映画-Movie Walker > 人物を探す > セーラ・ヘイドン

年代別 映画作品( 1934年 ~ 1951年 まで合計22映画作品)

1951年

荒原の死闘

  • 1951年6月15日(金)公開
  • 出演(Mary 役)

ウィリアム・モスが製作、新進フィル・カールスンが監督に当たった1949年テクニカラー映画。モートン・グラント原作を彼自身とドロシー・ヨースト(「高原の白馬」)が共同脚色し、撮影はハワード・グリーン(「ジャングル・ブック」)作曲はポール・ソーテル(「ネヴァダ男」)の担当。主演は「高原の夕焼」のロン・マッカリスターとペギー・アン・ガーナーで、プレストン・フォスター(「高原の白馬」)、フォレスト・タッカー、アーヴィング・ベーコン(「ママの新婚旅行」)らが助演。

監督
フィル・カールソン
出演キャスト
ロン・マッカリスター ペギー・アン・ガーナー プレストン・フォスター フォレスト・タッカー

気まぐれ天使(1948)

  • 1951年2月20日(火)公開
  • 出演(Mildred_Cassaway 役)

「ジェニーの肖像」などで知られるロバート・ネイザンの小説を、「我等の生涯の最良の年」「レベッカ」のロバート・E・シャーウッドと、レオナルド・バーコヴィッチが協同脚色し、「星は輝く」「幸福の森」のヘンリー・コスターが監督した、サミュエル・ゴールドウィン・プロ1948年度作品。撮影は「嵐ケ丘」「西部の男」の故グレッグ・トーランド、音楽は「我等の生涯の最良の年」のヒューゴー・フリードホーファーが担当している。「夜も昼も」「僕は戦争花嫁」のケーリー・グラント、「星は輝く」のロレッタ・ヤング、「天国への階段」「最後の突撃」のデイヴィッド・ニーヴンの主役3人を助けて、「夜も昼も」のモンティ・ウーリー、「大時計」のエルザ・ランチェスター、「大地は怒る」のグラディス・クーパー、「毒薬と老嬢」のジェームズ・グリースン、「青春学園」のセーラ・ヘイドン、キャロライン・グリムスらが助演する他、ミッチェル少年聖歌隊が合唱場面に出演している。

監督
ヘンリー・コスター
出演キャスト
ケーリー・グラント ロレッタ・ヤング デイヴィッド・ニーヴン モンティ・ウーリー
1950年

荒原の女

  • 1950年3月14日(火)公開
  • 出演(Mrs._Jackson 役)

「ミネソタの娘」「美しき被告」のロレッタ・ヤング、「恋文騒動」「我等の町」のウィリアム・ホールデン、「追跡(1947)」のロバート・ミッチャムが主演する映画で、ハワード・ファストの原作をウォルド・ソルトが脚色し、俳優から監督に転じたノーマン・フォスターが監督に当たり、モーリー・ガーツマンが撮影した1948年作品。助演は子役ゲイリー・グレイ「接吻売ります」のトム・タリー、「緑のそよ風」のセーラ・ヘイドン。

監督
ノーマン・フォスター
出演キャスト
ロレッタ・ヤング ウィリアム・ホールデン ロバート・ミッチャム ゲイリー・グレイ

青春学園

  • 1950年1月31日(火)公開
  • 出演(Aunt_Milly 役)

「二人の青春」と同じくアンディ・ハーディ・シリーズの一環をなす映画で、1937年以来、すでに15本作られているがこれは14本目の1944年度作品である。「二人の青春」のミッキィ・ルーニィ、同じくルイス・ストーン、フェイ・ホールデンらが出演する。劇作家オーラニア・ルーヴェロールの筋より「二人の青春」のアグネス・クリスティン・ジョンストン、「隠れた眼」のハリィ・ラスキン「少年牧場」のウィリアム・ルドウィグの3人が協同でシナリオを書き「二人の青春」のジョージ・B・サイツが監督に当たり、同じくレスター・ホワイトが撮影に当たっている。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
ルイス・ストーン ミッキー・ルーニー フェイ・ホールデン セーラ・ヘイドン
1949年

二人の青春

  • 1949年4月公開
  • 出演(Aunt_Milly 役)

1938年の「ハーディ判事の子供等」を第一作とするアンディ・ハーディ・シリーズの1941年度の一作でオーラニア・ルーヴェロル原作の登場人物をかりて、多くのハーディ物を書いているアグネス・クリスティン・ジョンストンが脚本を書きおろし、ハーディ物監督として認められた故ジョージ・B・サイツが監督し「ブロードウェイ(1941)」のレスター・ホワイトが撮影したもの、出演者は「青春一座」「ブロードウェイ」のミッキー・ルーニー及びジュディ・ガーランド、その他ハーディ物の父母伯爵、愛人を持役とするルイス・ストーン、フェイ・ホールデン、セーラ・ヘイドン、アン・ルザーフォードに新人パトリシア・デーン等の顔ぶれである。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
ルイス・ストーン ミッキー・ルーニー ジュディ・ガーランド フェイ・ホールデン
1948年

悪漢バスコム

  • 1948年9月公開
  • 出演(Tillie_Lovejoy 役)

「悪漢の町」「バワリイ」のウォーレス・ビアリーと「緑のそよ風」「百万人の音楽」のマーガレット・オブライエンが主演する西部物。D・A・ロクスリーが書きおろしたストーリーをウィリアム・R・リップマンとグラント・ギャレットが脚色し、S・シルヴァン・サイモンが監督した。助演は「キャグニーの新聞記者」のマージョリー・メイン「ベニーの勲章」のG・J・キャロル・ナイシュ、「パーキントン夫人」の新人フランセル・ラファーティ、「荒野の決闘」のラッセル・シンプスン、マーシャル・トンプソン、ワーナー・アンダーソンその他で撮影はチャールズ・エドガー・シェーンバウムが監督した。1946年度作品

監督
S・シルヴァン・サイモン
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー マーガレット・オブライエン マージョリー・メイン J・キャロル・ナイシュ
1947年

桃色の店(街角)

  • 1947年8月公開
  • 出演(Flora 役)

「天使」「青髭八人目の妻」のエルンスト・ルビッチが製作、監督した映画で「お人好しの仙女」のマーガレット・サラヴァンが「わが家の楽園」のジェームズ・スチュアートと主演する。ニコラウス・ラスロ作の戯曲に基づいて「断崖」のサムソン・ラファエルソンが脚本を書いた者。助演は「お人好しの仙女」のフランク・モーガン、「三銃士(1939)」のジョセフ・シルドクラウト、「美人劇場」のフェリックス・フレサート、「緑のそよ風」のセーラ・ヘイドン等で、撮影は「征服」のウィリアム・ダニエルスが指揮している。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
マーガレット・サラヴァン ジェームズ・スチュアート フランク・モーガン ジョゼフ・シルドクラウト
1946年

迷へる天使

  • 1946年4月公開
  • 出演(Rhoda_Kitterick 役)

シャーリー・テンプル成人した後のハリウッドに子役として出現したマーガレット・オブライエンの主演映画で、相手役は「キティー・フォイル」「人間喜劇」に出演したジェームズ・クレイグ、「泥中の花」「人間喜劇」に出演したマーシャ・ハントである。脚本はイソベル・レナートが書きおろし、監督は新人ロイ・ローランドで、撮影はこれも新人のロバート・サーティースが担当した。

監督
ロイ・ローランド
出演キャスト
マーガレット・オブライエン ジェームズ・クレイグ マーシャ・ハント フィリップ・メリヴェール
1936年

五つ児王国

  • 1936年当年公開
  • 出演(Ellie 役)

「五ツ児誕生」の続編で、五つ児を始めジーン・ハーショルト、スリム・サマ・ヴィル、ドロシー・ピーターソン、ジョン・クェーレン等が再び出演し、「東への道」のロチェル・ハドソン、「結婚の夜」のヘレン・ヴィンソン、「丘の彼方へ」のロバート・ケント及びアラン・ダインハート、「二国旗の下に」のJ・エドワード・ブロムバーグ、「生活への道」のキャサリン・アレクサンダー「愛と光」のセーラ・ヘイドン等も出演する。原作はブルース・ゴールドで、「五ツ児誕生」「ロマンス乾杯」のソニア・レヴィーンが「テンプルの灯台守」「同福の神」に協力したグラディス・レーマン、サム・ヘルマンと共同脚色し、「愉快なリズム」「当り屋勘太」のノーマン・タウログが監督にあたり「五ツ児誕生」のダニエル・B・クラークが撮影した。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
スリム・サマーヴィル ジーン・ハーショルト ロチェル・ハドソン ヘレン・ヴィンソン

テンプルの燈台守

  • 1936年当年公開
  • 出演(Agatha_Morgan 役)

「テンプルの愛国者」「小連隊長」と同じくデイヴィッド・バトラーが監督したシャーリー・テンプル主演映画で、ローラ・E・リチャーズの原作を「懐かしのケンタッキイ(1935)」と同様サム・ヘルマンとグラディス・レーマンが共同脚色したもの。助演者は「小公子」のガイ・キッビー、「東への道」のスリム・サマーヴィル、「空飛ぶ音楽」のジューン・ラング、「踊るブロードウェイ」のバデー・エプセン、「ホワイト・パレード」のセイラ・ヘイドゥンおよびジェーン・ダーウェルその他で、撮影は「愛国者」「五ツ児誕生」のジョン・サイツの担当である。

監督
デイヴィッド・バトラー B・G・デシルヴァ
出演キャスト
シャーリー・テンプル ガイ・キッビー スリム・サマーヴィル ジューン・ラング
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > セーラ・ヘイドン