TOP > 映画監督・俳優を探す > アレハンドロ・ウローア

年代別 映画作品( 1969年 ~ 2018年 まで合計17映画作品)

1968年

ドクター・コネリー キッド・ブラザー作戦

  • 1968年3月2日(土)
  • 撮影

ポール・レビーとフランク・ウォーカーの脚本を、アルベルト・デ・マルティーノが監督したアクションもの。撮影は、アレハンドロ・ウローア(アレクサンダー・ウローア)、音楽は、ブルーノ・ニコライとエンニオ・モリコーネが担当している。出演は、ショーン・コネリーの実弟ニール・コネリー、「007/危機一発」のダニエラ・ビアンキ、「007/サンダーボール作戦」のアドルフォ・チェリ、バーナード・リー、アンソニー・ドーソン、日本人女優のヤマ・ヤスコ、アガタ・フローリーなど。製作は、ダリオ・サバテロ。テクニカラー、テクニスコープ。

監督
アルベルト・デ・マルティーノ
出演キャスト
ニール・コネリー ダニエラ・ビアンキ アドルフォ・チェリ アガタ・フローリー

アルデンヌの戦い

  • 1968年10月26日(土)
  • 撮影

「タイタンの逆襲」のエンニオ・デ・コンチーニの脚本を「ドクター・コネリー キッド・ブラザー作戦」のアルベルト・デ・マルティーノが監督した戦争もの。撮影は「ドクター・コネリー キッド・ブラザー作戦」のアレハンドロ・ウローア(アレクサンダー・ウローア)、音楽は「続・夕陽のガンマン 地獄の決斗」のコンビ、エンニオ・モリコーネとブルーノ・ニコライが担当している。出演は「リオの嵐」のフレデリック・スタフォード、「ドクター・コネリー キッド・ブラザー作戦」のダニエラ・ビアンキ、「女王陛下の大作戦」のアドルフォ・チェリ、「ロード・ジム」のクルト・ユルゲンス、ジョン・アイアランドなど。製作はエドモンド・アマティ。テクニカラー、テクニスコープ。

監督
アルベルト・デ・マルティーノ
出演キャスト
フレデリック・スタフォード ダニエラ・ビアンキ アドルフォ・チェリ クルト・ユルゲンス

地獄のガンマン

  • 1968年3月30日(土)
  • 撮影

マリオ・アメンドラ、ブルーノ・コルブッチ、フェルナンド・ディ・レオ、ドメニコ・パオレラの共同脚本を、「海賊旗を上げろ」のドメニコ・パオレラが監督したアクション。撮影は「ドクター・コネリー キッド・ブラザー作戦」のアレハンドロ・ウローア(アレクサンダー・ウローア)と、クランニ・ベルガニーニ、音楽はウィリー・ブレッツァが担当した。出演は「グラン・プリ」のアントニオ・サバト、「OK牧場の決闘」のジョン・アイアランド、「地獄から来たプロガンマン」のフェルナンド・サンチョ、「つむじ風のキッド」のグロリア・ミランド。製作は「無敵の斗士」のイタロ・ジンガレリ。イーストマンカラー、デルタビジョン。

監督
ドメニコ・パオレラ
出演キャスト
アントニオ・サバト ジョン・アイアランド フェルナンド・サンチョ Nadia Marconi

地獄の挑戦状

  • 1968年2月10日(土)
  • 撮影

サンドロ・コンティネンツァ、マルチェロ・コッシア、フィポリト・デ・ディエゴの三人の原案になる物語を、この三人とジョヴァンニ・シモネリが脚色、アルベルト・デ・マルチノが監督したアクションもの。撮影はアレハンドロ・ウローア(アレクサンダー・ウローア)、音楽はオテロ・コランジェリが担当している。出演はボンド・ガールで登場した「必殺の歓び」のダニエラ・ビアンキ、ケン・クラーク、ジャック・ベルジュラック、イブリン・スチユアートなど。テクニカラー、テクニスコープ。

監督
アルベルト・デ・マルチノ
出演キャスト
ダニエラ・ビアンキ ケン・クラーク ジャック・ベルジュラック イブリン・スチュアート
1969年

殴りこみ兄弟

  • 1969年
  • 撮影

フェルナンド・ディ・レオとエンツォ・デラキーラのストーリーを、この二人にパオロ・レビ、ホセ・マリア・ロドリゲス、フランク・グラフィールドが加わり、五人で脚色、「禿鷹のえさ」のフランク・グラフィールドが監督したマカロニ・ウェスタンのシリーズ第二作目。撮影はアレハンドロ・ウローア(アレクサンダー・ウローア)、音楽は名手エンニオ・モリコーネが担当。出演はテレビ出身のデイヴィッド・ベイリー、「禿鷹のえさ」のアガタ・フローリーなど。製作はダリオ・サバテロ。テクニカラー、テクニスコープ。

監督
フランク・グラフィールド
出演キャスト
デイヴィッド・ベイリー Hugo Blanco コレ・キトシュ Saturnino Cerra
1967年

禿鷹のえさ

  • 1967年11月14日(火)
  • 撮影

デイヴィッド・モレノのオリジナル・ストーリーをヴィンセント・イーグル、フェルナンド・ディ・レオン、ドゥッチョ・テッサリの三人が共同で脚色、初登場のフランク・グラフィールドが監督したイタリア製西部劇。撮影はアレハンドロ・ウローア(アレクサンダー・ウローア)、音楽は「夕陽のガンマン」のエンニオ・モリコーネが担当。出演は「バルジ大作戦」のロバート・ウッズ、レオ・アンコリス、新星アガタ・フローリー、マニー・サルツォ、ニック・アンダーソン、ポール・カーターほか。製作はダリオ・サバテロ。テクニカラー、テクニスコープ。

監督
フランク・グラフィールド
出演キャスト
ロバート・ウッズ マニー・サルツォ ニック・アンダーソン ポール・カーター
1965年

フォンテンブローの決戦

  • 1965年10月12日(火)
  • 撮影

ラファエロ・サバティニの原作『スカラムーシュ』を、アルトゥーロ・リゲル、アントニオ・イサシ、コリン・マンが共同で脚色、アントニオ・イサシが監督したアクション・ドラマ。撮影はアレハンドロ・ウローア(アレクサンダー・ウローア)、音楽はグレゴリオ・ガルシア・セグラが担当した。出演は「シエラザード」のジェラール・バレー、「ハタリ!」のミシェル・ジラルドン、「剣豪パルダヤンの逆襲」のジャンナ・マリア・カナーレ、ほかにイヴェット・ルボン、アルベルト・ド・メンドーサ、ジョゼ・ブルグエラなど。製作はミゲル・フュデラ。イーストマンカラー・ディアリスコープ、一九六三年作品。

監督
アントニオ・イサシ
出演キャスト
ジェラール・バレー ミシェル・ジラルドン ジャンナ・マリア・カナーレ イヴェット・ルボン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > アレハンドロ・ウローア

ムービーウォーカー 上へ戻る