映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・クランドール

年代別 映画作品( 1929年 ~ 1932年 まで合計3映画作品)

1932年

ダンス・チーム

  • 1932年当年公開
  • 出演(Fred_Penworthy 役)

「バッド・ガール」と同様ジェームズ・ダンとサリー・アイラースとが共演する映画で原作はサラア・アィトン筆になる小説、それを「バッド・ガール」「再生の港」のエドウィン・バークが脚色し、「影を持つ女」「娘三人記」のシドニー・ランフィールドが監督 した。助演者の顔ぶれは「マダム行状記」「バッド・ガール」のミナ・ゴンベル、エドワード・クランドール、「罪は若きにあり」「シスコ・キッド(1931)」のノラ・レーン、ラルフ・モーガン、ハリー・ベレスフォード等でカメラは「脱走兵」「貞操切符」のジェームズ・ウォン・ホウが担当。

監督
シドニー・ランフィールド
出演キャスト
ジェームズ・ダン サリー・アイラース ミナ・ゴンベル エドワード・クランドール
1931年

オーバー・ザ・ヒル

  • 1931年当年公開
  • 出演(Thornas_Shelby 役)

甞てサイレント時代に映画化されたウィル・カールトンの詩をトーキー化したもので脚色は「女性に捧ぐ」「我が心の歌(1930)」のトム・バリーと「肉と霊」「春を讃えよ」のジュールス・ファースマンの二人が当たり、監督は「春を讃えよ」のヘンリー・キングが受け持った。出演者の主なる顔ぶれは昔鳴らしたメイ・マーシュを始め、「悪魔の日曜日」のジェームズ・カークウッド、「バッド・ガール」のジェームズ・ダン、「モダーン西部王」「バッド・ガール」のサリー・アイラース、エドワード・クランドール、オーリン・ハウランド、「乗合馬車」のジョーン・ピアース、クレア・メイナードなどでカメラは「女性に捧ぐ」「春を讃えよ」のジョン・サイツ担当。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
メエ・マーシュ ジェームズ・カークウッド ジェームズ・ダン サリー・アイラース
1929年

アメリカ娘に栄光あれ

  • 1929年当年公開
  • 出演(Buddy 役)

米国第一のレヴュー演出者たるフローレンツ・ジーグフェルド氏が自ら総指揮して、パラマンウント社東部撮影所で製作された100パーセント・レヴュー・トーキーで、ジェー・ピー・マッケヴォイ氏とミラード・ウェップ氏が原作を書き、ウェップ氏が台本及び台詞を執筆し、「海の野獣」「最後の一蹴」と同じくウェップ氏が監督したものである。但しレヴュー場面はジーグフェルド座の舞台監督ジョン・ハークライダー氏が自ら演出にあたり、舞踊振付はテッド・ショーン氏が担任している。キャメラは「手紙」「ココナッツ」のジョージ・フォルシー氏が担当した。主役はヂークフェルト座のスターで「ココナッツ」に出演したメアリー・イートン嬢が勤めエドワード・クランドール氏、オリーヴ・シー嬢、ダン・ヒーリー氏等が助演しているほか、レヴュー場面にはエディ・キャンター氏、ヘレン・モーガン嬢、ルディ・ヴァリー氏等のブロードウェイの花形が特別出演している。

出演キャスト
メアリー・イートン エドワード・クランドール オリーヴ・シー ダン・ヒーリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エドワード・クランドール