映画-Movie Walker > 人物を探す > アントニーナ・シュラーノワ

年代別 映画作品( 1966年 ~ 1980年 まで合計5映画作品)

1980年

機械じかけのピアノのための未完成の戯曲

  • 1980年12月20日(土)公開
  • 出演(Anna 役)

19世紀末期のロシアを舞台に、退廃した空気の中の貴族の田園生活を描く。監督はニキータ・ミハルコフ。アントン・チェーホフの戯曲と数編の短編を基にアレクサンドル・アダバシャンとニキータ・ミハルコフが脚色。撮影はパーヴェル・レベシェフ、音楽はエドゥアルド・アルテミエフ、美術はアレクサンドル・アダバシャンとアレクサンドル・サムレキンが各々担当。出演はアントニーナ・シュラーノワ、ユーリー・ボガトィリョフ、エレーナ・ソロヴェイ、アレクサンドル・カリャーギンなど。

監督
ニキータ・ミハルコフ
出演キャスト
アントニーナ・シュラーノワ ユーリー・ボガトィリョフ エレーナ・ソロヴェイ アレクサンドル・カリャーギン
1975年

真夜中の救急車

  • 1975年6月24日(火)公開
  • 出演(Lida 役)

救急車に乗り合わせている四人を主人公に、かれらの平凡だが緊張した一夜の仕事を追いながら、現代ソビエト人の様々な生活模様を描く。監督はアジダル・イブラギモフ、脚本はウラジミール・クーニンとセミョン・ラスギン、撮影はマルガリータ・ピリーヒナ、音楽はアリフ・メリコフが各々担当。出演はゲオルギー・タラトルキン、アントニーナ・シュラーノワ、エカテリーナ・マルコワ、アナトリー・パパーノフなど。

監督
アジダル・イブラギモフ
出演キャスト
アントニーナ・シュラーノワ エカテリーナ・マルコワ アナトリー・パパーノフ ゲオルギー・タラトルキン
1970年

チャイコフスキー

  • 1970年12月12日公開
  • 出演(Von_Meck 役)

ロシアの大地が生んだ偉大な作曲家チャイコフスキーの愛と苦悩を掘りさげる感動の人間ドラマであり、ソビエトのベストメンバーをよりすぐった名演奏による不滅のメロディが奏でられる音楽映画。総指揮・音楽監督を「ハイヌーン」「アラモ」「OK牧場の決闘」のメロディで名高いディミトリ・ティオムキン、監督・脚本はイーゴリ・タランキン、撮影はおそく世界にただ一人の女性撮影監督であろう、マルガリータ・ピリーヒナ、ほかに来日したボリショイ・オペラ、ボリショイ・バレエのメンバー、レニングラード管弦楽団、ボリショイ劇場管弦楽団、至宝ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー等々ソビエト音楽界のベストメンバーが演奏・出演している。出演は「ハムレット(1964)」のインノケンティ・スモクトゥノフスキー、「戦争と平和」のアントニーナ・シュラーノワ、世界バレエ界のプリマ・バレリーナのマイヤ・プリセツカヤ、「戦争と平和」のウラジスラフ・ストルジェリチクなど。カラー、七〇ミリ。

監督
イーゴリ・タランキン
出演キャスト
Leningrad Philharmonic Orchestra Bolishoi Theater Symphony Orchestra Artists of Bolishoi Ballet & Nemirovich Danchenko Theater インノケンティ・スモクトゥノフスキー
1967年

戦争と平和(完結篇)

  • 1967年11月23日公開
  • 出演(Maria 役)

レオ・N・トルストイの原作を、セルゲイ・ボンダルチュクとワシーリー・ソロビヨフが共同脚色、ボンダルチュクが総製作・監督にあたった文芸篇。なおボンダルチュクはナレーター、ピエール役をもつとめている。撮影はアナトリー・ペトリツキー、音楽はビャチェスラフ・オフチンニコフが担当した。美術監督はミハイル・ボグダノフとゲンナジー・ミャスニコフ、装置はシメン・バリューシェクとサイド・メニャリシチコフ、音響はユーリ・ミハイロフとイーゴリ・ウルバンツェフが担当した。なお戦闘シーンの演出はアレクサンドル・シェレンコフとチェン・ユ・ラン。出演はボンダルチュクのほかに、リュドミラ・サベーリエワ、ヴァチェスラフ・チーホノフ、ヴィクトル・スタニツィンなど。製作担当はヴィクトル・ツィルギラーゼとニコライ・イワーノフ。イーストマンカラー、70ミリ。

監督
セルゲイ・ボンダルチュク
出演キャスト
セルゲイ・ボンダルチュク リュドミラ・サベーリエワ ヴァチェスラフ・チーホノフ ヴィクトル・スタニツィン
1966年

戦争と平和(第一部)

  • 1966年7月23日公開
  • 出演(Maria 役)

レオ・N・トルストイの原作を、セルゲイ・ボンダルチュクとワシーリー・ソロビヨフが共同で脚色、ボンダルチュクが製作・監督・ナレーションを担当し、自らピエールに扮し出演もしている文芸篇。製作補佐はニコライ・イワーノフ。撮影はアナトリー・ペトリツキー、作曲・指揮はビャチェスラフ・オフチンニコフ、演奏はモスクワ・フィル。美術監督はミハイル・ボグダノフとゲンナジー・ミャスニコフ、戦闘場面の演出はアレクサンドル・シェレンコフと、チェン・ユ・ラン。出演はボンダルチュクのほかに新人リュドミラ・サベーリエワ、モスクワ芸術座のヴァチェスラフ・チーホノフ、「ハムレット(1964)」のアナスタシア・ヴェルチンスカヤほか。アグファカラー・70ミリ。

監督
セルゲイ・ボンダルチュク
出演キャスト
リュドミラ・サベーリエワ セルゲイ・ボンダルチュク ヴァチェスラフ・チーホノフ ヴィクトル・スタニツィン
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アントニーナ・シュラーノワ

ムービーウォーカー 上へ戻る