー・モリスン、ケネス・ハーラン等である。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
チェスター・モリス フェイ・レイ ライオネル・スタンダー レイモンド・ウォルバーン
1935年

地下の怪盗

  • 1935年当年公開
  • 出演(Ann Manders 役)

俳優・作者・演出家のジャック・ハルバートが主演する映画で、自ら原案を樹て「海国の誉れ」を脚色したJ・O・C・オートン、「十三日の金曜日」の原作者の一人たるシドニー・ジリヤット、「夜霧の怪盗」の原作に協力したジェラルド・フェアリーが「ブルドック・ドラモンド」シリーズの作家H・C・マクニールの協意を得て脚色し「朱金昭」「海国の誉れ」のウォルター・フォードが監督したもの。助演は「奇傑パンチョ」のフェイ・レイ、「都会の雷鳴」のラルフ・リチャードソン、主役ハルバートの兄弟クロード・ハルバート、アソール・フレミング、「十三日の金曜日」のギブ・マクローリン等である。キャメラは「朱金昭」「夕暮れの歌」のミュッツ・グリーンバウムの担当である。

監督
ウォルター・フォード
出演キャスト
ジャック・ハルバート フェイ・レイ ラルフ・リチャードソン クロード・ハルバート

透視人間

  • 1935年当年公開
  • 出演(Rene 役)

祖父から遺伝で、透視能力を持つようになった男を描いた、一九三五年度の製作になる風変りな娯楽映画。

監督
モーリス・エルヴィ
出演キャスト
クロード・レインズ フェイ・レイ メアリー・クレア Ben Field
1934年

奇傑パンチョ

  • 1934年当年公開
  • 出演(Teresa 役)

「バワリイ」「酔いどれ船」のウォーレス・ビアリーが主演する映画で、パンチョ・ヴィラの伝記小説を「生活の設計」のベン・ヘクトが脚色し「舌戦速射砲」「旅客機の怪盗」のジャック・コンウェイが監督し、ジェームズ・ウォング・ホウとチャールズ・G・クラークが共同撮影した。助演者は「バワリイ」のフェイ・レイ、「恐怖の四人」のレオ・カリーロ、「九番目の客」のドナルド・クック、「南風」のスチュアート・アーウィン、「クレオパトラ(1934)」のジョセフ・シルドクラウト、ジョージ・E・ストーン、キャサリン・デミル、ヘンリー・E・ウォルソール等である。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー レオ・カリーロ フェイ・レイ ドナルド・クック

世界一の金持ち娘

  • 1934年当年公開
  • 出演(Sylvia 役)

「生活の設計」「南風」のミリアム・ホプキンスが主演する映画で、「アフリカは笑ふ」のノーマン・クラスナが原作脚色し、「頓珍漢丸儲け」「七月の肌着」のウィリアム・A・サイターが監督に当たり、「空飛ぶ悪魔」「熱血撮影隊」のニック・ミュスラカが撮影した。助演者は「人生の行路」「南海の劫火(1932)」のジョエル・マクリー、「バワリイ」「ある日曜日の午後」のフェイ・レイを始め、「痴人の愛」「肉弾鬼中隊(1934)」のレジナルド・デニー、「若草物語(1933)」「自由の翼」のヘンリー・スティーブンソン「メリケン万歳爆走の巻」のジョージ・ミーカー、「大帝国行進曲」のベリル・マーサー等である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ミリアム・ホプキンス ジョエル・マクリー フェイ・レイ ヘンリー・スティーブンソン
1933年

ある日曜日の午後

  • 1933年当年公開
  • 出演(Virginia_Brush 役)

「戦場よ去らば」「今日限りの命」のゲイリー・クーパーが主演する映画で、「六月十三日の夜」「暴風の処女」のスティーブン・ロバーツが監督したもの。原作はジェームズ・ヘイゲン作の舞台劇で、「歓呼の涯」「借りた人生」と同じくグローヴァー・ジョーンズとウィリアム・スレイヴンス・マクナットが共同脚色している。撮影は「恋の凱歌」「極楽特急」のヴィクター・ミルナー。 助演は「キング・コング(1933)」「肉の蝋人形(1933)」のフェイ・レイ、「紐育の仇討」「今日限りの命」のロスコー・カーンス、「恐怖の甲板」「十三号室の女」のニール・ハミルトン、舞台出身の新進女優フランセス・フラーの面々。

監督
スティーブン・ロバーツ
出演キャスト
ゲイリー・クーパー フェイ・レイ ニール・ハミルトン ロスコー・カーンス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フェイ・レイ