映画-Movie Walker > 人物を探す > 寺山修司

年代別 映画作品( 1960年 ~ 2018年 まで合計36映画作品)

2018年

三回忌追悼企画 蜷川幸雄シアター2「身毒丸 ファイナル」

  • 2018年4月14日(土)公開

2016年に他界した演出家・蜷川幸雄が手がけた演劇の上映企画第2弾。寺山修司原作、藤原竜也・白石加代子主演による2002年の舞台を上映。母を売る店で買われてきた女・撫子と亡き母を慕い続ける義理の息子・身毒丸。二人の愛憎が激しくぶつかり合う。1997年にオーディションにより藤原竜也が抜擢された舞台は再演が重ねられ、2002年に藤原・白石主演の最終公演が行われたが、海外フェスティバルからの熱い要望を受け2008年に特別上演がなされた。

出演キャスト
藤原竜也 白石加代子
2017年

あしたはどっちだ、寺山修司

  • 2017年12月2日(土)公開
  • 出演

1960~80年代を駆け抜けた異端のマルチクリエイター、寺山修司の真実に迫るドキュメンタリー。1975年4月、寺山が実施した市街劇『ノック』は大混乱を巻き起こす。その生涯を辿るため、故郷・青森を訪ね歩くうち、驚くべき過去が明らかになる……。メガホンを取ったのは、これまでプロデューサーとして『銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS』など、500以上の作品を送り出してきた相原英雄。

監督
相原英雄
出演キャスト
寺山修司 河田悠三 かわなかのぶひろ 京武久美

あゝ、荒野 後篇

  • 2017年10月21日(土)公開
  • 原作

寺山修司が遺した唯一の長編小説を大胆に再構築し、2部作として映画化した青春ドラマの後編。生まれも育ちも違う2人の男が出会い、共にプロボクサーを目指す姿がつづられる。主演は菅田将暉と、映画監督としても活躍するヤン・イクチュン。監督は長編デビュー作『二重生活』で第14回ウラジオストク国際映画祭最優秀監督賞に輝いた岸善幸。

監督
岸善幸
出演キャスト
菅田将暉 ヤン・イクチュン 木下あかり モロ師岡

あゝ、荒野 前篇

  • 2017年10月7日(土)公開
  • 原作

寺山修司が遺した唯一の長編小説を大胆に再構築し、2部作として映画化した青春ドラマの前編。生まれも育ちも違う2人の男が出会い、共にプロボクサーを目指す姿がつづられる。主演は菅田将暉と、映画監督としても活躍するヤン・イクチュン。監督は長編デビュー作『二重生活』で第14回ウラジオストク国際映画祭最優秀監督賞に輝いた岸善幸。

監督
岸善幸
出演キャスト
菅田将暉 ヤン・イクチュン 木下あかり モロ師岡

蜷川幸雄シアター「身毒丸 復活」

  • 2017年5月20日(土)公開
  • 脚本

演出家・蜷川幸雄の一周忌に合わせその演出作品を全国15ヶ所の映画館で上映するシリーズの第2弾。寺山修司の舞台作品を共同脚本の岸田理生が改訂し、蜷川の演出で上演。母を売る店で買われた撫子と、死んだ実母を慕う義理の息子・身毒丸の禁断の恋を描く。出演は、「僕だけがいない街」の藤原竜也、「全然大丈夫」の白石加代子。

出演キャスト
藤原竜也 白石加代子 品川徹 蘭妖子
2003年

草迷宮

  • 2003年12月6日(土)公開
  • 監督、脚本

没後20年を迎える寺山修司監督の名作。泉鏡花の短編をもとに、亡き母が歌っていた手毬唄を巡るひとりの男の旅を紡ぎだす。フランスのオムニバス映画の1本として製作された。

監督
寺山修司
出演キャスト
三上博史 若松武 新高けい子 伊丹十三
1996年

百年の孤独

  • 1996年2月10日(土)公開
  • 舞台共同演出、舞台作

寺山修司主宰の『演劇実験室 天井桟敷/第29回公演「百年の孤独」』を収録した作品で、「トマトケチャップ皇帝<オリジナル完全版>」の公開を記念して組まれた特集の中で上映された1本。プロジェクター上映された。ひとつの村で起る4つの物語が、5つに分けられた舞台で同時進行していくという構成の芝居は、見に来た観客の誰もが全体を見渡すことの出来ないように仕組まれており、数台のビデオカメラで舞台のあちらこちらから撮った本作は、現在貴重なものとなっている。内容は、世間の中傷や因習の中にありながらもいとこ同士で愛し合うようになってしまう一組のカップルと、神父不在で結婚式を挙げられなくなってしまうカップル、身に覚えのない夫から次々に遺品が届く年増おぼこ、村人の手紙を冥土へ送る郵便配達人、そして空き地に集まる人々らの関係を、やがて彼ら全員で記念写真を撮るに至るまで綴っている。1981年度作品。尚、収録された舞台は、1981年7月2日~7日に晴海埠頭・東京国際見本市協会B館にて上映されたものである。

市街劇「ノック」

  • 1996年2月3日(土)公開
  • 演出、演劇作、演劇企画

「トマトケチャップ皇帝<オリジナル完全版>」の公開にあわせて特集上映が組まれた演劇ビデオの1本。プロジェクター上映された。日本の演劇史上、最も型破りな作品としてその名を轟かす市街劇で、その舞台は東京・杉並区の南阿佐ヶ谷及び成田東を中心にした一帯。およそ30時間、10数に及ぶ観客参加型の劇の数々がそこで展開された。その内訳は、『青猫化粧館』『気まぐれバス』『大文学者の孤独』『地下病棟』『注文の多い料理店』『空中散歩者』『ラジオ』『ヒューマン・ボクシング』『便所のマリア』『杉並区成田東四丁目三十七番地銭湯における男事件』『書簡演劇』などなど。警察の介入で中止を余儀なくされた為、貴重なビデオ作品となっている。

トマトケチャップ皇帝 オリジナル完全版

  • 1996年1月27日(土)公開
  • 監督、台本、音楽、編集

大人に反旗を翻した子供たちと、それによって虐待される大人たちの姿を描いた空想世界映画。監督は他方面でその才能を発揮した故・寺山修司。寺山初期のラジオ・ドラマ『大人狩り』をベースにして70年に製作されたこの作品は、71年に再編集され27分の短縮版として公開されていたが、今回は寺山自身が所蔵していた唯一のオリジナル・プリントから修復したオリジナル・ディレクターズ・カット版での公開となった。96年、ロッテルダム国際映画祭特別招待作品。

監督
寺山修司
出演キャスト
新高恵子 70人の子供たち サルバドール・タリ アポロ太郎

身毒丸

  • 1996年1月27日(土)公開
  • 舞台演出、作

寺山修司が主催した『実験演劇室 天井桟敷』の舞台劇『身毒丸』をビデオ収録した作品で、「トマトケチャップ皇帝<オリジナル完全版>」の公開を記念して組まれた特集の1本。プロジェクター上映された。説経浄瑠璃『しんとく丸』と歌舞伎の『摂州合邦辻』などを題材に、継母と義理の息子・身毒丸の禁断の愛を描いた内容。蜷川幸雄演出、武田真治と白石加代子主演で話題になった舞台のオリジナル板としても有名。尚、収録された舞台は、1978年6月29日に新宿・紀伊國屋ホールに於いて上映されたものである。

出演キャスト
新高恵子 蘭妖子 根本豊 サルバドール・タリ

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 寺山修司