映画-Movie Walker > 人物を探す > リー・パーシー

年代別 映画作品( 1981年 ~ 2017年 まで合計20映画作品)

2017年

スノーデン

  • 2017年1月27日(金)公開
  • 編集

アメリカの情報収集プログラムの存在を告発したNSA(米国国家安全保障局)の職員、エドワード・スノーデンに迫る、オリヴァー・ストーン監督による人間ドラマ。国を愛する平凡な若者だったスノーデンが、恐るべき現実に理想を打ち砕かれ、危機感を募らせたあげく、世界最強の情報機関に反旗を翻す決意を固めていくさまが描かれる。

監督
オリバー・ストーン
出演キャスト
ジョセフ・ゴードン=レビット シャイリーン・ウッドリー メリッサ・レオ ザカリー・クイント
2007年

ママの遺したラヴソング

  • 2007年4月7日(土)公開
  • 編集

ハリウッドの人気スター共演による文学的な味わいの感動作。ニューオリンズを舞台に、人生に迷う少女と心に傷を抱えた中年男の交流をつづる人間ドラマだ。

監督
シェイニー・ゲイベル
出演キャスト
ジョン・トラヴォルタ スカーレット・ヨハンソン ガブリエル・マクト デボラ=カーラ・アンガー
2005年

そして、ひと粒のひかり

  • 2005年10月15日(土)公開
  • 編集

世界各国の映画祭で大絶賛された社会派ヒューマン・ドラマ。南米から米国への麻薬密輸の実態をリサーチし、運び屋となった妊娠中の少女の苦悩と成長を描く。

監督
ジョシュア・マーストン
出演キャスト
カタリーナ・サンディノ・モレノ イェニー・パオラ・ヴェガ ジョン・アレックス・トロ ギリード・ロペス
2003年

赤い部屋の恋人

  • 2003年3月8日(土)公開
  • 編集

「スモーク」のウェイン・ワン監督と人気作家ポール・オースターのコンビが手がけた恋愛映画。ホテルの一室を舞台に、現実と理想の狭間でもがく男女の葛藤をエロチックにつづる。

監督
ウェイン・ワン
出演キャスト
モリー・パーカー ピーター・サースガード カーラ・グギノ
2000年

ボーイズ・ドント・クライ

  • 2000年7月8日(土)公開
  • 編集

 93年に米の田舎町で起こったセンセーショナルな殺人事件が作品のもとに。自分の性に違和感を抱く“性同一性障害”の女性の、複雑な心情と背景がリアルに描かれる。

監督
キンバリー・ピアース
出演キャスト
ヒラリー・スワンク クロエ・セヴィニー ピーター・サースガード ブレンダン・セクストン・サード
1999年

54 フィフティー・フォー

  • 1999年6月26日(土)公開
  • 編集

70年代後半から80年代にかけて栄えたニューヨークの伝説のディスコ“スタジオ54”の興隆をひとりの青年の青春の光と影とだぶらせて描いた青春映画。監督・脚本は「Boy's Life 2」(日本未公開)のマーク・クリストファー。製作総指揮は「マイ・フレンド・メモリー」のダン・カーモディ、「ラウンダーズ」のボビー・コヘン、「ナイトウォッチ」のボブとハーヴェイのワインスタイン兄弟。製作は「ルル・オン・ザ・ブリッジ」のアイラ・ドゥッチマン、「ジャッキー・ブラウン」のリチャード・N・グラッドスタイン、「ハイ・アート」のドリー・ホール。撮影は「マキシマム・リスク』のアレキサンダー・グルズィンスキー。音楽は「ナイトウォッチ」のマルコ・ベルトラミ。美術は「アメリカの災難」のケヴィン・トンプソン。編集は「絶体×絶命」のリー・パーシー。衣裳は「コップランド」のエレン・ラター。出演は「ラストサマー」のライアン・フィリップ、「ワイルド・シングス』のネーヴ・キャンベル、「オースティン・パワーズ」のマイク・マイヤーズほか。

監督
マーク・クリストファー
出演キャスト
ライアン・フィリップ サルマ・ハエック セーラ・ウォード Breckin Meyer
1998年

絶体×絶命

  • 1998年5月23日(土)公開
  • 編集

白血病の息子を抱えた敏腕刑事と、その骨髄移植のドナーになりうる凶悪知能犯の対決を描くノンストップ・アクション。監督・製作は「判決前夜 ビフォア・アンド・アフター」のバーベット・シュローダー。製作総指揮はジェフリー・チャーノフ。脚本はデイヴィッド・クラス。撮影はシュローダー作品の常連、ルチアーノ・トヴォリ。音楽は「ブラス!」のトレヴァー・ジョーンズ。美術はアラン・パーカー監督作品で知られるジェフリー・カークランド。編集はリー・パーシー。衣裳はゲイリー・ジョーンズ。出演は「マイ・ライフ」のマイケル・キートン、「男が女を愛する時」のアンディ・ガルシア、「ロング・キス・グッドナイト」のブライアン・コックス、「ファースト・ワイフ・クラブ」のマーシャ・ゲイ・ハーデン、『Wide Awake』のジョセフ・クロスほか。

監督
バーベット・シュローダー
出演キャスト
マイケル・キートン アンディ・ガルシア ブライアン・コックス マーシャ・ゲイ・ハーデン
1996年

判決前夜 ビフォア・アンド・アフター

  • 1996年9月14日(土)公開
  • 編集

殺人事件の容疑者になった少年を軸に揺れ動く家族の姿を描くサスペンス。ロゼリン・ブラウンのベストセラー小説『判決前夜』(邦訳・新潮文庫)を「羊たちの沈黙」「陪審員」のテッド・タリーが脚本化。監督には「運命の逆転」「死の接吻」のバーベット・シュローダーがあたった。製作は「死の接吻」のスーザン・ホフマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはロジャー・バーンバウムとジョー・ロス、撮影はシュローダーとは「運命の逆転」以来コンビを組むルチアーノ・トヴォリ、音楽は「セブン」のハワード・ショア、美術はスチュアート・ワーツェル、編集はリー・パーシーがそれぞれ担当。出演は「マディソン郡の橋」のメリル・ストリープと「ロブ・ロイ ロマンに生きた男」のリーアム・ニーソン、「リトル・オデッサ」のエドワード・ファーロングほか。

監督
バーベット・シュローダー
出演キャスト
メリル・ストリープ リーアム・ニーソン エドワード・ファーロング ジュリア・ウェルドン
1995年

死の接吻(1994)

  • 1995年5月20日(土)公開
  • 編集

犯罪組織によって平穏な生活を一変させられた男の闘争を描いた、ハードボイルド・サスペンス。ヘンリー・ハサウェイ監督、ヴィクター・マチュア主演による同名映画(47)を、「運命の逆転」「ルームメイト」のバーベット・シュローダーの監督でリメイク。ニューヨークの現実を取り込んだ、ドキュメンタリー色の濃い脚本は「ハスラー2」「恋に落ちたら…」のリチャード・プライス(共同製作も兼任、市の職員として出演も)。製作はシュローダーと、彼とコンビのスーザン・ホフマン。エグゼクティヴ・プロデューサー(第一助監督も兼任)は「バーフライ」以後の監督の作品に携わっているジャック・バラン。撮影は「僕のビアンカ」「スプレンドール」のルチアーノ・トヴォリ、音楽は「父の祈りを」のトレヴァー・ジョーンズ、美術は「幸福の条件」のメル・ボーンが担当。主演はアベル・フェラーラの「チャイナ・ガール」「キング・オブ・ニューヨーク」の助演をへて、米・ABCテレビの『N.Y.P.D. Blue 』でゴールデン・グローブ賞〈テレビドラマ・シリーズ〉部門の主演男優賞を受賞し、本作が初の主演映画となるデイヴィッド・カルーソ。前作でリチャード・ウィドマークが演じた悪役に「あなたに降る夢」「パラダイスの逃亡者」などコメディ作品が多かったニコラス・ケイジが扮して新境地を開拓するほか、「パルプ・フィクション」のサミュエル・L・ジャクソン、「ボブ・ロバーツ」のヘレン・ハント、「D2 マイティ・ダック」のキャスリン・アーブ、「パルプ・フィクション」のヴィング・レイムス、「羊たちの沈黙」のアンソニー・ヒールドら個性派俳優が脇を固める。

監督
バーベット・シュローダー
出演キャスト
デイヴィット・カルーソ ニコラス・ケイジ サミュエル・L・ジャクソン ヘレン・ハント
1994年

コリーナ、コリーナ

  • 1994年12月17日(土)公開
  • 編集

母の死に衝撃を受けて口をきかなくなった少女と途方に暮れる父親。2人の家庭に颯爽と現われて持ち前の陽気さと機転、そして音楽への鋭い感性で明るく勇気づける家政婦の姿を、涙と笑い豊かに描いたヒューマン・ドラマ。製作・監督・脚本は、舞台女優出身で本作がデビューとなるジェシー・ネルソン。物語は彼女の自伝的色彩が強く、幼くして母親を亡くした彼女を優しい愛情で包んでくれた黒人女性の思い出が下地となっている。製作はネルソン、ポーラ・マズール、スティーヴ・ティッシュの共同。撮影は「ペイルライダー」などクリント・イーストウッドとのコンビで知られるブルース・サーティーズ。音楽はオリジナル・スコアをリック・コックスか書き、ビリー・ホリデイ、ダイナ・ワシントン、ルイ・アームストロングなどのジャズのスタンダード・ナンバーが効果的に使われている。美術はジャニーヌ・クラウディア・オップウォールが手掛け、アンティークな香り漂う美術デザインも見どころの一つ。″親しい者との死別の悲しみと、その癒し″という普遍的なテーマを見事に血肉化した主演は、「天使にラブ・ソングを」2部作のウーピー・ゴールドバーグ。共演は「男が女を愛する時」に続き2作目となる子役のティナ・マジョリーノ、「不法侵入」のレイ・リオッタ。また、「天国は待ってくれる」「コクーン」のベテラン、ドン・アメチが滋味深い演技を見せ、本作の撮影終了日に亡くなり彼の遺作となった。

監督
ジェシー・ネルソン
出演キャスト
ウーピー・ゴールドバーグ レイ・リオッタ ティナ・マジョリーノ ジョーン・キューザック
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リー・パーシー