TOP > 人物を探す > ポーレット・デュボー

年代別 映画作品( 1926年 ~ 2011年 まで合計23映画作品)

2007年

明るい瞳

  • 2007年9月1日(土)
  • 出演(ル・シルル夫人 役)

社会になじめずに孤独だった女性が、優しい愛に触れ、成長する姿を描く感動作。仏映画界の新鋭監督がユーモアを交え、ヒロインの心の変化を繊細につづる。

監督
ジェローム・ボネル
出演キャスト
ナタリー・ブトゥフー マルク・シティ ジュディット・レミー ラルス・ルドルフ
2005年

オーギュスタン 恋々風塵

  • 2005年6月18日(土)
  • 出演(マダム・ハトン 役)

“仏版Mr.ビーン”と絶賛された、1995年の「おとぼけオーギュスタン」の続編。カンフースターを夢みる男と、マギー・チャン扮する美人鍼灸師の淡い恋模様が展開。

監督
アンヌ・フォンテーヌ
出演キャスト
ジャン・クレティアン・シベルタン・ブラン マギー・チャン ダリー・カウル ベルナール・カンパン
1990年

五月のミル

  • 1990年8月4日(土)
  • 出演(Madame Vieuzac 役)

1968年5月、フランスの田舎の家に集まってきたブルジョワ一家の数日間の騒動を描く人間ドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはヴァンサン・マル、製作はジェラール・モルト、監督・脚本は「さよなら子供たち」のルイ・マル、共同脚本はジャン・クロード・カリエール、撮影はレナート・ベルタ、音楽はステファン・グラッペリが担当。出演はミシェル・ピッコリ、ミュウ・ミュウほか。

監督
ルイ・マル
出演キャスト
ミシェル・ピッコリ ミュウ・ミュウ ミシェル・デュショソワ ドミニク・ブラン
1966年

ビバ!マリア

  • 1966年4月22日(金)
  • 出演(Madam Diogene 役)

「地下鉄のザジ」のルイ・マルが、ジャン・クロード・カリエールと共同でシナリオを執筆、自ら監督したアクション・コメディ。撮影は「シベールの日曜日」のアンリ・ドカエ、音楽は「軽蔑」のジョルジュ・ドルリューが担当した。出演は「軽蔑」のブリジット・バルドー、「小間使の日記」のジャンヌ・モロー、「偽りの心」のジョージ・ハミルトン、ほかにグレゴアール・フォン・レッツォリ、クラウディオ・ブルックなど。

監督
ルイ・マル
出演キャスト
ブリジット・バルドー ジャンヌ・モロー ジョージ・ハミルトン ポーレット・デュボー
1961年

やさしく激しく

  • 1961年3月4日(土)
  • 出演(Madame Lauriston 役)

山のホテルとスキー場を舞台にした恋愛ドラマ。監督は「フランス女性と恋愛」(少女期)のアンリ・ドコアン。アンリ・トロワイヤの原作をドコワンとミレーユ・ド・ティソが共同で脚色し、撮影は「いまだ見ぬ人」のピエール・プティ、音楽をジョルジュ・ヴァン・パリスが担当した。出演は「墓にツバをかけろ」のクリスチャン・マルカン。ほかに新進リュシル・サン・シモン、マリー・デア、ジャン・ウーベ、ピエール・ルイ、ジャクリーヌ・ウーリーら。製作ロジェ・ド・ブロワン。

監督
アンリ・ドコアン
出演キャスト
クリスチャン・マルカン リュシル・サン・シモン ジャン・ウーベ マリー・デア
1960年

熱い手

  • 1960年5月17日(火)
  • 出演(Mme Lacoste 役)

八月のパリに暮す人間達が織りなす皮肉なドラマを描くもの。俳優兼脚本家として著名なジェラール・ウーリーの第一回監督作品。彼自身と「忘れえぬ慕情」のジャン・シャルル・タケラ、「今晩おひま?」のジャン・クロード・ピションが脚本を書き、ウーリーとピションが台詞を書いた。撮影はアンドレ・ビラール。出演は「今晩おひま?」のジャック・シャリエ、新人マーシャ・メリル、「わらの男」のフランカ・ベットーヤのほか、ポーレット・デュボー、アルフレ・アダンら。製作レオン・カネル。

監督
ジェラール・ウーリー
出演キャスト
ジャック・シャリエ マーシャ・メリル フランカ・ベットーヤ ポーレット・デュボー
1959年

学生たちの道

  • 1959年12月1日(火)
  • 出演(Madame Michaud 役)

戦時中のパリの若い学生たちの生態と、父子の愛情を描いたドラマ。マルセル・エーメの原作を「禁じられた遊び」のコンビ、ジャン・オーランシュとピエール・ボストが脚色、「お嬢さん、お手やわらかに!」のミシェル・ボワロンが監督した。撮影は「モンパルナスの灯」のクリスチャン・マトラ、音楽はポール・ミスラキが担当。出演は「恋ひとすじに」のアラン・ドロン、「女猫」のフランソワーズ・アルヌール、「いとこ同志」のジャン・クロード・ブリアリ、他にサンドラ・ミーロ、リノ・ヴァンチュラ、アンドレ・ブールビル等。製作、ラルフ・ボーム。

監督
ミシェル・ボワロン
出演キャスト
フランソワーズ・アルヌール アラン・ドロン アンドレ・ブールビル リノ・ヴァンチュラ
1958年

制服の処女(1958)

  • 1958年11月22日(土)
  • 出演(Johanna Maid 役)

一九三一年、レオンティーヌ・ザガン女史監督によって製作され、日本にも公開された、クリスタ・ウィンスロー女史原作『制服の処女』の再映画化。今回は「ヨーロッパの何処かで」「女の獄舎」のゲザ・フォン・ラドヴァニが監督にあたった。脚色はF・D・アンダムとフランツ・ヘラーリング。撮影はウェルナー・クリーン。音楽はペーター・サンドロフ。主演は「モンパルナスの灯」のリリー・パルマー、「モンプチ わたしの可愛い人」の新人ロミー・シュナイダー。その他「戦場の叫び」のテレーズ・ギーゼ、ブランディン・エビンガー、アデルハイト・ブーゼ等が出演する。製作はヘルムート・ウンガーラント。

監督
ゲザ・フォン・ラドヴァニ
出演キャスト
リリー・パルマー ロミー・シュナイダー テレーズ・ギーゼ ブランディン・エビンガー

殺人鬼に罠をかけろ

  • 1958年7月26日(土)
  • 出演(Mauricett 役)

フランス探偵小説界で多くの読者をもち、我国にも愛読者の多いジョルジュ・シムノンの、メグレ探偵物の映画化。戦前のデュヴィヴィエ作品「モンパルナスの夜」でアリ・ボールが演じたメグレを、この作品では「赤い灯をつけるな」のジャン・ギャバンが演じる。監督は「ノートルダムのせむし男」のジャン・ドラノワ。ロドルフ・モーリス・アルローと「非情」のミシェル・オーディアール、ドラノア自身の共同脚色に、オーディアールが台詞を執筆し、「抵抗(レジスタンス) 死刑囚の手記より」のルイ・パージュが撮影した。音楽はポール・ミスラキ。他の出演者は「赤い灯をつけるな」のアニー・ジラルド、「夜の騎士道」のジャン・ドザイ、「愛の迷路」のオリヴィエ・ユスノ、ジャンヌ・ボワテル、リノ・ヴェンチュラ等。製作クロード・オースール。1986年4月12日からのリバイバル上映の際(「サン・フィアクル殺人事件」と同時上映)に邦題が「パリ連続殺人事件」と改題された。

監督
ジャン・ドラノワ
出演キャスト
ジャン・ギャバン アニー・ジラルド ジャン・ドザイ オリヴィエ・ユスノ
2011年

歴史は女で作られる デジタル・リマスター完全復元版

  • 2011年12月23日(金)
  • 出演(Josephine 役)

19世紀に実在した美貌の踊り子、ローラ・モンテスの恋のアヴァンチュールを描いたフランス映画伝説のクラシック。2009年シネマテーク・フランセーズの手により巨匠マックス・オフュルス監督の意図どおりに復元された世紀の名作が、デジタル・リマスター完全復元版として上映。

監督
マックス・オフュルス
出演キャスト
マルティーヌ・キャロル ピーター・ユスティノフ アントン・ウォルブルック イヴァン・デニ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/15更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ポーレット・デュボー

ムービーウォーカー 上へ戻る