映画-Movie Walker > 人物を探す > ロジェ・ユベール

年代別 映画作品( 1927年 ~ 2005年 まで合計25映画作品)

2005年

天井桟敷の人々

  • 2005年1月15日(土)公開
  • 撮影

 名匠マルセル・カルネによるフランス映画の大作。19世紀半ばのパリの芝居小屋を舞台に、パントマイム役者バチストを囲む人々の波瀾万丈の人生を描く。とにかく素晴らしい名セリフの数々にご注目。

監督
マルセル・カルネ
出演キャスト
ピエール・ブラッスール レオン・ラリブ アルレッティ マルセル・エラン
1967年

いっちょう頂き

  • 1967年2月1日(水)公開
  • 撮影

フェリシアン・マルソーの舞台劇を原作にロベール・トマが脚色・監督した。撮影はロジェ・ユベール、音楽はレイモン・ル・セネシャルが担当。出演は「マンハッタンの哀愁」のアニー・ジラルド、「ハタリ!」のジェラール・ブラン、「スエーデンの城」のジャン・クロード・ブリアリのほかマリー・ベル、ベルナール・ブリエなど。製作はアンドレ・アキム。

監督
ロベール・トマ
出演キャスト
アニー・ジラルド マリー・ベル ジェラール・ブラン ベルナール・ブリエ
1963年

面の皮をはげ

  • 1963年4月19日(金)公開
  • 撮影

ポール・オリヴィエの脚本をレイモン・ラミが監督した唯一の作品。撮影は「ダイナマイト・ジャック」のロジェ・ユベール、音楽はモーリス・イヴァン。出演者は「現金に手を出すな」のジャン・ギャバン、「オルフェの遺言 -私に何故と問い給うな-」のダニエル・ジェラン、「フランス女性と恋愛」(独身女性)のマルティーヌ・キャロル、ジゼール・プレヴィルなど。

監督
レイモン・ラミ
出演キャスト
ジャン・ギャバン ダニエル・ジェラン マルティーヌ・キャロル ジゼール・プレヴィル
1962年

ダイナマイト・ジャック

  • 1962年11月23日(金)公開
  • 撮影

フェルナンデル二役のフランス製西部コメディ。ジャック・アリーの脚本をジャン・バスティアが監督。撮影はロジェ・ユベール、音楽はパスカル・バスティア。出演者は「牝牛と兵隊」のフェルナンデル、「地獄の炎」のアドリエン・コリ、エレオノラ・バルガスなど。製作はジャック・ポール・ベルトラン。

監督
ジャン・バスティア
出演キャスト
フェルナンデル エレオノラ・バルガス エイドリアン・コリ ジェス・ハーン
1961年

牝牛と兵隊

  • 1961年3月7日(火)公開
  • 撮影

ジャック・アントワーヌの実話を「艶ほくろ」のアンリ・ヴェルヌイユが監督した喜劇。脚色はヴェルヌイユとアンリ・ジャンソン、ジャン・マンスが共同で担当。撮影「私の体に悪魔がいる」のロジェ・ユベール、音楽をポール・デュランが担当。出演は「パリの休日」のフェルナンデル、「ベニスと月とあなた」のインゲ・シェーナー、ピエール・ルイ、リシャール・ビンクレール、アルベール・レミ、ルネ・アバールら。

監督
アンリ・ヴェルヌイユ
出演キャスト
フェルナンデル インゲ・シェーナー ピエール・ルイ リシャール・ビンクレール
1959年

私の体に悪魔がいる

  • 1959年9月1日(火)公開
  • 撮影

スペインのセヴィラを背景に、激しい男女の愛欲を描いたドラマ。ピエール・ルイスの原作『女と人形』をデュヴィヴィエ、マルセル・アシャール、アルベール・ヴァランタンが共同脚色し、「奥様にご用心」のジュリアン・デュヴィヴィエが監督、撮影は「殺人狂想曲」のロジェ・ユベール、音楽はジャン・ヴィーネとホセ・ロカの共同。バルドーの踊りの振付にカルドとレレ・ド・トリアナが協力している。出演は「可愛い悪魔」のブリジット・バルドー、スペインの二枚目スター・アントニオ・ヴィラール、他にジャック・モンクレール、ミシェル・ルウ、エスパニタ・コルテス、ダリオ・モレノ等。製作クリスチーヌ・グーズ・レナル。イーストマンカラー・ディアリスコープ。

監督
ジュリアン・デュヴィヴィエ
出演キャスト
ブリジット・バルドー アントニオ・ヴィラール ジャック・モンクレール ミシェル・ルウ
1958年

パリの休日

  • 1958年4月12日(土)公開
  • 撮影

ボブ・ホープのトルダ・プロの作品で、「殺人狂想曲」のフランス喜劇役者フェルナンデルと彼との顔合わせが見ものの一篇。監督も、ドイツの新鋭ゲルト・オスワルトが迎えられており、脚本は「国境の決戦」のディーン・リーズナーと、エドモンド・ベロイン。撮影は「殺人狂想曲」のロジェ・ユベール、音楽の作曲指揮をジョゼフ・J・レリイ。「すてきな気持」につぐホープと、フェルナンデルに共演するのは「のるかそるか」のアニタ・エクバーグと「野望に燃える男」のマーサ・ハイヤー。製作はボブ・ホープ自身。

監督
ゲルト・オスワルド
出演キャスト
ボブ・ホープ フェルナンデル アニタ・エクバーグ マーサ・ハイヤー
1957年

殺人狂想曲

  • 1957年8月24日(土)公開
  • 撮影

イギリスの中堅探偵小説作家ジェームズ・ハドリー・チェイスの原作を「殺意の瞬間(1956)」のジュリアン・デュヴィヴィエと「陽気なドン・カミロ」のルネ・バルジャヴェルが脚色、台詞を担当、デュヴィヴィエが監督したスリラー・コメディ。撮影監督は「過去をもつ愛情」のロジェ・ユベール、音楽は「乙女の館」のジョルジュ・ヴァン・パリス。主演は「八十日間世界一周」のフェルナンデル、「罪と罰(1956)」のベルナール・ブリエ、「男の争い」のクロード・シルヴァン。ほかにジュディット・マーグル、アルマンド・ナヴァル、エディット・ジョルジュらの新人女優。

監督
ジュリアン・デュヴィヴィエ
出演キャスト
フェルナンデル ベルナール・ブリエ クロード・シルヴァン ジーン・リゴー
1956年

過去をもつ愛情

  • 1956年11月14日(水)公開
  • 撮影

暗い過去のため、愛し合いつつも結ばれずに別れ去った若き男女の悲恋物語。仏の現代作家ジョゼフ・ケッセルの小説から、「夜は我がもの」のマルセル・リヴェが翻案、「女性の敵」のジャック・コンパネーズが脚色、「ヘッドライト」のアンリ・ヴェルヌイユが監督を夫々担当。台詞はマルク・ジルベール・ソーヴァジョン。撮影は「他国者は殺せ」のロジェ、ユベール、音楽はミシェル・ルグラン。出演者は「ヘッドライト」のフランソワーズ・アルヌール、「巴里野郎」のダニエル・ジェラン、「太陽に向って走れ」のトレヴァー・ハワード、他にマルセル・ダリオ、子役のジャック・ムウリエール(首輪のない犬)など。オリジナル版は123分。

監督
アンリ・ヴェルヌイユ
出演キャスト
フランソワーズ・アルヌール ダニエル・ジェラン トレヴァー・ハワード マルセル・ダリオ

他国者は殺せ

  • 1956年6月20日(水)公開
  • 撮影

かつてクレマンソー首相の秘書だったジャン・マルテの小説をルネ・バルジャヴェルが脚色、ロベール・ダレーンが監督。主演は「真夜中の愛情」のジャン・マレー、「現金に手を出すな」のデリア・スカラ、「文化果つるところ」のケリマといった顔ぶれで、仏、伊、ユーゴーの合作映画である。

監督
ロベール・ダレーン
出演キャスト
ジャン・マレー デリア・スカラ ケリマ マリー・ジョゼ・ダレーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロジェ・ユベール