映画-Movie Walker > 人物を探す > スタニスワフ・ラドヴァン

年代別 映画作品( 1981年 ~ 2003年 まで合計3映画作品)

2003年

傷跡(1976)

  • 2003年3月8日(土)公開
  • 音楽

ポーランドが生んだ、今は亡き名匠クシシュトフ・キェシロフスキの長編劇場映画デビュー作。社会主義体制を背景に、労働者の理想を実現しようとする男の苦悩と挫折を描く社会派ドラマ。

監督
クシシュトフ・キェシロフスキ
出演キャスト
フランチシェク・ピェチカ マリューシュ・ドモホフスキー イェジー・スツール アニエシュカ・ホランド
1993年

婚礼

  • 1993年2月6日(土)公開
  • 音楽

一夜の婚礼の祝宴を舞台に、ポーランドの歴史を象徴的に描く人間ドラマ。監督は「コルチャック先生」のアンジェイ・ワイダ。製作はバルバラ・ペツ・シレシツカ。スタニスワフ・ヴィスピアンスキの同名の原作戯曲をもとに、アンジェイ・キヨフスキが脚色。ワイダ監督は舞台演出家としても知られているが、「婚礼」は現在もしばしば上演され、映画と共に代表作のひとつとなっている。撮影は「約束の土地」のヴィトルド・ソボチンスキ。音楽はワイダ作品の舞台の仕事が多く、九〇年の「ハムレット」日本公演にも参加したスタニスワフ・ラドヴァンが担当。主演は「白樺の林」などのワイダ監督作品の常連のひとりである、「ブリキの太鼓」のダニエル・オルブリフスキ。

監督
アンジェイ・ワイダ
出演キャスト
ダニエル・オルブリフスキ エヴァ・ジエンテク アンジェイ・ワピツキ フランチシェク・ピェチカ
1981年

変形された病院

  • 1981年10月2日(金)公開
  • 音楽

1930年代末期の都会から離れたある精神病院を舞台に医師や患者たちの異常な状況を新任医師の眼を通して描く。監督は「結晶の構造」の脚本を手がけたエドヴァルト・ジェブロフスキ。スタニスラフ・レムの原作を基にミハウ・コマルとエドヴァルト・ジェブロスキが脚色。撮影はヴィトルド・ソボチンスキ、音楽はスタニスワフ・ラドヴァン、美術はタデウシュ・ヴィブルトが各々担当。出演はピョートル・ディメク、ヘンリク・ビスタ、エヴァ・ダウコフスカ、ズィグムント・ヒューブナーなど。

監督
エドヴァルト・ジェブロフスキ
出演キャスト
ピョートル・ディメク ヘンリク・ビスタ エヴァ・ダウコフスカ Zygmunt Hubner
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > スタニスワフ・ラドヴァン