映画-Movie Walker > 人物を探す > カレブ・デシャネル

年代別 映画作品( 1980年 ~ 2008年 まで合計18映画作品)

2008年

スパイダーウィックの謎

  • 2008年4月26日(土)
  • 撮影

森の奥の屋敷に隠された書物を発見したことから、少年少女の冒険が繰り広げられるファンタジー。「アーサーとミニモイの不思議な国」のフレディ・ハイモアが主人公を熱演。

監督
マーク・ウォーターズ
出演キャスト
フレディ・ハイモア サラ・ボルジャー メアリー=ルイーズ・パーカー ニック・ノルティ
2005年

ナショナル・トレジャー

  • 2005年3月19日(土)
  • 撮影

全米で大ヒットを記録したニコラス・ケイジ主演のアクション・アドベンチャー。太古の秘宝の謎を解き明かそうとする男女の命がけの冒険がノンストップで展開する。

監督
ジョン・タートルトーブ
出演キャスト
ニコラス・ケイジ ハーヴェイ・カイテル ジョン・ヴォイト ダイアン・クルーガー
2004年

パッション(2004)

  • 2004年5月1日(土)
  • 撮影

イエス・キリストの最後の12時間と復活を描く、俳優メル・ギブソンの監督作。衝撃的なシーンの連続や宗教論争の勃発などで、センセーションを巻き起こした話題作だ。

監督
メル・ギブソン
出演キャスト
ジム・カヴィーゼル モニカ・ベルッチ マヤ・モルゲンステルン セルジオ・ルビーニ

タイムライン

  • 2004年1月17日(土)
  • 撮影

「ジュラシック・パーク」の原作者、マイケル・クライトンの同名小説を映画化。現代から中世の世界に送り込まれた考古学者たちの冒険を、スリル満点に描くSFアドベンチャー。

監督
リチャード・ドナー
出演キャスト
ポール・ウォーカー フランシス・オコナー ジェラルド・バトラー ビリー・コノリー
2003年

ハンテッド

  • 2003年5月24日(土)
  • 撮影

新旧演技派コンビが火花を散らす、話題のアクション・サスペンス。特殊部隊の元教官と教え子の死闘を、鬼才ウィリアム・フリードキン監督がダイナミックかつスリリングに描く。

監督
ウィリアム・フリードキン
出演キャスト
トミー・リー・ジョーンズ ベニチオ・デル・トロ コニー・ニールセン レスリー・ステファンソン
2000年

パトリオット

  • 2000年9月23日(土)
  • 撮影

M・ギブソン主演による愛と感動の戦争アクション大作。家族を守るため、また国の自由を勝ち取るために参戦した勇気ある父親の姿をダイナミックな映像で描き出す。

監督
ローランド・エメリッヒ
出演キャスト
メル・ギブソン ヒース・レジャー ジョエリー・リチャードソン クリス・クーパー

アンナと王様

  • 2000年2月5日(土)
  • 撮影

アジアの王国を舞台に、国王と家庭教師をめぐるドラマを描いたロマンス。監督は「エバー・アフター」のアンディ・テナント。原作は19世紀の英国人女性、アンナ・レオノーウェンズの手記。脚本は「ダブル・インパクト」のスティーヴ・ミアーソンとピーター・クライクス。撮影は「メッセージ・イン・ア・ボトル」のカレブ・デシャネル。音楽は「娼婦ベロニカ」のジョージ・フェントン。美術は「オスカーとルシンダ」のルチアーナ・アリジ。編集は「エバー・アフター」のロジャー・ボンデリ。衣裳は「エバー・アフター」のジェニー・ビーヴァン。出演は「コンタクト」のジョディ・フォスター、「リプレイスメント・キラー」のチョウ・ユンファ、「ワイルド・ワイルド・ウエスト」のバイ・リン、「リプレイスメント・キラー」のランダル・ダク・キムほか。

監督
アンディ・テナント
出演キャスト
ジョディ・フォスター チョウ・ユンファ バイ・リン トム・フェルトン
1999年

メッセージ・イン・ア・ボトル

  • 1999年6月12日(土)
  • 撮影

浜辺に打ち上げられたメッセージ入りの瓶をある女性が拾ったことから始まる大人の悲恋物語。全米で170万部を売り上げた同名ベストセラー小説(ソニーマガジンズ刊)の映画化。監督は「男が女を愛する時」のルイス・マンドーキ。製作は「プラクティカル・マジック」のデニーズ・ディノーヴィ、本作で主演も務める「ポストマン」のケヴィン・コスナー、「真夏の出来事」のジム・ウィルソン。脚本は「フェノミナン」のジェラルド・ディペーコ。撮影は「微笑みをもう一度」のケレイブ・デイシャネル。音楽は「シティ・オブ・エンジェル」のガブリエル・ヤレド。編集は「大いなる遺産』のスティーヴン・ワイスバーグ。美術は「ゲーム」のジェフリー・ビークロフト。衣裳は「デビル」のバーニー・ポラック。共演は「シーズ・ソー・ラヴリー」のロビン・ライト・ペン、「ノーバディーズ・フール」のポール・ニューマン、「シン・レッド・ライン」のジョン・サヴェージ、『心理探偵フィッツ』のロビー・コルトレーンほか。

監督
ルイス・マンドーキ
出演キャスト
ケヴィン・コスナー ロビン・ライト ポール・ニューマン ジョン・サヴェージ

微笑みをもう一度

  • 1999年3月13日(土)
  • 撮影

幸せ一杯の日々から突如夫の浮気という挫折を味わい、故郷で人生を見つめ直すヒロインの姿を描くハートフル・ロマン。「あなたが寝てる間に…」「スピード2」のサンドラ・ブロックが製作総指揮をつとめ、スティーヴ・ロジャースのオリジナル脚本を監督に「ため息つかせて」のフォレスト・ウィテイカーを迎えて映画化。製作は「素晴らしき日」のリンダ・オブストで、共同製作総指揮も同作のメリー・マクラグレン。撮影は「あなたに降る夢」のカレブ・デシャネル。音楽は「狼たちの街」のデイヴ・グルーシン。美術は「フォーリング・ダウン」のラリー・フルトン。編集は「ため息つかせて」のリチャード・チュウ。衣裳は「素晴らしき日」のスージー・デサント。共演は「コピーキャット」のハリー・コニック・Jr.、「ミルドレッド」のジーナ・ローランズ、「素晴らしき日」のメイ・ホイットマン、「復讐の処刑コップ」『バッド・ムーン』(V)のマイケル・パレほか。「ライアー」のロザンナ・アークェットが特別出演。

監督
フォレスト・ウィテカー
出演キャスト
サンドラ・ブロック ハリー・コニック・ジュニア ジーナ・ローランズ メイ・ホットマン
1996年

グース

  • 1996年12月14日(土)
  • 撮影

実話に基づき、16羽の可愛いグース(カナダ)たちを連れて500 マイルの“渡り”に出た父娘の冒険の旅を描いたハートウォーミングな物語。カナダの彫刻家ビル・リッシュマンの同名の著書(邦訳・新潮社)を、「少年の黒い馬」「ネバー・クライ・ウルフ」と動物と人間の交流を描く手腕に定評のあるキャロル・バラードの監督で映画化。脚本はロバート・ロダットとヴィンス・マッキューイン、製作は「フランケンシュタイン」(94)のジョン・ヴィーチと「星に想いを」のキャロル・ボーム、エグゼクティヴ・プロデューサーも「星に想いを」のサンディ・ガリン。撮影は、監督とは「少年の黒い馬」以来のコンビとなる「ライトスタッフ」「チャンス」のカレブ・デシャネル、音楽は「ホーム・フォー・ザ・ホリデイ」のマーク・アイシャム、美術は「反撥」のシューマス・フラネリー、編集は「ドラキュラ」(93)のニコラス・C・スミス、衣裳は「13日の金曜日」シリーズのマリー・シルヴィー・デヴューが担当。主演は「ピアノ・レッスン」で弱冠11歳にしてアカデミー助演女優賞を受賞したアンナ・パキン、「スピード」のジェフ・ダニエルズ。共演は「トゥームストーン」のダナ・デラニーほか。

監督
キャロル・バラード
出演キャスト
ジェフ・ダニエルズ アンナ・パキン ダナ・デラニー テリー・キニー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
星屑の町
星屑の町

売れないムード歌謡コーラスグループの悲哀を描いた舞台「星屑の町」シリーズを映画化

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > カレブ・デシャネル