映画-Movie Walker > 人物を探す > アリス・ホワイト

年代別 映画作品( 1927年 ~ 1935年 まで合計23映画作品)

1935年

コロナアド

  • 1935年当年公開
  • 出演(Violet 役)

「薔薇はなぜ紅い」「学生怪死事件」に端役を勤めた新人ジョニー・ダウンスが主役を演じる映画で、新進ベティー・バーゲス、「めりけん音頭」「迷優ナポレオン」のジャック・ヘイリーが共演する。監督は「珍芸騒動」「南瓜大当たり」のノーマン・Z・マクロードで、原作はドン・ハートマンとブライアン・フッカーの共作、脚色はハートマンと「ロイドの牛乳屋」のフランク・バトラーとが協力した。助演の面々は、「恋と胃袋」のレオン・エロール「東への道」のアンディー・ディヴァイン、「歓呼の夜」のアリス・ホワイト、「オペラ・ハット」のジェームズン・トーマスおよびエディー・デューチンと彼の管弦団である。撮影は「珍芸騒動」のギルバート・ウォーレントンンの担任。

監督
ノーマン・Z・マクロード
出演キャスト
ジョニー・ダウンス バティー・バーゲス ジャック・ヘイリー アンディ・デヴァイン

スイート・ミュージック

  • 1935年当年公開
  • 出演(Lulu_Betts 役)

「乾杯の唄」主演のルディ・ヴァリーが主役を演じる音楽映画で、相手役は「Gメン」「生活と恋愛」のアン・ヴォーザークが勤める。監督は「生活と恋愛」「紅唇罪あり」のアルフレッド・E・グリーンで、脚本は「流行の王様」のカール・エリクソン、「運ちゃん武勇伝」のウォーレン・ダフ及びジェリー・ウォルドが共同して書き下ろしたもの。助演は「彼の第六感」「虹の都へ」のネッド・スパークスを始め、「Gメン」のロバート・アームストロング、「運ちゃん武勇伝」のアレン・ジェンキンス、「豪華船」のアリス・ホワイトその他で、撮影は「生活と恋愛」「電話新選組」のジェームズ・ヴァン・ツリースの担当。なお「ボクは芸人」のヘレン・モーガン、ルディ・ヴァリーのコネチカット・ヤンキース管弦団、フランク・アンド・ミルト・プリトン管弦団が特別出演して各特色を発揮している。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
ルディ・ヴァリー アン・ヴォーザーク ネッド・スパークス ヘレン・モーガン
1934年

紐育-桑港

  • 1934年当年公開
  • 出演(May 役)

「恋に賭けるな」「あめりか祭」のルー・エイヤースが主演する映画で、スタンリー・ローの原作を「選手権目指して」のエルマー・ハリスが脚色し、短編喜劇監督だったエドワード・バゼルが監督にあたり、「全米軍」のジョージ・ロビンソンが撮影した米大陸横断乗合自動車を舞台とする映画である。エイヤースを助けてミュージカル・コメディー出身のジューン・ナイト、「豪華船」「駄々っ子キャグニー」のアリス・ホワイト、「殺人魔の魂」「アメリカの暴露」のアラン・ダインハート、「山に住む女」のミナ・ゴンベルル及びユージーン・ボーレット、「空中幽霊」のヒュー・エンフィールド、ロバート・マクウェード、アーサー・ヴィントン等が出演している。

監督
エドワード・バゼル
出演キャスト
ルー・エイヤース ジューン・ナイト アリス・ホワイト アラン・ダインハート

偽者紳士

  • 1934年当年公開
  • 出演(Mabel 役)

「無限の青空」「彼女の男」のジェームズ・キャグニーと札つき女」「化石の森」のベティ・デイヴィスが主演する映画で、レヤード・ドイルとレイ・ナザロとが共同執筆し、バートラム・ミルハウザーが脚色し、「進め龍騎兵」「黒地獄」のマイケル・カーティスが監督に当たり、「ブラウンの爆裂珍艦隊」のアイラ・モーガンが撮影した。助演者は「スウィート・ミュージック」のアリス・ホワイト、「札つき女」のアレン・ジェンキンス及びメイヨ・メソット、「ケンネル殺人事件」のアーサー・ホール、「五十六番街の家」のフィリップ・リード、「ダンテの地獄篇(1935)」のアラン・ダインハート等。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー ベティ・デイヴィス アリス・ホワイト アレン・ジェンキンス
1933年

豪華船

  • 1933年当年公開
  • 出演(Milli 役)

「借りた人生」「青春の幻想」のロタール・メンデスが監督した映画で、ジナ・カウス作の小説に基づいて「お気に召すまま(1932)」「インスピレーション」のジーン・マーキーが脚色したもの。キャメラは「極楽特急」「君とひととき」のヴィクター・ミルナーがクランクした。出演者は「母」「女探偵長」のジョージ・プレント、「虎鮫」「ミイラ再生」のジタ・ジョハン、「二秒間」「明暗二人女」のヴィヴィエン・オスボーン、「ハリウッド盛衰記」「摩天楼の銃撃」以後スクリーンを退いていたアリス・ホワイト、「摩天楼の狼」のヴェリー・ティーズデール、「極楽特急」「今晩愛して頂戴ナ」のC・オーブリー・スミス、「千万ドルの醜聞」のビリー・ビーヴァン等である。

監督
ロウター・メンディス
出演キャスト
ジョージ・ブレント ジタ・ジョハン ヴィヴィエン・オスボーン アリス・ホワイト

駄々っ子キャグニイ

  • 1933年当年公開
  • 出演(Allison 役)

「拳闘のキャグネー」「群集の喚呼」のジェームズ・キャグニイが主演する映画で、ダニー・エハーンの原作に基づいて「拳骨大売出し」「爆走する悪魔」のアレン・リヴキン、P・J・ウルフソンの2人組が脚色し、「四十二番街」「劇場王ブラウン」のロイド・ベーコンが監督に当たり、カメラは「四十二番街」「仮面の米国」のソル・ポリートの担任。助演者は「たそがれの女」「大空の闘士」のラルフ・ベラミー、1933年度のワンパス・ベビイ・スターの1人パトリシア・エリス、「豪華船」のアリス・ホワイト、「ブロンド・ヴィナス」のロバート・エメット・オコナー、「拳闘のキャグネー」のラルフ・ハロルド等である。

監督
ロイド・ベーコン
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー ラルフ・ベラミー パトリシア・エリス アリス・ホワイト

肉弾の男

  • 1933年当年公開
  • 出演(Evelyn 役)

「明日は晴れ」「青空恋をのせて」のチェスター・モリスが主演する映画で、ウィリアム・アンソニー・マクガイアの原作を作者自らジャック・ソネドル及びスコット・ペンブロークと共同して脚色し、「ビック・ケージ」のカート・ニューマンが監督にあたり、撮影には「鉄血士官校」のチャールズ・ステューマーが任じている。相手役は「青春罪あり」「地方検事」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ、「駄々っこキャグニー」「豪華船」のアリス・ホワイトが勤め、「肉体」のジョン・ミルジャン、「四十二番街」のジョージ・E・ストーン、「裏町」のジョージ・ミーカー、「心の青空」のグランド・ミッチェル、「怪特急列車」のフランク・アルバートソン、「一千万ドルの醜聞」のウォーレン・ハイマーなどが助演している。

監督
カート・ニューマン
出演キャスト
チェスター・モリス ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ アリス・ホワイト ジョン・ミルジャン
1930年

高速度娘恋愛合戦

  • 1930年当年公開
  • 出演(Sheba_Miller 役)

「高速度尖端娘」に次ぐアリス・ホワイト嬢の主演映画でフランセス・ノードストローム女史及びヴィニャ・デルマー女史の原作から「激流恋をのせて」「某重大事件」のハーヴェイ・シュウ氏が脚色し「万事圓満」「レヴュー時代」のマーヴィン・ルロイ氏が監督した。主演者の他に「男女の戦」「鉄假面」のウィリアム・ベイクウェル氏、「愛すればこそ(1929)」「女性の罠」のチェスター・モリス氏、「ラグビー時代」「レヴュー時代」のマリオン・バイロン嬢、リチャード・カーライル氏、モーリス・ブラック氏、ライオネル・ベルモア氏等が助演。キャメラは「魔の海」「巴里(1929)」のソル・ポリート氏が担任。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
アリス・ホワイト チェスター・モリス ウィリアム・ベイクウェル リチャード・カーライル

ハリウッド盛衰記

  • 1930年当年公開
  • 出演(Dixie_Dugan 役)

アリス・ホワイト嬢の第1回主演映画「高速度娘」の続編でJ・P・マッケヴォイ氏が特にホワイト嬢のために執筆した物語を「アンクル・トムス・ケヴィン」「恋のサーカス」のハーヴェイ・シュウ氏がジェームズ・A・スター氏と共同して脚色し、「レヴュー時代」「高速度娘恋愛合戦」のマーヴィン・ルロイ氏が監督し、「レヴュー時代」「愛欲の人魚」のソル・ポリート氏が撮影した。相手役は「闇の巷」「歓楽地帯」のジャック・マルホール氏が勤め、「外交」「世界の寵児」のブランシュ・スウィート嬢、「恋の花園」「紳士は金髪がお好き(1928)」のフォード・スターリング氏、ヴァージニア・セールル嬢、ジョン・ミルジャン氏等が助演している。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
アリス・ホワイト ジャック・マルホール ブランシュ・スウィート フォード・スターリング

摩天街の銃声

  • 1930年当年公開
  • 出演(Goldie 役)

「ハリウッド盛衰記」「高速度娘恋愛合戦」と同じくアリス・ホワイト主演映画で、アール・ボールドウィンが自身執筆のストーリーから脚色及び、台詞を書き、「ラグビー時代」「僕の幸運日」のエドワード・クライン、デイヴィッド・マナース、「ハバナから来た女」「ブロードウェイ・メロディー」のケニス・トンプソン、「高速度尖端娘」のリタ・フリン、「ブロードウェイ黄金時代」「歓楽地帯」のリー・モーラン、「青春の幻想」のリチャード・クレイマー、「サンダーボルト(1929)」「暗黒街のローマンス」のロバート・エリオット、その他が助演、カメラは「君よ知るやわが悩み」「恋の走馬燈」のシド・ヒッコックスがクランクしている。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
アリス・ホワイト デイヴィッド・マナース ケネス・トンプソン リタ・フリン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アリス・ホワイト