映画-Movie Walker > 人物を探す > ララ・ウェンデル

年代別 映画作品( 1979年 ~ 1992年 まで合計9映画作品)

1992年

金曜日の別荘で

  • 1992年8月1日(土)公開
  • 出演(Luisa 役)

アルベルト・モラヴィアが、彼と彼の最初の妻エルサ・モランテ、そしてルキノ・ヴィスコンティの3人の関係をモデルに書いたと言われる、同名小説の映画化。監督は、「薔薇の貴婦人」のマウロ・ボロニーニ、製作はガリアーノ・ユーソ、脚本はセルジオ・バッジーニ、撮影は「太陽は夜も輝く」のジュゼッペ・ランチ、音楽は「バクジー」のエンニオ・モリコーネ、ジョアナ・パクラとジュリアン・サンズの衣裳をジョルジョ・アルマーニが担当。

監督
マウロ・ボロニーニ
出演キャスト
ジュリアン・サンズ ジョアナ・パクラ チェッキー・カリョ ララ・ウェンデル
1989年

キリング・バード

  • 1989年9月23日(土)公開
  • 出演(Anne 役)

野鳥研究家の過去の惨劇が原因となって、バードウォッチングにきた学生たちが森の洋館で恐怖の体験をするホラー映画。

監督
クロード・ミリケン
出演キャスト
ロバート・ヴォーン ティモシー・W・ウッツ ララ・ウェンデル
1988年

悪魔の教団 レッド・モンクス

  • 1988年公開
  • 出演(Ramona 役)

悪魔に魂を売り渡した人間同士が数百年の時を経て、中世の古城で死闘を繰り広げるスリラー・ホラー。監督作のほか製作総指揮作品が多数ある「サンゲリア」のルチオ・フルチが、製作総指揮とSFXを担当。ルチオ・フルチの門下生で、この作品が日本初登場となったジャンニ・マルトゥッチが監督。出演は、ララ・ウェンデル、舞台出身の二枚目俳優ジェラルド・アマトなど。

監督
ジャンニ・マルトゥッチ
出演キャスト
ジェラルド・アマト ララ・ウェンデル マリサ・ロンゴ クラウディオ・パシフィコ

インテルビスタ

  • 1988年6月23日(木)公開
  • 出演(La sposa 役)

50周年を迎えるイタリアの撮影所チネチッタを記念して、そこで新作映画を撮ろうとするフェリーニと、彼にインタビューする日本のテレビ局の取材班や、撮影所で働く俳優やスタッフの様子を描く。製作総指揮はピエトロ・ノタリアンニ、製作はイブラヒム・ムーサ。監督・脚本は「ジンジャーとフレッド」のフェデリコ・フェリーニ。共同脚本はジャンフランコ・アンジェルッチ、撮影は「薔薇の名前」のトニーノ・デリ・コリ、音楽は「ジンジャーとフレッド」のニコラ・ピオヴァーニが担当。なお音楽はニーノ・ロータに捧げられており、ロータの「白い酋長」「崖」「甘い生活」「フェリーニの道化師」の音楽が引用されている。編集はニーノ・バラーリ、美術・衣装は「ジンジャーとフレッド」のダニーロ・ドナーティが担当。出演はフェリーニ及び「黒い瞳(1987)」のマルチェロ・マストロヤンニ、「甘い生活」のアニタ・エクバーグが本人の役で登場するほか、セルジオ・ルビーニ、アントネラ・ポンツィアーニほか。カンヌ映画祭40周年記念特別賞、モスクワ映画祭グランプリ受賞。

監督
フェデリコ・フェリーニ
出演キャスト
フェデリコ・フェリーニ アニタ・エクバーグ マルチェロ・マストロヤンニ セルジオ・ルビーニ

デシデーリア=欲望

  • 1988年6月18日(土)公開
  • 出演(Desideria 役)

自分の出生の秘密を知った少女の変身を描く。アルベルト・モラヴィアの原作『深層生活』の映画化で、製作はフェデリーコ・スタラーチェ、監督・脚本はジャンニ・バルチェッローニ、共同脚本はエンツォ・ウンガリ、撮影はクラウディオ・チリロ、音楽はピノ・ドナジオが担当。出演はステファニア・サンドレッリ、ララ・ウェンデルほか。

監督
ジャンニ・バルチェッローニ
出演キャスト
ステファニア・サンドレッリ ララ・ウェンデル クラウス・レーヴィッチュ ヴィットリオ・メッゾジョルノ

ゴーストハウス(1987)

  • 1988年5月21日(土)公開
  • 出演

残酷シーンが連続するイタリア製ホラーの一本。

監督
ハンフリー・ハーバート
出演キャスト
ララ・ウェンデル グレッグ・スコット
1983年

シャドー(1982)

  • 1983年6月11日(土)公開
  • 出演(Maria 役)

ミステリー小説の作家が殺人事件にまき込まれ、犯人を探し出そうとするというスリラー。「インフェルノ」(80)のダリオ・アルジェントの原案に基づいて、彼とジョージ・ケンプが脚本を執筆。兄のクラウディオ・アルジェントが製作に当り、父のサルヴァトーレ・アルジェントがエグゼキュティヴ・プロデューサーをつとめている。撮影はルチアーノ・トヴォリ、音楽はシモネッティ・ピナネッリ・モランテが担当。出演はアンソニー・フランシオーサ、ジョン・サクソン、ジュリアーノ・ジェンマ、ダリア・ニコロディ、ジョン・スタイナーなど。イタリア原題は“Tenebrae”。

監督
ダリオ・アルジェント
出演キャスト
アンソニー・フランシオーサ ジョン・サクソン ジュリアーノ・ジェンマ ダリア・ニコロディ
1982年

エルネスト 美しき少年

  • 1982年5月22日(土)公開
  • 出演(Ilio/Rachell 役)

同性愛と異性愛の間で揺れ動く美しい少年エルネストの大人への自覚と階級意識ヘの目ざめを描く。製作総指揮はマルコ・タンブレラ、製作はシルヴィオ・クレメンテッリ、監督は「スキャンダル(1976)」のサルヴァトーレ・サンペリ。ウンベルト・サバの原作を基にバルバラ・アルベルティ、アメデオ・パガーニと監督のサンペリが脚色。撮影はカミロ・バッツオーニ、音楽はカルメロ・ベルナオーラ、美術はエジオ・アルティエリが各々担当。出演はマーティン・ハルム、ミケーレ・プラチド、ヴィルナ・リージ、トゥリ・フェロー、ララ・ウェンデル、レナート・サルヴァトーリ、コンチータ・ベラスコなど。

監督
サルヴァトーレ・サンペリ
出演キャスト
マーティン・ハルム ララ・ウェンデル ヴィルナ・リージ ミケーレ・プラチド
1979年

思春の森

  • 1979年2月10日(土)公開
  • 出演(Laura 役)

森の中でひと夏を過ごす、少年と2人の少女との間にくり広げられる、思春期における恋を描く。製作はフランコ・カンチェリエーリ、監督・脚本はピエル・ジュゼッペ・ムルジア、撮影はエリアス・ロター・スティッケルブルックス、音楽はピッポ・カルーソが各々担当。出演はララ・ウェンデル、マルティン・レーブ、エヴァ・イオネスコなど。

監督
ピエル・ジュゼッペ・ムルジア
出演キャスト
ララ・ウェンデル マルティン・レーブ エヴァ・イオネスコ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ララ・ウェンデル