映画-Movie Walker > 人物を探す > グリゴーリ・アレクサンドロフ

年代別 映画作品( 1967年 ~ 1980年 まで合計4映画作品)

1980年

メキシコ万歳

  • 1980年4月26日(土)公開
  • 監督、脚本

メキシコの歴史と文化と民衆ヘの敬愛と賛歌をプロローグとエピローグにはさまれた4話のエピソードで描く。'39年に撮影されたフィルムを'79年に編集、完成したもの。監督、脚本は「イワン雷帝(1946)」のセルゲイ・M・エイゼンシュテインで'79年にグリゴーリ・アレクサンドロフが受けつぐ。撮影はエドゥアルド・ティッセとニコライ・オロノフスキー('79年スタッフ)、音楽はユーリー・ヤクシェフ('79年スタッフ)、助監督はニキータ・オルロフ('79年スタッフ)、ナレーターはセルゲイ・ボンダルチュク('79年スタッフ)が各々担当。一九七九年作品(三一年作品を使用)

監督
セルゲイ・M・エイゼンシュテイン グリゴーリ・アレクサンドロフ
1970年

ストライキ

  • 1970年11月24日公開
  • 脚本、出演(Foreman 役)

帝政ロシア治下における或る鉄工場のストライキとその壊滅を描く。一九二五年にサイレント版としてゴスキノ第一工場において製作、サウンド版は一九六九年ゴーリキー撮影所による。監督はセルゲイ・M・エイゼンシュテイン、脚本はエイゼンシュテインとワレリイ・プレトーニョフ、グリゴーリ・アレクサンドロフ、イ・クラブチュノフスキーの四人、撮影はエドゥアルド・ティッセとワシリー・フワートフ、美術をワシリー・ラハリスが担当。出演はアレクサンドル・アントーノフ、ミハイル・ゴマーロフ、I・クリュークビン、グリゴーリ・アレクサンドロフなど。

監督
セルゲイ・M・エイゼンシュテイン
出演キャスト
アレクサンドル・アントノーフ ミハイル・ゴマーロフ I・クリュークビン グリゴーリ・アレクサンドロフ
1969年

十月

ソビエトが生んだ偉大な映画作家セルゲイ・M・エイゼンシュテインがソビエト革命十周年記念映画として製作した作品。彼一流のモンタージュを、ヴィジョン構成の方法として用い、一九一七年の三月から十一月までの激動するソビエトをとらえている。監督・脚本は前記のセルゲイ・M・エイゼンシュテイン。また、共同監督・脚本にグリゴーリ・アレクサンドロフが名を連ねている。撮影はエドゥアルド・ティッセ、音楽はディミトリ・ショスタコヴィッチ、美術はV・ゴブリーギンが担当。無声。

監督
セルゲイ・M・エイゼンシュテイン グリゴーリ・アレクサンドロフ
1967年

戦艦ポチョムキン

  • 1967年10月4日公開
  • 助監督、出演(Giliarovsky 役)

セルゲイ・M・エイゼンシュテインが、第一次ロシア革命と呼ばれる一九〇五年革命のなかの、歴史的事件“ポチョムキン号の反乱”をテーマに製作したもの。彼は監督・シナリオ・モンタージュを担当し、《リズミック・モンタージュ》と《音調モンタージュ》は特に有名である。シナリオはニーナ・アガジャノヴァ・シュトコがエイゼンシュティンに協力している。撮影はエドゥアルド・ティッセ、音楽はニコライ・クリューコフ、録音はイ・カシケヴィッチ、美術はワシリー・ラハリスが担当した。なお、助監督にグリゴーリ・アレクサンドロフがついている。出演はア・アントーノフ、グリゴーリ・アレクサンドロフ、ウラジミール・バルスキーらのほかに、エイゼンシュティン自身が神父役で出演している。製作一九五二五年だが、モスフィルムが一九五〇年に発声版を作っている。

監督
セルゲイ・M・エイゼンシュテイン
出演キャスト
アレクサンドル・アントノーフ グリゴーリ・アレクサンドロフ ウラジミール・バルスキー セルゲイ・M・エイゼンシュテイン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > グリゴーリ・アレクサンドロフ

ムービーウォーカー 上へ戻る