映画-Movie Walker > 人物を探す > アントネラ・ルアルディ

年代別 映画作品( 1954年 ~ 2009年 まで合計18映画作品)

2009年

赤と黒 デジタルリマスター版

  • 2009年11月28日(土)公開
  • 出演(Mathilde de la Mole 役)

スタンダール(1783-1842)の著名な小説を「青い麦」のクロード・オータン・ララが監督するイーストマンカラー色彩の作品で、脚色台辞はやはり「青い麦」のコンビ、ジャン・オーランシュとピエール・ボストの二人が担当している。撮影は「外人部隊(1953)」のミシェル・ケルベ、音楽は「青い麦」のルネ・クロエレックである。出演者は「しのび逢い」のジェラール・フィリップ、「たそがれの女心」のダニエル・ダリュー以下、「愛すべき御婦人たち」のアントネッラ・ルアルディ、「裁きは終わりぬ」のアントワーヌ・バルペトレ、「北ホテル」のアンドレ・ブリュノ、ジャック・クランシーらが出演する。2009年にジェラール・フィリップの没後50周年記念として、未公開シーン7分を含む完全版が制作された。デジタルリマスター版。

監督
クロード・オータン・ララ
出演キャスト
ダニエル・ダリュー ジェラール・フィリップ アントネラ・ルアルディ アントワーヌ・バルペトレ
1987年

心の棘

  • 1987年12月5日(土)公開
  • 出演

イタリアの地方都市を舞台に謎の魅力をもった娘に恋した青年の姿を描く。製作はアキーレ・マンゾッティ、監督・脚本はアルベルト・ラットゥアーダ。共同脚本はフランコ・フェリーニ、エンリコ・オルドイーニ、原作はピエトロ・キアーラ、撮影はルイジ・クヴェイレル、音楽はアルマンド・トロバヨーリが担当。出演はアントニー・ドロン、ソフィー・ドゥエスほか。

監督
アルベルト・ラットゥアーダ
出演キャスト
アントニー・ドロン ソフィー・ドゥエス アントネラ・ルアルディ レオナルド・トレヴィーリョ
1980年

エデンの園

  • 1980年12月13日(土)公開
  • 出演(Alessandra's Mother 役)

ローマの街中で知り合った若い男女が、ある海岸で二人だけの愛を完成させる姿を描くラブ・ストーリー。製作は「エーゲ海に捧ぐ」を製作した熊田朝男、監督は「曽根崎心中」の増村保造、脚本はレロス・ピットーニと増村保造、撮影はマリオ・ヴルピアーニ、音楽はステルヴィオ・チプリアーニ、美術はエンリコ・フィオレンティーニが各々担当。出演はロニー・バレンテ、レオノーラ・ファニ、アンジェラ・グッドウィン、マッシモ・セラート、アントネラ・ルアルディ、マッシモ・リナルディなど。

監督
増村保造
出演キャスト
ロニー・バレンテ レオノーラ・ファニ アンジェラ・グッドウィン マッシモ・セラート
1965年

タイタンの逆襲(1962)

  • 1965年11月公開
  • 出演(Hermione 役)

ギリシャ神話から、エンニオ・デ・コンチーニとドゥッチョ・テッサリが共同で脚色、ドゥッチョ・テッサリ(アメリカのベテラン監督が契約の関係上別名を使ったといわれる)が監督した歴史アクション。撮影はジョルジョ・クリスタリーニ、音楽はカルロ・ルスティケリが担当した。出演は「007/危機一発」のペドロ・アルメンダリス(この映画出演直後ピストル自殺)、「鉄腕マチステ」のジュリアーノ・ジェンマ、「三月生れ」のジャクリーヌ・ササール、ほかにアントネラ・ルアルディ、ジェラール・セティなど。

監督
ドゥッチョ・テッサリ
出演キャスト
ペドロ・アルメンダリス ジャクリーヌ・ササール アントネラ・ルアルディ ジュリアーノ・ジェンマ
1964年

濡れた夜

  • 1964年当年公開
  • 出演(Celena 役)

ジョルジョ・ステガーニ・カゾーラーティとジェン・ヨシポヴィッチの共同シナリオをアンブロジオ・モルテーニが監督したセクシー・スリラー。撮影は「可愛い悪女」のラファエル・マシオッチ、音楽はマルチェロ・デ・マルティーノが担当した。出演は「太陽の誘惑」のアントネラ・ルアルディ、「濡れた砂丘」のミシェル・ルモアヌ、「大城砦」のジョン・ドリュー・バリモア、「若者のすべて」のマリオ・ヴァルデマリンほか。

監督
アンブロジオ・モルテーニ
出演キャスト
アントネラ・ルアルディ ミシェル・ルモアヌ ジョン・ドリュー・バリモア マリオ・ヴァルデマリン

もしお許し願えれば 女について話しましょう

  • 1964年12月20日(日)公開
  • 出演(A Bride 役)

ルッジェーロ・マッカリと「三月生れ」のエットーレ・スコラが共同でシナリオを執筆、エットーレ・スコラが演出した艶笑譚。撮影はサンドロ・デヴァ、音楽は「昨日・今日・明日」のアルマンド・トロバヨーリが担当した。出演は「史上最大の喜劇 地上最笑の作戦」のヴィットリオ・ガスマン、「夏物語」のシルヴァ・コシナ、「太陽の誘惑」のアントネラ・ルアルディ、「ローマで夜だった」のジョヴァンナ・ラリ、「女の部屋」のエレオノーラ・ロッシ・ドラゴ、「危険なデイト」のジャンヌ・ヴァレリーなど。

監督
エットーレ・スコラ
出演キャスト
ヴィットリオ・ガスマン シルヴァ・コシナ エレオノーラ・ロッシ・ドラゴ アントネラ・ルアルディ
1963年

史上最大の喜劇 地上最笑の作戦

  • 1963年6月21日(金)公開
  • 出演

ジョルジョ・アルロリオ、ブルーノ・コルブッチ、ジョヴァンニ・グリマルディの三人が脚本を書き、新人のセルジオ・コルブッチが監督したドタバタ・コメディ。撮影はエンツォ・バルボーニ、音楽は「ビアンカ」のピエロ・ピッチオーニ。出演者はコメディアンのチッチョ・イングラッシアとフランコ・フランキ、「エヴァの匂い」のヴィルナ・リージ、その他ジャン・ポール・ベルモンド、スチュワート・グレンジャー、アントネラ・ルアルディなど。

監督
セルジオ・コルブッチ
出演キャスト
フランコ・フランキ チッチョ・イングラッシア ジャン・ポール・ベルモンド スチュワート・グレンジャー
1962年

蒙古の嵐

  • 1962年2月25日(日)公開
  • 出演(Amina 役)

十三世紀にヨーロッパを席捲した蒙古軍の脅威を背景にした歴史スペクタクル映画。監督は「赤い砦」のアンドレ・ド・トス。脚本はウーゴ・グエッラ、ルチアーノ・マルティーノ、オッタヴィオ・アレッシが共同で担当。撮影はアルド・ジョルダーニ。音楽は「人間と狼」のマリオ・ナシンベーネ。出演者はジャック・パランス、アニタ・エクバーグ、フランコ・シルヴァ、アントネラ・ルアルディ、ロルダーノ・ルピなど。

監督
アンドレ・ド・トス
出演キャスト
ジャック・パランス アニタ・エクバーグ フランコ・シルヴァ アントネラ・ルアルディ
1961年

太陽の誘惑(1960)

  • 1961年10月21日(土)公開
  • 出演(Elsa 役)

エンニオ・デ・コンチーニ、フランチェスコ・マゼリ、アジェオ・サヴィオーリ、アルベルト・モラヴィア共作の脚本をフランチェスコ・マゼリが監督した作品。撮影はジャンニ・ディ・ヴェナンツォ。音楽はジョヴァンニ・フスコ。出演しているのはクラウディア・カルディナーレ、ジェラール・ブランら。製作フランコ・クリスタルディ。

監督
フランチェスコ・マゼリ
出演キャスト
クラウディア・カルディナーレ ジェラール・ブラン Annamaria Ferrero ベッツィ・ブレア

歌え!太陽(1960)

  • 1961年5月27日(土)公開
  • 出演(Mirella 役)

コメディを得意とするマリオ・マットリ監督がヴィットリオ・メッツとロベルト・ジャンヴィティの共同シナリオを映画化した音楽ドラマ。撮影はロベルト・ジェラルディ。音楽担当はジャンニ・フェリオ。出演するのは「ヨーロッパの夜」のドメニコ・モドゥニョ、「二重の鍵」のアントネラ・ルアルディ、歌手のミーナなど。イーストマンカラー・トータルスコープ。

監督
マリオ・マットリ
出演キャスト
ドメニコ・モドゥニョ アントネラ・ルアルディ マリア・レテツィア・ガッツォニ リンダ・クリスチャン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アントネラ・ルアルディ