映画-Movie Walker > 人物を探す > チャーリー・チャン

年代別 映画作品( 1974年 ~ 2013年 まで合計7映画作品)

2013年

燃えよ!じじぃドラゴン 龍虎激闘

  • 2013年1月5日(土)公開
  • 出演

1970年代にブームを巻き起こしたクンフー映画のスターたちが、60代に差し掛かり、再び顔を揃えて大暴れするアクション・コメディ。出演は「帰って来たドラゴン」のブルース・リャン、「嵐を呼ぶドラゴン」のチェン・クァンタイ、「残酷復讐拳」のロー・マン、「怒れ!タイガー/必殺空手拳」のチャーリー・チャン。

監督
デレク・クォック クレメント・チェン
出演キャスト
ブルース・リャン チェン・クァンタイ ロー・マン チャーリー・チャン
1994年

仁義なき抗争

  • 1994年10月22日(土)公開
  • 監督、出演(プー 役)

「暗黒英雄伝」ほか日本でも公開作品が目白押しのアンディ・ラウ関係作品の1編。最近アジアへの進出が噂される日本のヤクザと香港映画おなじみの黒社会の物語を組み合わせた香港ノワールである。主演はアンディ・ラウではなく、監督もつとめているチャーリー・チャン、アレックス・マンの2人の人気中年俳優で、アンディはもっぱら狂言回し的な役どころである。共演は「九龍帝王 ゴッド・オブ・クーロン」のン・マンタッ、「ゴッド・ギャンブラー」のセン・フイオン、レジーナ・ケント、スーザン・シウら。またプロデューサーとして知られるアラン・タンが友情出演している。

監督
チャーリー・チャン
出演キャスト
アンディ・ラウ アレックス・マン チャーリー・チャン レリー・ユー
1990年

スパイゲーム(1990)

  • 1990年9月8日(土)公開
  • 出演(ラウ警部 役)

ほんのジョークから発展したスパイ騒動に巻き込まれるヒロインとその仲間の活躍を描く。脚本・監督は香港の新人デビット・ウー。共同脚本はラム・ケイ・トとラウ・タイ・モクと岡田恵和。総監修は「上海ブルース」のツイ・ハーク。撮影はアーディ・ラムがそれぞれ担当。日本=香港合作。

監督
デビット・ウー
出演キャスト
泉本教子 ケニー・ビー 時任三郎 ジョイ・ウォン

黒社会

  • 1990年6月23日(土)公開
  • 出演(Shing 役)

組織の頂点に立ったことから血で血を洗う抗争に巻き込まれてゆく男の姿を描いた香港ノワール。製作はチェン・クェン、監督は「愛と復讐の挽歌」のテイラー・ウォン、脚本はナム・ヤン、撮影は邸禮涛、音楽はロー・ターヨウが担当。出演はチョウ・ユンファ、ロイ・チュンほか。

監督
テイラー・ウォン
出演キャスト
チョウ・ユンファ ロイ・チョン チャーリー・チャン F. O. Shing
1983年

チャイナスキャンダル 艶舞

  • 1983年10月28日(金)公開
  • 出演(程斌 役)

香港に招待された日本人の人気歌手が、現地財界人の罠にはまり、好色の餌食にされる姿を描く。N・C・Pと香港の合作によるもので、原作、脚本は陳裕久、監督は「女囚・檻」の小原宏裕と黎大火韋の共同、撮影はボブ・トンプソンがそれぞれ担当。

監督
小原宏裕 デヴィッド・ライ
出演キャスト
新藤恵美 小田かおる チャーリー・チャン 曽江
1982年

ドラゴンロード

  • 1982年4月10日(土)公開
  • 出演(Secret Agent 役)

武道を修業中の若者が悪の軍団を相手に活躍する姿を描くアクションもの。製作は「キャノンボール」のレイモンド・チョウ、監督・脚本・主演・武術指導はジャッキー・チェンが当たっている。撮影はチェン・チン・チェー、音楽はフィリップ・チャンが担当。出演はジャッキーの他に、チャーリー・チャン(陳恵敏)、シドニー(雪梨)、ウォン・イン・シック(黄仁植)など。香港でのタイトルは「龍少爺」。

監督
ジャッキー・チェン
出演キャスト
ジャッキー・チェン シドニー For Sing ウォン・イン・シック
1974年

空手ヘラクレス

  • 1974年12月7日(土)公開
  • 出演(Shen Wei Ta 役)

港の利権をめぐって対立する労働者と悪徳ボスの戦いを描く空手映画。製作はピーター・プーン、監督はチョイ・タクが担当。出演は「燃えよドラゴン」のヤン・スエ、チャーリー・チャン、チャン・ファンなど。

監督
チョイ・タク
出演キャスト
ヤン・スエ チャーリー・チャン チャン・ファン Fang Yeh
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャーリー・チャン