映画-Movie Walker > 人物を探す > パトリス・ルコント

年代別 映画作品( 1979年 ~ 2008年 まで合計23映画作品)

2008年

ぼくの大切なともだち

  • 2008年6月14日(土)公開
  • 監督、脚本/脚色

名匠パトリス・ルコント監督が手がけた、笑って泣ける友情ドラマ。ひょんなことから出会った中年男2人の交流を、人生の悲哀をのぞかせながらも温かく描き出す。

監督
パトリス・ルコント
出演キャスト
ダニエル・オートゥイユ ダニー・ブーン ジュリー・ガイエ ジュリー・デュラン
2006年

パトリス・ルコントのDOGORA

  • 2006年8月26日(土)公開
  • 監督

仏の名匠パトリス・ルコントが放つまったく新しい映像体験。仏の音楽家エティエンヌ・ペルションによる音楽と、ガンボジアという国の生命力あふれる個性が融合する。

監督
パトリス・ルコント

親密すぎるうちあけ話

  • 2006年6月10日(土)公開
  • 監督、脚色

仏の名匠、パトリス・ルコントが放つ異色ロマンス。ある美女に精神分析医と勘違いされた男が、彼女の赤裸々な悩みを聞くうちに魅了されていく姿を軽妙に映し出す。

監督
パトリス・ルコント
出演キャスト
サンドリーヌ・ボネール ファブリス・ルキーニ ミシェル・デュショソワ アンヌ・ブロシェ
2004年

列車に乗った男

  • 2004年4月10日(土)公開
  • 監督

欧米の映画祭で絶賛された仏の名匠パトリス・ルコントの最新作。もう1つの人生に思いをはせる孤独な2人の男の、短くも崇高な魂の交流をしみじみと見つめた人間ドラマだ。

監督
パトリス・ルコント
出演キャスト
ジャン・ロシュフォール ジョニー・アリディ ジャン・フランソワ・ステヴナン シャルリー・ネルソン
2003年

歓楽通り

  • 2003年3月1日(土)公開
  • 監督、脚本

「橋の上の娘」の仏の名匠パトリス・ルコント監督最新作。激動の時代に栄えたパリ最後の娼館を舞台に、数奇な運命を背負った男と薄幸の娼婦の悲しくも美しい愛のドラマが展開。

監督
パトリス・ルコント
出演キャスト
パトリック・ティムシット レティシア・カスタ ヴァンサン・エルバズ カトリーヌ・ムーシェ
2001年

フェリックスとローラ

  • 2001年11月3日(土)公開
  • 監督、脚本

「橋の上の娘」の名匠パトリス・ルコント監督によるラブ・ストーリー。ヒロインの過去を明かすミステリーにドキドキさせられつつ、感情の高まりの描写にせつなさは加速!

監督
パトリス・ルコント
出演キャスト
シャルロット・ゲンズブール フィリップ・トレトン アラン・バシュング フィリップ・ドゥ・ジャヌラン
2000年

サン・ピエールの生命(いのち)

  • 2000年11月4日(土)公開
  • 監督

 人気女優ジュリエット・ビノシュを迎えてパトリス・ルコント監督が語る究極のラブ・ストーリー。清冽な自然美のなか、数奇な運命に翻弄される男女の愛を超えた愛がせつなく胸をうつ。

監督
パトリス・ルコント
出演キャスト
ジュリエット・ビノシュ ダニエル・オートゥイユ エミール・クストリッツァ ミシェル・デュショソワ
1999年

橋の上の娘

  • 1999年12月11日(土)公開
  • 監督

橋の上で出会った美女とナイフ投げの曲芸師の愛を描いたラヴ・ロマンス。監督は「ハーフ・ア・チャンス」のパトリス・ルコント。脚本・台詞は同作のセルジュ・フリードマン。製作代表はルコントの常連クリスチャン・フェシュネール。撮影は「女優マルキーズ」のジャン=マリー・ドルージュ。出演は「ハーフ・ア・チャンス」のヴァネッサ・パラディ、「見憶えのある他人」のダニエル・オートゥイユほか。

監督
パトリス・ルコント
出演キャスト
ヴァネッサ・パラディ ダニエル・オートゥイユ
1998年

ハーフ・ア・チャンス

  • 1998年11月7日(土)公開
  • 監督、脚本

美しき娘のために体を張るふたりの初老の犯罪のプロの活躍を描く娯楽アクション。フランス二大俳優、アラン・ドロンとジャン=ポール・ベルモンドが「ボルサリーノ」(74)以来28年ぶりに再共演、ドロンが本作を最後に映画俳優として引退宣言を行ったことでも話題に。監督は「リディキュール」のパトリス・ルコントで、本格的なアクション作としては「スペシャリスト」(85)以来14年ぶりとなる。製作代表は「スペシャリスト」のクリスチャン・フェシュネール。脚本はブリュノ・タルドンの原案を基にルコント、「タンデム」のパトリック・ドゥヴォルフが執筆、「パトリス・ルコントの大喝采」のセルジュ・フリードマンが台詞を担当。撮影はスティーヴン・ポスター。音楽は「ラブetc.」のアレクサンドル・デズプラ。美術のイヴァン・モシオン、編集のジョエル・アッシュ、衣裳のアニー・ペリエ=フーロンはルコント作品の常連。共演は「エリザ」のヴァネッサ・パラディ、「ミナ」のエリック・デフォス、「ボーマルシェ フィガロの誕生」のミシェル・オーモンほか。

監督
パトリス・ルコント
出演キャスト
アラン・ドロン ジャン・ポール・ベルモンド ヴァネッサ・パラディ エリック・デフォス
1997年

リディキュール

  • 1997年1月25日(土)公開
  • 監督

フランス革命直前のヴェルサイユ宮殿を舞台に、宮廷貴族たちの過酷な権力闘争を描く、シニカルなコスチューム・ドラマ。「髪結いの亭主」「パトリス・ルコントの大喝采」のパトリス・ルコント監督初の時代物で、自身が執筆に参加していない脚本も初めて。製作は「パリ空港の人々」のジル・ルグランとフレデリック・ブリヨンのコンビに、「タンデム」「愛のめぐりあい」のフィリップ・カルカッソンヌが参加。脚本は「無秩序な少女」のレミ・ウォーターハウスで、本作のノヴェライゼーションも発表して小説家としてデビューしている。撮影は「アパートメント」のティエリー・アルボガスト。音楽は「ベルエポック」のアントワーヌ・デュアメル。華麗な宮廷の世界を再現する美術は「恋の邪魔者」以来ルコントの全作品を手掛けているイヴァン・モシオン。衣裳は「緑色の部屋」のクリスチャン・ガスク、18世紀のヨーロッパの宮廷ものではお馴染みのカツラなどメイクを担当したのは「ロスト・チルドレン」のジャン・ノレ。録音はポール・レーヌ、ジャン・グーディエ、ドミニク・アヌキャン。編集はジョエル・アッシュ。出演は「愛のめぐりあい」のファニー・アルダン、「とまどい」のシャルル・ベルリング、「タンゴ」に続きルコントと組んだジュディット・ゴードレシュ、「ヘカテ」のベルナール・ジロドー、ルコント映画の常連の「大喝采」のジャン・ロシュフォールと、現代フランス映画を代表する実力派が肩を並べる豪華キャスト。96年度カンヌ国際映画祭オープニング作品。

監督
パトリス・ルコント
出演キャスト
ファニー・アルダン シャルル・ベルラン ジュディット・ゴードレシュ ジャン・ロシュフォール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > パトリス・ルコント