映画-Movie Walker > 人物を探す > ハンス・ユンカーマン

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1934年 まで合計11映画作品)

1934年

チャルダス姫

  • 1934年当年公開
  • 出演(The Commandant 役)

「未完成交響楽(1933)」のマルタ・エゲルトが主演する映画で、原作は彼女が舞台で当てたエメリッヒ・カルマンのオペレットである。脚色にはハンス・H・ツェルレット、「銀嶺征服」のB・E・リュトゲ、ゲオルク・ヤコビーが協力し、監督にはゲオルク・ヤコビーが当った。撮影は「朝やけ」「カイロの結婚」のカール・ホフマン、音楽は「薔薇の寝床」のハンス・オットー・ボルクマンがそれぞれ担当した。助演者は新人二枚目ハンス・ゼーンカーを始め、「春のパレード」「ワルツ合戦」のパウル・ヘルビガー、「恋の日曜日」のパウル・ケンプ、新進女優インゲ・リスト、「今宵こそは」はイダ・ヴュスト、「ハンガリア狂想曲」のアンドル・ヘルタイ等という顔ぶれである。

監督
ゲオルク・ヤコビー
出演キャスト
マルタ・エゲルト ハンス・ゼーンカー パウル・ケンプ パウル・ヘルビガー

動物曲芸団

  • 1934年当年公開
  • 出演(Franz Hofer 役)

ドイツ活劇俳優ハリー・ピールの第百回出演映画で、マックス・キミッヒ原作脚色主演者ピール監督に成るもの。相手役は新進のズジ・ランナーが勤め、「モード巴里」のヒルデ・ヒルデブラント、「セロ弾く乙女」のハンス・ユンカーマン、「戦艦エムデン」のルイス・ラルフ等が助演している。撮影はエワルト・ダウブの担任である。

監督
ハリー・ピール
出演キャスト
ハリー・ピール ズジ・ランナー ヒルデ・ヒルデブラント ルイス・ラルフ

セロ弾く乙女

  • 1934年当年公開
  • 出演(Gregor 役)

「ボートの八人娘」「秋の女性」と同じくエリッヒ・ワシュネックが監督した映画で監督者自ら原作脚色し、「ボートの八人娘」のフリーデル・ベーン・グルントが撮影に当たった。主演者は、「ワルツ合戦」のハンナ・ヴァーグで、「F・P一号応答なし」のシビル・シュミッツ、「別れの曲」ドイツ版の主役を務めたヴォルフガング・リーベンアイナー、歌手として有名なレオ・スレザーク、エルザ・ワグナー、ハンス・ユンカーマン等が助演している。

監督
エリッヒ・ワシュネック
出演キャスト
レオ・スレザーク エルザ・ワグナー ハンナ・ヴァーグ シビル・シュミッツ
1933年

春のいざなひ

  • 1933年当年公開
  • 出演(Hausner 役)

「歌へ今宵を」「恋のナポリ」のジャン・キープラが主演する映画で、「別れの曲」のエルンスト・マリシュカと「最後の戦闘機」のI・フォン・クーベとが脚本を書き「空飛ぶ音楽」のヨーエ・マイが監督に当たり音楽は「桑港」「モスコウの一夜」のワルター・ユルマンとP・カパーのチームが担当、撮影にはオットー・カントレック、ブルーノ・ティムが協力した。助演者はかつて「パンチネロ」に出たイェニー・ユーゴー、「ヴェロニカの花束」のパウル・ヘルビガー、「紅天夢」のパウル・ケンプ、「狂乱のモンテカルロ」のイダ・ヴュスト、ハンス・ユンカーマン、ユリウス・ファルケンシュタイン等である。なお音楽指揮には「おもかげ」のウィリー・シュミット・ゲントナーが任じた。

監督
ヨーエ・マイ
出演キャスト
ジャン・キープラ イェニー・ユーゴー イダ・ヴュスト パウル・ケンプ
1931年

偽むらさき

  • 1931年当年公開
  • 出演

「南の哀愁」「アトランティド」のブリギッテ・ヘルムと「朝やけ」「女の心」のルドルフ・フォルスターとが組んで主演するグレゴール・ラビノヴィッチ作品で、「未完成交響楽(1933)」「維納の花嫁」のワルター・ライシュが脚本を書き「F・P一号応答なし」「若きハイデルベルヒ」と同じくカール・ハートルが監督した。助演者はルチー・エングリッシュ、「トンネル」「モナ・リザの失踪」のグスタフ・グリュントゲンスを始めとして、「維納の花嫁」のオスカー・ジマ、「黒衣の処女」のマチアス・ヴィーマン、「黒鯨亭」のマックス・ギュルストルフ、「春のパレード」のテオ・リンゲン、等である。音楽は「F・P一号応答なし」のアラン・グレイ、撮影は「黒騎士」「未完成交響楽(1933)」のフランツ・プラナー、がそれぞれ担任した。

監督
カール・ハートル
出演キャスト
ブリギッテ・ヘルム ルドルフ・フォルスター ルチー・エングリッシュ グスタフ・グリュントゲンス
1929年

速成結婚術

  • 1929年当年公開
  • 出演(Prince von Marquardstein 役)

「ワルツの夢」「最後の歌」のマディ・クリスチャンススが主演する映画で、「賢者ナータン」「阿修羅王国」をものにしたマンフレット・ノアが監督したもの。原作はルイ・ヴェルヌイユがジョルジュ・ベールと合作した舞台劇で、フリートリッヒ・シュタインが脚色した。撮影は「テレーズ・ラカン」のフレデリック・フュグルザング。助演者は新進のイゴー・シム、ジャック・トレヴァー、ティラ・ガーデン、ハンス・ユンカーマン等。(無声)

監督
マンフレッド・ノア
出演キャスト
マディ・クリスチャンス ハンス・ユンカーマン ジャック・トレヴァー イゴー・シム
1924年

コリブリ

  • 1924年当年公開
  • 出演(Tomaselli 役)

昨年の夏創立されたヴェスティ社の第一回発売映画で、パウル・フランク氏の同じ名の小説に基きフランツ・ローヒ氏が脚色し、ヴィクトル・ヤンソン氏が監督の任に当った。主役は「花嫁人形」「舞踊の花形」等で知られているオッシ・オスヴァルダ嬢で、監督のヤンソン氏やブルーノ・カストナー氏等が相手役を勤めている。無声。

監督
ヴィクトル・ヤンソン
出演キャスト
オッシ・オスヴァルダ ヴィクトル・ヤンソン Franz von Egenieff ブルーノ・カストナー
1923年

蝙蝠

  • 1923年当年公開
  • 出演(Frank Governor of The Prison 役)

ヨハン・シュトラウス氏原作のオペレットに基づきロベルト・リープマン氏、マックス・マック氏、ハンス・シュタインホフ氏の三人が脚色し、脚色者の一人マックス・マック氏が監督したもので、主役には「ファラオの恋」「無名の快傑」等出演のハリー・リートケ氏が扮し、その他ミア・マイ嬢の妹エファ・マイ嬢や「アルゴール」出演のエルンスト・ホフマン氏その他の腕利きが出演する。無声。

監督
マックス・マック
出演キャスト
ハリー・リートケ エファ・マイ リア・デ・プッティ パウル・ハイデマン
1922年

銀山王

  • 1922年当年公開
  • 出演(Eckstroem 役)

ドイツへ渡ったバルトロメオ・パガーノ氏のマチステ劇。オリーヴの女、南欧の名花、エレナ・マコウスカ嬢がマチステの相手。無声。

監督
ルイジ・ロマノ
出演キャスト
バルトロメオ・パガーノ エレナ・マコウスカ Ludwig Hartau ハンス・ユンカーマン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ハンス・ユンカーマン