TOP > 人物を探す > ヤコブ・ティートケ

年代別 映画作品( 年 ~ 1936年 まで合計16映画作品)

1936年

モスコーの夜は更けて

  • 1936年
  • 出演(Schapkin 役)

「あかつき」「ジャンダーク」と同じくグスタフ・ウツィツキがゲルハルト・メンツェルの脚本によって監督した作品で、撮影には「あかつき」「白鳥の舞」のフリッツ・アルノ・ワグナーが当たった。主役は「ペーア・ギント」「あかつき」のハンス・アルバースが勤め、「モンブランの王者」のブリギッテ・ホルナイ、新進女優グスティ・フーバー、ケーテ・ドルシュ、「ジャンダーク」のアリベルト・ヴェッシャー及びルネ・デルトゲン、舞台出のアレクサンダー・エンゲル、古顔のヤコブ・ティートケ等が助演する。装置は「ジャンダーク」のロベルト・ヘルルトと ワルター・レーリッヒで、音楽は「トンネル」のワルター・グロノスタイが受け持っている。

監督
グスタフ・ウツィツキ
出演キャスト
ハンス・アルバース ブリギッテ・ホルナイ アレクサンダー・エンゲル ルネ・デルトゲン
1933年

陽気な王子様

  • 1933年
  • 出演(Foese 役)

[ワルツ合戦」「桃源郷」のヴィリー・フリッチが出演する音楽映画で、クリスチャン・ウーレンブルックの原案に基づいて「黒騎士」のフィリップ・ロタール・マイリングが「銀嶺征服」のB・E・リュトゲと協力脚色し、かつて「海賊ピエトロ」「戦く影」を監督した故アルトゥール・ロビソンが監督に任じ「私と女王様」のフリーデル・ベーン・グルントが撮影している。相手女優は新進のトルーデ・マーレンで、「あかつき」のイダ・ヴュスト、「ワルツ合戦」のパウル・ヘルビガー、新人アリス・トレフ、「F・P一号応答なし」のヘルマン・シュピールマンス、「カイロの結婚」のグスタフ・ヴァルダウ等が助演。

監督
アルトゥール・ロビソン
出演キャスト
ヴィリー・フリッチ トルーデ・マーレン イダ・ヴュスト パウル・ヘルビガー

カイロの結婚

  • 1933年
  • 出演(Ismael Pascha 役)

「お洒落王国」と同じくラインホルト・シュンツェルが監督し、ギュンター・シュタペンホルストが製作した映画で、主演は「神々の寵児」のレナーテ・ミュラーと「ブロンドの夢」「お洒落王国」のウィリー・フリッチュとの二人である。脚本は「モナ・リザの失踪」と同じくワルター・ライシュが書卸し、そして「朝やけ」「トンネル」のカール・ホフマンが撮影を担任、「ブロンドの夢」「勝利者」のウェルナー・R・ハイマンが作曲を担任した。助演者の主なる者は「恋の日曜日」のグスタフ・ヴァルダウ、「激情の嵐」のアントン・ポイントナー、「南の哀愁」のヤコブ・ティートケ、レオポルディーネ・コンスタンチン、等である。

監督
ラインホルト・シュンツェル
出演キャスト
グスタフ・ヴァルダウ レナーテ・ミュラー レオポルディーネ・コンスタンチン ヴィリー・フリッチ
1929年

速成結婚術

  • 1929年
  • 出演(A Customer 役)

「ワルツの夢」「最後の歌」のマディ・クリスチャンススが主演する映画で、「賢者ナータン」「阿修羅王国」をものにしたマンフレット・ノアが監督したもの。原作はルイ・ヴェルヌイユがジョルジュ・ベールと合作した舞台劇で、フリートリッヒ・シュタインが脚色した。撮影は「テレーズ・ラカン」のフレデリック・フュグルザング。助演者は新進のイゴー・シム、ジャック・トレヴァー、ティラ・ガーデン、ハンス・ユンカーマン等。(無声)

監督
マンフレッド・ノア
出演キャスト
マディ・クリスチャンス ハンス・ユンカーマン ジャック・トレヴァー イゴー・シム
1927年

スイート・ハート

  • 1927年
  • 出演(The Burgomaster 役)

「妖艶乱舞」と同じくフリードリッヒ・ツェルニック氏が監督したリア・マラ嬢主演映画で、「懐かしの巴里」「パンドラの箱」の脚色者ラディスラウス・ヴァホダ氏の原作を「妖艶乱舞」と同じくF・カールセン女史とウィリー・ハース氏とが共同脚色したものである。助演者は「紅薔薇」のハリー・ハルム氏、フレッド・L・レルヒ氏、「三つの愛」のクルト・ゲロン氏、ヤコブ・ティートケ氏、カール・ハーバッヘル氏等で、撮影は「紅薔薇」のアルトゥール・マルティネリ氏とハーバート・コルネル氏が担任している。(無声)

監督
フリードリッヒ・ツェルニック
出演キャスト
リア・マラ ヤコブ・ティートケ フレッド・L・レルヒ ハリー・ハルム
1925年

ワルツの夢

  • 1925年
  • 出演(Duke of Crankiville 役)

オスカー・シュトラウス作の喜歌劇『ワルツの夢』とハンス・ミューラー氏の小説Nick the Prince Consortとに基づき「ニュルンベルクの親方」「お転婆シャーロット」のロベルト・リープマン氏と「美はしの人生」のノルベルト・ファルク氏とが共同脚色し、「父の罪」「ニュルンベルクの親方」のルドウィッヒ・ベルガー氏が監督した映画。主演者は「第五階級」「恐怖の夜」のマディ・クリスチャンス嬢、「スワリン姫」「コーカサスの春」のクセニア・デスニ嬢、それと評判のヴィリー・フリッチ氏との三人で、その他ヤコブ・ティートケ氏、ユリウス・ファルケンシュタイン氏、リディア・ポテキナ嬢、等も出演している。(無声)

監督
ルドウィッヒ・ベルガー
出演キャスト
マディ・クリスチャンス ヴィリー・フリッチ ヤコブ・ティートケ Carl Beckersachs
1923年

蝙蝠

  • 1923年
  • 出演(Frosch Turnkey 役)

ヨハン・シュトラウス氏原作のオペレットに基づきロベルト・リープマン氏、マックス・マック氏、ハンス・シュタインホフ氏の三人が脚色し、脚色者の一人マックス・マック氏が監督したもので、主役には「ファラオの恋」「無名の快傑」等出演のハリー・リートケ氏が扮し、その他ミア・マイ嬢の妹エファ・マイ嬢や「アルゴール」出演のエルンスト・ホフマン氏その他の腕利きが出演する。無声。

監督
マックス・マック
出演キャスト
ハリー・リートケ エファ・マイ リア・デ・プッティ パウル・ハイデマン
1922年

灼熱の情花

  • 1922年
  • 出演

ルビッチュのドイツ時代のものとしては最期のもの。俳優ではアルフレッド・アベル氏が儲け役でもあり独りで光っている。ポーラ・ネグリだとて渡米後に比べれば遥かに溌剌としているが。無声。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
ポーラ・ネグリ ヒルデ・ヴェルネル フリーダ・リヒャルト ヘルマン・ティーミッヒ
1920年

寵姫ズムルン

  • 1920年
  • 出演(The First Eunuch 役)

『千一夜物語』の1エピソード『ズムルン』を映画化。アメリカでは“ワン・アラビアン・ナイト”の題名でファースト・ナショナル社から発売された。「デセプション」「ファラオの恋」等のエルンスト・ルビッチュの監督、ルビッチュのほか、パウル・ヴェゲナー、ポーラ・ネグリ、イェニー・ハッセルキスト、アウド・エゲデ・ニッセン、ハリー・リートケの出演。無声。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
ポーラ・ネグリ イェニー・ハッセルキスト アウド・エゲデ・ニッセン パウル・ヴェゲナー

白黒姉妹

  • 1920年
  • 出演(Kohlhieser der Gastwird des Dorfes 役)

「出世靴屋」と同じくエルンスト・ルビッチュ氏が監督し、「死の曲」「夢の理想境」等主演のヘンニ・ポルテン嬢が出演した喜劇で、相手役は「アルゴール」「カラマーゾフ兄弟」出演のエミール・ヤニングス氏である。無声。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
ヤコブ・ティートケ ヘンニ・ポルテン エミール・ヤニングス グスタフ・フォン・ヴァンゲンハイム
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ヤコブ・ティートケ