映画-Movie Walker > 人物を探す > カトリーヌ・ジュールダン

年代別 映画作品( 1968年 ~ 2018年 まで合計6映画作品)

2018年

エデン、その後

  • 2018年11月24日(土)公開
  • 出演

ヌーヴォー・ロマンの代表的作家として知られるアラン・ロブ=グリエ初のカラー作品。カフェ・エデンにたむろする大学生たちが、退廃的な遊戯や儀式に興じている。そこに現れた男が差し出す粉末を摂取したヴァイオレットは、死や性愛をめぐる幻覚に襲われる。出演は、「あの胸にもういちど」のカトリーヌ・ジュールダン、「愛と死と」のピエール・ジメール、「ジェーン・バーキンinまじめに愛して」のリシャール・ルドウィック。グリエ監督作の特集上映『アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ』で劇場正式初公開。

監督
アラン・ロブ=グリエ
出演キャスト
カトリーヌ・ジュールダン ピエール・ジメール リシャール・ルドウィック
1997年

あの胸にもういちど オリジナルノーカット英語版

  • 1997年4月19日(土)公開
  • 出演(Catherine 役)

恋人の元にバイクを走らせる若い女の心象風景を、実験的な映像で描き出し話題を呼んだ異色作。監督・撮影・潤色は「黒水仙」(46、アカデミー賞撮影賞受賞)はじめ名キャメラマンとして名声を馳せたジャック・カーディフ。主演は「ショッピング」(94)など歌手・女優として活躍するマリアンヌ・フェイスフルで、公開当時“ローリング・ストーンズ”のヴォーカリスト、ミック・ジャガーの恋人として、彼の子を私生児として出産するなど、スキャンダルになった。日本初公開(68年)当時は、過激としていくつかのセックス場面がカットされたが、今回はオリジナル・ノーカット英語版での再公開となった。原作はアンドレ・ピエール・ド・マンディアルグの『オートバイ』を基に、ロナルド・ダンカンが脚本を執筆。音楽はレス・リード。美術はスチュアート・フリーマン。編集はピーター・マスグレイヴ。衣裳はランヴァン=カスティーユ。共演は「カサノヴァ 最後の恋」のアラン・ドロン。

監督
ジャック・カーディフ
出演キャスト
マリアンヌ・フェイスフル アラン・ドロン マリウス・ゴーリング カトリーヌ・ジュールダン
1983年

聖女アフロディーテ

  • 1983年10月15日(土)公開
  • 出演

第一次大戦直前、有閑階級のブルジョアたちがギリシア神話の世界をヒントにした乱交パーティを開くというソフトコア・エロティック映画。製作はアドルフ・ヴィエッツィ。監督はイギリス人で「魔鬼雨」のロバート・フュースト。1896年にピエール・ルイスの著わした『アフロディーテ』をアメリカ人のジョン・メルソンとフランス人のジャン・アルディ(高名な歴史家の別名だという)が共同で脚色。撮影はべルナール・ダイレンコー、音楽はジャン・ピエール・ストラが担当している。出演はホルスト・ブッフホルツ、ヴァレリー・カプリスキー、デリア・ボッカルド、キャプシーヌ、カトリーヌ・ジュールダンなど。南仏で撮影。日本版字幕は岡枝慎二。カラー、ビスタサイズ。英語版で上映。

監督
ロバート・フュースト
出演キャスト
ホルスト・ブッフホルツ ヴァレリー・カプリスキー キャプシーヌ デリア・ボッカルド
1971年

別れの朝(1971)

  • 1971年12月25日(土)公開
  • 出演(Nina 役)

ドイツ青年将校に思いをよせるフランス娘の禁断の恋を描いた作品。製作はポール・カデアック、監督は「さすらいの青春」のジャン・ガブリエル・アルビコッコ、クリスティーヌ・ド・リボワールの小説「夜明け」をアルビコッコとピエール・カストが共同脚色、撮影はキント・アルビコッコ、音楽は「栗色のマッドレー」のフランシス・レイ、編集はジョルジュ・コルシが各々担当。出演は「ふたりだけの夜明け」のカトリーヌ・ジュールダン、「風の季節」のマチュー・カリエール、マドレーヌ・ロバンソン、ジャン・ヴィラール、クリスチャン・バルトース、ジャン・ジャック・リュスダールなど。

監督
ジャン・ガブリエル・アルビコッコ
出演キャスト
カトリーヌ・ジュールダン マチュー・カリエール マドレーヌ・ロバンソン ジャン・ヴィラール
1969年

ふたりだけの夜明け

  • 1969年5月15日公開
  • 出演(Nara 役)

ポール・アンドレオータとマルセル・カミュの脚本を「熱風」のマルセル・カミュが監督した青春もの。撮影は「オー!」のジャン・ボフティ、音楽はクロード・ボラン。出演は「未青年」のジャック・ペラン、新星カトリーヌ・ジュールダン、「夢見るシャンソン人形」の作曲家セルジュ・ゲンズブール、「恋するガリア」のベナンティノ・ベナンティーニなど。

監督
マルセル・カミュ
出演キャスト
ジャック・ペラン カトリーヌ・ジュールダン セルジュ・ゲンズブール ベナンティノ・ベナンティーニ
1968年

サムライ(1967)

  • 1968年3月16日公開
  • 出演(La dame du vestiaire 役)

ゴアン・マクレオの原作を、「ギャング」のジャン・ピエール・メルヴィルが脚色・監督したギャングもの。撮影は、「パリの大泥棒」のアンリ・ドカエと、直弟子のジャン・シャルヴァンの二人。音楽はフランソワ・ド・ルーベが担当している。出演は、「冒険者たち」のアラン・ドロン、ドロン夫人のナタリー・ドロン、「シェラマドレの決斗」のカティ・ロジエ、「奇襲戦隊」のフラソワ・ペリエ、「アイドルを探せ」の監督であるミシェル・ボワロンなど。製作はジョルジュ・カサテイ。

監督
ジャン・ピエール・メルヴィル
出演キャスト
アラン・ドロン ナタリー・ドロン カティ・ロジエ フランソワ・ペリエ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > カトリーヌ・ジュールダン