映画-Movie Walker > 人物を探す > セルジュ・ゲンズブール

年代別 映画作品( 1959年 ~ 2001年 まで合計26映画作品)

2001年

モード・イン・フランス

  • 2001年11月24日(土)公開
  • 音楽、ナレーション

80年代のパリ・ファッション界を舞台にしたスタイリッシュな一作。「ポリー・マグー お前は誰だ」の鬼才ウィリアム・クラインが、大物デザイナーたちとの12のストーリーを創出。

監督
ウィリアム・クライン
出演キャスト
クロード・モンタナ ケンゾー グレース・ジョーンズ バンブー
1998年

ミスター・フリーダム

  • 1998年12月5日(土)公開
  • 音楽、出演(Mister Drugstore 役)

東西両陣営がしのぎを削る60年代のパリに送り込まれたアメリカの秘密組織エージェントのドタバタを通して、当時の世界情勢の軋轢や歪みをカリカチュアライズして描く1968年製作の作品。監督・脚本・デザインは、現代写真家の代表的存在であり、「ポリー・マグーお前は誰だ」などの映画監督作も多数あるウィリアム・クライン。本作は彼の長編劇映画第2作にあたる。製作はO.P.E.R.A. 撮影は「カミーユ・クローデル」のピエール・ロム。音楽は「スタン・ザ・フラッシャー」のセルジュ・ゲンスブール。彼は出演もしている。衣裳はジャンヌ・クライン。出演は「プレイタイム」のジョン・アビー、「インディア・ソング」のデルフィーヌ・セイリグ、「ハロウィン」のドナルド・プレザンス、「イル・ポスティーノ」のフィリップ・ノワレほか。

監督
ウィリアム・クライン
出演キャスト
ジョン・アビー デルフィーヌ・セイリグ イヴ・モンタン フィリップ・ノワレ

アンナ(1966)

  • 1998年8月29日(土)公開
  • 作曲、作詞、出演(Serge's Friend 役)

アンナという魅力的なヒロインをめぐる騒動を描いたミュージカル・コメディ。フランス国営放送初のカラー番組として製作されたテレビ映画(67年1月放映)で、今回が世界初の35ミリでの劇場公開となる。監督は「ガラスの墓標」のピエール・コラルニックで本作が初の演出作。作詞・作曲はセルジュ・ゲンズブールで、音楽監督はゲンズブール自作の編曲を手がける編曲家のミシェル・コロンビエ(出演も)。撮影は「赤道」のウィリー・クラント。美術はイザベル・ド・ラピエール。衣裳はアン・フランク。出演は「女は女である」のアンナ・カリーナ、「愛と哀しみのボレロ」のジャン=クロード・ブリアリ、「あの胸にもういちど」のマリアンヌ・フェイスフルほか。

監督
ピエール・コラルニック
出演キャスト
アンナ・カリーナ ジャン・クロード・ブリアリ セルジュ・ゲンズブール マリアンヌ・フェイスフル
1996年

マリン・ブルーの瞳

  • 1996年12月7日(土)公開
  • 音楽プロデュース

フランスの女優/歌手のイザベル・アジャーニの同名曲(アルバム『雨上がりの恋人に』に所収)のビデオクリップ。監督は「レオン」のリュック・ベッソン、音楽プロデュースはセルジュ・ゲンズブール。アジャーニが出演した「サブウェイ」の本国公開時に併映され、日本でも同作の再映を機会に特別上映された。

監督
リュック・ベッソン
出演キャスト
イザベル・アジャーニ
1995年

スローガン

  • 1995年12月23日(土)公開
  • 音楽、出演(Pierre 役)

そのスキャンダラスな生きざまで一世を風靡した、歌手/映画監督のセルジュ・ゲンズブールが主演・音楽をつとめたラヴ・ストーリー。監督はピエール・グランブラで、フランソワ・トリュフォーのアドヴァイスで自らの失恋を題材に「スウィート・スウィート・バック」の黒人監督メルヴィン・ヴァン・ピーブルズと脚本を執筆、グランブラとフランシス・ジロ、ダニエル・ヴァグナが脚色にあたった。撮影はクロード・ボーソレイユ。共演は本作で出会い交際の後、夫婦となった「ジュテーム・モワ・ノン・プリュ」「地に堕ちた愛」などのジェーン・バーキン、「うたかたの恋」のアンドレア・パリジー、「セリーヌとジュリーは舟でゆく」のジュリエット・ベルトほか。2018年3月24日より再上映(DCP/配給:オンリー・ハーツ)。

監督
ピエール・グランブラ
出演キャスト
セルジュ・ゲンズブール ジェーン・バーキン アンドレア・パリジー ジュリエット・ベルト

スタン・ザ・フラッシャー

  • 1995年10月21日(土)公開
  • 監督、脚本、音楽

先鋭的なミュージシャン、また映画俳優/監督として常にスキャンダラスな存在であり続けたセルジュ・ゲンズブールの映画作品第4作目にして遺作。少女に自分の肉体を晒すことに生きがいを感じる中年男の悲哀が、自作のテーマ曲をバックにしたイメージカットを即興的に交えつつ、静謐に物語られる。自身を強烈に投影した主人公像には、本作製作前から入退院を繰り返し、帰らぬ人となったゲンズブールの遺言的色合いが非常に強く見てとれる。製作はフランソワ・ラヴァール、撮影はオリヴィエ・ゲノー、録音はミシェル・ブルテーズ、編集はバベット・シ・ランダーヌがそれぞれ担当。主演は「チャオ・パンタン」ほかの監督で知られ、ゲンズブールの処女作「ジュテーム・モワ・ノン・プリュ」(ちなみに本作公開に先立ち再公開された)、「王妃マルゴ」ほかのプロデューサーとしても知られるクロード・ベリ。本作の出演はベリの監督作品の音楽を務めるなど親交のあったゲンズブールのたっての願いによるものだった。共演は「ルシアンの青春」「裸足のマリー」のオーロール・クレマン、「パリの天使たち」のリシャール・ボーランジェのほか、ゲンズブール自身も顔をみせる。ヒロインの少女役のエロディ・ブシェーズは本作でオーディションをへてスクリーン・デビューし、その後「野性の葦」ほかで注目を浴びた。

監督
セルジュ・ゲンズブール
出演キャスト
クロード・ベリ オロール・クレマン リシャール・ボーランジェ エロディ・ブシェーズ
1991年

タキシード(1986)

  • 1991年2月16日(土)公開
  • 音楽

娼婦とそのヒモ、そしてこのカップルに割り込んできたホモの泥棒の三人が織り成す奇妙な関係をおもしろ悲しく描いたドラマ。製作はフィリップ・デュサール、監督・脚本は「美しすぎて」のベルトラン・ブリエ、撮影はジャン・パンゼル、音楽はセルジュ・ゲンズブールが担当。出演はジェラール・ドパルデュー、ミュウ・ミュウほか。

監督
ベルトラン・ブリエ
出演キャスト
ジェラール・ドパルデュー ミュウ・ミュウ ミシェル・ブラン ブリュノ・クレメール
1990年

アニエス・Vによるジェーン・b

  • 1990年4月13日(金)公開
  • 出演

監督・脚本を担当するアニエス・ヴァルダの目を通してジェーン・バーキンという女性の本質を描くドキュメンタリー・タッチのプライベート・フィルム。撮影はヌリト・アヴィヴとピエール・ローラン・シュニュー、音楽はジョアンナ・ブルドヴィッチが担当。出演はほかにフィリップ・レオタール、ジャン・ピエール・レオーなど。映画は、40歳の誕生日に、30歳の誕生日を回想するバーキンが、そのひとときの中で、ヴァルダの目を通して彼女のプライベートな側面を浮き彫りにし、同時に画家(フィリップ・レオタール)の妖婦、ジャン・ピエール・レオーとピクニックする娘、ラーディ(ラウラ・ベッティ)とコンビを組むピエロなど、さまざまな役を演じ、ふたりの過去や夢や想像を映像化してゆくもの。

監督
アニエス・ヴァルダ
出演キャスト
ジェーン・バーキン フィリップ・レオタール ジャン・ピエール・レオ Farid Chopel
1989年

メランコリー・ベビー

  • 1989年12月9日(土)公開
  • 音楽

満たされない結婚生活から目覚めて、新しい人生へと旅立つ女性を描いた人間ドラマ。製作はミシェル・ディミトリー、監督・脚本は本作が長編デビューのクラリス・ガブス、脚色はダニエル・ジョワニソンとアンドルゥ・プイグ、撮影はシャルリー・ヴァン・ダム、音楽はセルジュ・ゲンズブールが担当。出演はジェーン・バーキン、ジャン・ルイ・トランティニャンほか。

監督
クラリス・ガブス
出演キャスト
ジェーン・バーキン ジャン・ルイ・トランティニャン ジャン・リュック・ビドー フランソワ・ブークラー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > セルジュ・ゲンズブール