映画-Movie Walker > 人物を探す > セザール・ロメロ

年代別 映画作品( 1934年 ~ 2010年 まで合計44映画作品)

1937年

軍使

  • 1937年
  • 出演(Khoda_Khan 役)

「テンプルちゃんのえくぼ」「テンプルちゃんの上海脱出」に次ぐシャーリー・テンプル主演映画で、「二国旗の下に」「男の敵」のヴィクター・マクラグレンが相手役を勤める。原作はルドヤード・キプリングの物語で「勝鬨」のアーネスト・パスカルが「彼女の戦術」のジュリエン・ジョゼフスンと協力脚色し、「男の敵」「虎鮫島脱獄」のジョン・フォードが監督に当たり、「テンプルちゃんの上海脱出」のアーサー・ミラーが撮影した。助演者は「小公子」C・オーブリー・スミス「密林の復讐」のジューン・ラング、「結婚劇場」のマイケル・ウェーレン、「15処女街」のシーザー・ロメロ、「小公子」のコンスタンス・コリア、「家族一連隊」のダグラス・スコット、「小都会の女」のウイリー・ファング等である。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
シャーリー・テンプル ヴィクター・マクラグレン C・オーブリー・スミス ジューン・ラング

ギャングの罠

  • 1937年
  • 出演(Nick_Shelton 役)

「罪と罰」「海を嫌う船長」のタラ・ビレル、「情無用ッ」「15処女街」のシーザー・ロメロ、「呪われた女」のウォルター・ピジョン、「地獄への挑戦」のウォルター・ブレナンが共演する映画で、マレイ・ロスとベン・ライアンが書卸し、「大都会の戦慄」のライオネル・ハウザーがアルバーアト・R・パーキンスと協力脚色し、短編監督者脚本者から昇進したルイス・R・フォスターと編集者から昇進したミルトン・カルースとが共同監督し、「大陸間諜戦」のミルトン・クラスナーが撮影した。助演者は「暗黒街の弾痕」のウォーレン・ハイマー、ジョナサン・ヘイル、フランクリン・バングボーン等。

監督
ルイス・R・フォスター ミルトン・カルース
出演キャスト
タラ・ビレル セザール・ロメロ ウォルター・ピジョン ウォルター・ブレナン
1936年

Gガン

  • 1936年
  • 出演(Gene_Maroc 役)

「無限の青空」「支那ランプの石油」もパット・オブライエンと「青春の抗議」「Gメン」のマーガレット・リンゼイが主役を勤める映画で、P・J・ウルフソンが書き下ろし、「黒地獄」「特高警察」のアベム・フィンケルがハロルド・バックリーと協力脚色し「有頂天時代(1930)」(グッドニュース)のニック・グラインドが監督に当たり、撮影は「青春の抗議」「火の鳥」のアーネスト・ホーラーが担任した。助演者は「情無用ッ」のシーザー・ロメロ、「一対二」のロバート・アームストロング、「化石の森」のディック・フォーラン、「弾丸か投票か」のジョセフ・キングおよびリチャード・バーセル、「コリーン」のアディスン・リチャーズ、その他である。

監督
ニック・グラインド
出演キャスト
パット・オブライエン マーガレット・リンゼイ ロバート・アームストロング セザール・ロメロ

15処女街

  • 1936年
  • 出演(Frank_Payton 役)

「人妻日記」「ダンテの地獄篇(1935)」のクレア・トレヴァーと「情無用ッ」「メトロポリタン(1935)」のシーザー・ロメロが主役を演じる映画で、ポール・バーガーの原作を「海底の巨人」のルウ・ブレスロウ及びジョン・パトリックが更にデイヴィッド・シルヴァスタインと協力して脚色し、「海底の巨人」「洋上魔」のアラン・ドワンが監督に当たり、「テンプルの福の神」「灯台守」のジョン・サイツが撮影した。助演者は「テキサス決死隊(1936)」のロイド・ノーラン、「大学の人気者」のダグラス・フォーリー、「花咲く頃」のレスター・マシューズ、「結婚設計図」のロバート・マクウェード、「嵐の三色旗」のラルフ・ハロルド等である。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
クレア・トレヴァー セザール・ロメロ ダグラス・フォーリー ロイド・ノーラン

処女散歩

  • 1936年
  • 出演(Bill_Wadsworth 役)

「ギャングの花嫁」「春を手さぐる」のキャロール・ロンバートと、「ポンペイ最後の日(1935)」「愛の弾丸」のプレストン・フォスターが主演する映画で、「激浪」「カーニバル」のウォルター・ラングが監督した。原作はフェイス・ボールビンの小説で、されを「恋をしましょう(1933)」「春を手さぐる」のハーバート・フィールズが脚色した。助演者は「バラはなぜ紅い」のジャネット・ピーチャー、「米国の機密室」のシーザー・ロメロ、「偉大なる人生」のベティー・ローフォードを始め、ダグラス・ブラックリー、ドン・ブリッグス、バート・ローチ、アンドレ・ド・ベランジェ、ジョイス・コンプトンなどである。撮影は「パリは夜もすがら」「さらば海軍兵学校」のテッド・スズラフが担当した。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
キャロル・ロンバード プレストン・フォスター ジャネット・ビーチャー セザール・ロメロ
1935年

メトロポリタン(1935)

  • 1935年
  • 出演(Niki_Baroni 役)

「悪漢の唄」「キューバの恋唄」のローレンス・ティベットが主演してオペラ名曲を歌う映画で、ダリル・F・ザナックの第一回作品。原作は「シュヴァリエの巴里っ子」の脚色者ベス・メレディスが書き卸し、自ら「コンチネンタル」のジョージ・マリオン・ジュニアと協力し、「噫無情」「白衣の騎士」のリチャード・ボレスラウスキーが監督に当たり、「リリオム」のルドルフ・マテが撮影した。助演者は「曲芸団」「歓楽の女王」のヴァージニア・ブルース、「コンチネンタル」のアリス・ブレディー、「西班牙狂想曲」のシーザー・ロメロ、「歌の翼」のサーストン・ホール及びルイ・アリベルニ、「アンナ・クリスティ」のジョージ・マリオン老等である。

監督
リチャード・ボレスラウスキー
出演キャスト
ローレンス・ティベット ヴァージニア・ブルース アリス・ブラディ セザール・ロメロ

情無用ッ

  • 1935年
  • 出演(Tobey 役)

ダリル・F・ザナック作品で、「東への道」「模倣の人生」のロチェル・ハドソンを筆頭に、「西班牙狂想曲」のシーザ・ロメロ、「暗黒街全滅」のブルース・キャボット、新顔のエドワード・ノリスが共演する。原作は「民衆の敵」と同じくキュベック・グラスモンが書き卸し、「ムーラン・ルージュ」のヘンリー・レーアマンが潤色、グラスモンが台本を作り、「水兵万歳」「聖林365夜」のジョージ・マーシャルが監督に当たり、「恋のページェント」のバート・グレノンが撮影した。助演は「浮かれ姫君」のエドワード・プロフィー、「輝ける百合」のウォーレン・ハイマー、フランク・コンロイ等である。

監督
ジョージ・マーシャル
出演キャスト
ロチェル・ハドソン セザール・ロメロ ブルース・キャボット エドワード・ノリス

ダイヤモンド(1935)

  • 1935年
  • 出演(Jerry_Richardson 役)

アメリカの紀伊国屋文左衛門とも言うべきダイヤモンド・ジム・ブレディーの数奇な生涯を映画化したもので、主役には「地下街」「蛍の光」のエドワード・アーノルドが選ばれて扮する。原作は伝記に基づいたパーカー・モレル作の小説で、「旋律の殺人」と同じくハリー・クロークとドリス・マロイが共同改作し、「お人好しの仙女」「復活(1934)」のプレストン・スタージェスが台本を作り、「ミシシッピ」「唄へ!踊れ!」のエドワード・サザーランドが監督に当たり、「地下街」「白蛾」のジョージ・ロビンソンが撮影した。音楽は現在米国作曲家中の異才と称されるファーディナンド・ゴローフェが「フランケンシュタインの花嫁」のフランツ・ワックスマンと協力して編曲している。助演者は「俺は善人だ」のジーン・アーサー、「ドン・ファン」のビニー・バーンズ、「お人好しの仙女」のシーザー・ロメロ、「コンチネンタル」のエリック・ブローア、「キャバレエの鍵穴」のヒュー・オコネル、ジョージ・シドニー、ロバート・マクウェード等である。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
エドワード・アーノルド ジーン・アーサー ビニー・バーンズ セザール・ロメロ

戦う巨象

  • 1935年
  • 出演(Mir_Jaffar 役)

「霧に立つ影」に次ぐロナルド・コールマン主演映画で、ロバート・クライヴの伝記に基づいてW・P・リプスコームとR・J・ミニーが協力して脚色し、「大陸非常線」「砲煙と薔薇」のリチャード・ボレスラウスキーが監督に当たり、「ロスチャイルド」「巌窟王(1934)」のペヴァレル・マーレーが撮影したもの。相手女優は「霧に立つ影」と同じくロレッタ・ヤングが勤め、「フランケンシュタインの花嫁」のコリン・クライヴ、「ベンガルの槍騎兵」のC・オーブリー・スミス、英国劇界に名あるフランシス・リスター、「お人好しの仙女」のシーザー・ロメロ、ファーディナンド・ムニアー、モンタギュー・ラヴその他が助演している。

監督
リチャード・ボレスラウスキー
出演キャスト
ロナルド・コールマン ロレッタ・ヤング コリン・クライヴ フランシス・リスター

西班牙狂想曲

  • 1935年
  • 出演(Antonio_Galvan 役)

「恋のページェント」についでジョセフ・フォン・スタンバーグが監督したマレーネ・ディートリッヒ主演映画で、ピエール・ルイス作の小説「女と人形」に基づき、米国有数の作家ジョン・ドス・パソスが潤色し、S・K・ウィンストンが脚色し、撮影には監督者フォン・スタンバーグが自ら当たっている。伴奏音楽はリムスキー・コルサフ作曲「カプリース・エスパニョール」及びスペイン俗謡が使われている。助演者は「恋の凱歌」のライノネル・アトウィル及びアリスン・スキプワース、「コンチネンタル」「生活の設計」のエドワード・エヴァレット・ホートン、「お人好しの仙女」のシーザー・ロメロ、「クカラチャ」のドン・アルヴァラド、テンプ・ピゴット等である。

監督
ジョセフ・フォン・スタンバーグ
出演キャスト
マレーネ・ディートリッヒ ライオネル・アトウィル セザール・ロメロ エドワード・エヴァレット・ホートン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > セザール・ロメロ