映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・デュトロン

年代別 映画作品( 1980年 ~ 2011年 まで合計7映画作品)

2011年

甘い罠(2000)

  • 2011年5月21日(土)公開
  • 出演(Andre Polonski 役)

平穏に暮していたブルジョア一家が、ゆっくりと崩壊していくさまを、静謐かつ重厚に映し出すミステリー。原案はシャーロット・アームストロングの小説『見えない蜘蛛の巣』。監督は「嘘の心」のクロード・シャブロル。出演は「愛の破片」のイザベル・ユペール、「ヴァンドーム広場」のジャック・デュトロン。2011年5月21日より、東京・渋谷シアター・イメージフォーラムにて開催された特集上映「映画の國名作選II クロード・シャブロル未公開傑作選」にて上映。

監督
クロード・シャブロル
出演キャスト
イザベル・ユペール ジャック・デュトロン アナ・ムグラリス ロドルフ・ポリー
2008年

マルセイユの決着(おとしまえ)

  • 2008年12月20日(土)公開
  • 出演(オルロフ 役)

ジャン=ピエール・メルビルによるフィルムノワールの名作「ギャング」を約40億円の巨費を投じ、豪華キャストでリメイク。闇に生きる男たちの生き様をリアルなタッチで描く。

監督
アラン・コルノー
出演キャスト
ダニエル・オートゥイユ モニカ・ベルッチ ミシェル・ブラン ジャック・デュトロン
1999年

ヴァンドーム広場

  • 1999年9月3日(金)公開
  • 出演(Battistelli 役)

美貌の元宝石ディーラーがダイヤモンドをめぐり再び輝きを取り戻していく姿を描いたドラマ。監督は女優で本作が監督第3作目となるニコール・ガルシア(映画祭上映作品『お気に入りの息子』)。脚本はガルシアとジャック・フィエスキ。製作はアラン・サルド。撮影は。音楽は「ハワーズ・エンド」のリチャード・ロビンス。美術はテェエリー・フラマン。編集はリュック・バルニエ、フランソワーズ・ボノ。衣裳はナタリー・デュ・ロスコー、エリザベート・タヴェルニエ。出演は「夜の子供たち」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「ニルヴァーナ」のエマニエル・セニエ、「勝手に逃げろ/人生」のジャック・デュトロン、「恋するシャンソン」のジャン=ピエール・バクリほか。

監督
ニコール・ガルシア
出演キャスト
カトリーヌ・ドヌーヴ エマニュエル・セニエ ジャック・デュトロン ジャン・ピエール・バクリ
1995年

勝手に逃げろ/人生

  • 1995年4月29日(土)公開
  • 出演(Paul Godard 役)

72年の「万事快調」以来、政治的/実験的な映画に専念していた映画作家ジャン・リュック・ゴダールが商業映画に復帰し、「パッション(1982)」「カルメンという名の女」をはじめとする80年代以降の充実したフィルモグラフィーの幕開けとなった作品。新旧の作品の連続公開で再びゴダールが注目を集めているさなか、15年目にして正式に初公開された。これ以後のゴダール作品に繰り返し現れるスイス・レマン湖畔の美しい自然を背景に、3人の男女の出会いと別れを描く。70年代のゴタール作品で追求されてきたコミュニケーション、労働、性、権力、家族制度といった主題が、スローモーションとストップモーションを多用した瑞々しく、躍動感溢れる映像でつづられている。奇妙な題名は二重の題名のモンタージュで、観客に第三の題名の創造を示唆しているという。「-1=勝手に逃げろ」「0=人生」という導入部に続く、「1=創造界」「2=不安」「3=商売」「4=音楽」の4つの章で構成されている。クレジットはcomposer=構成者となっているゴダール自身の原案を、公私に渡るパートナーであるアンヌ・マリー・ミエヴィル、ルイス・ブニュエル作品などで知られるフランスを代表する脚本家ジャン・クロード・カリエールの共同で脚色(ミエヴィルは編集も担当)。撮影は「ヌーヴェルヴァーグ」のウィリアム・ルプシャンスキーと、「ヘカテ」などダニエル・シュミット作品で知られるレナート・ベルタ。音楽は「愛人 ラマン」「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」のガブリエル・ヤーレが担当。主演は「パッション(1982)」「愛・アマチュア」のイザベル・ユペール、「私の夜はあなたの昼より美しい」のジャック・デュトロン、「ゴダールの探偵」「夏に抱かれて」のナタリー・バイほか。

監督
ジャン・リュック・ゴダール
出演キャスト
イザベル・ユペール ジャック・デュトロン ナタリー・バイ セシル・タネール
1990年

私の夜はあなたの昼より美しい

  • 1990年7月21日(土)公開
  • 出演(Lucas 役)

偶然パリの街で出会った男女の、三日三晩に渡る愛の葛藤を描く恋愛ドラマ。製作はアラン・サルド。ラファエル・ビエドゥーによる同名小説を基に、監督・脚本は「悪魔」のアンジェイ・ズラウスキ、撮影はパトリック・ブロシェ、音楽はアンジェイ・コジンスキが担当。出演はソフィー・マルソー、ジャック・デュロンほか。

監督
アンジェイ・ズラウスキ
出演キャスト
ソフィー・マルソー ジャック・デュトロン ヴァレリー・ラグランジュ ミリアム・メジエール
1980年

汚れた夢

  • 1980年12月6日(土)公開
  • 音楽、出演(Jerome 役)

ロマンを追い続け、傷つき挫折してゆく、ひとりのスタントマンの生きざまを描く。製作はイヴ・ロベール、監督・脚本はフランンワ・ペリエの息子のジャン・マリー・ペリエ、撮影はイヴ・ラフェーイ、音楽はジャック・デュトロンが各々担当。出演はジャック・デュトロン、レア・マッサリ、ナタリー・ペリエ、ジャン・ブイーズ、グレッグ・ジェルマン、アネモーヌ、ダニエル・ゴデなど。

監督
ジャン・マリー・ペリエ
出演キャスト
ジャック・デュトロン レア・マッサリ ジャン・ブイーズ モーリス・ベニシュー

夢追い

  • 1980年11月1日(土)公開
  • 出演(Simon 役)

高級コールガールの女と泥棒稼業の男が出会い、互いに警察から追われる身で愛を深めていくという恋愛ドラマ。製作はクロード・ルルーシュ、デニス・エローとジョゼフ・ボビアン、監督・脚本は「愛よもう一度」のクロード・ルルーシュ、撮影はべルナール・ジツェルマン、音楽はフランシス・レイ、編集はソフィー・ボーとユーグ・ダルモワ、製作マネージャーはダニエル・デシャンが各々担当。出演はカトリーヌ・ドヌーヴ、ジャック・デュトロン、ジャック・ヴィルレ、ジェラール・ケロー、ポール・プレボワ、ジルべルト・ジニア、べルナール・ル・コックなど。

監督
クロード・ルルーシュ
出演キャスト
カトリーヌ・ドヌーヴ ジャック・デュトロン ジャック・ヴィルレ ジェラール・ケロー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・デュトロン