映画-Movie Walker > 人物を探す > クレア・ペプロー

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2000年 まで合計4映画作品)

2000年

シャンドライの恋

  • 2000年2月5日(土)公開
  • 脚本

住みこみの黒人女性に恋した英国人音楽家の、プラトニックな愛を綴ったロマンス。監督は「魅せられて」のベルナルド・ベルトルッチ。脚本はジェイムズ・ラスダン原作の短編を基に「ハイシーズン」のクレア・ペプローとベルナルド・ベルトルッチが執筆。撮影は「夜ごとの夢~イタリア幻想譚」のファビオ・チャンケッティ。音楽は「心のおもむくままに」のアレッシオ・ヴラド。美術は「魅せられて」のジャンニ・シルヴェストリ。衣裳は「ライフ・イズ・ビューティフル」のメトカ・コジャク。出演は「ミッション・インポッシブル2」のサンディ・ニュートン、「ビッグ・リボウスキ」のデイヴィッド・シューリスほか。

監督
ベルナルド・ベルトルッチ
出演キャスト
サンディ・ニュートン デイヴィッド・シューリス クラエディ・アンタマリア ジョン・シー・オジャング
1989年

ハイ・シーズン

  • 1989年6月19日(月)公開
  • 監督、脚本

夏のリゾート地、ギリシャのロードス島を舞台に、ある恋の行方と、そこでくり広げられる騒動を描く。エグゼキュテイヴ・プロデューサーはマイケル・ホワイト、製作はクレア・ダウンズ、監督・脚本は本作品が長編第一作にあたるクレア・ペプロー、共同脚本はマーク・ペプロー、撮影は「ミッション」のクリス・メンジス、音楽はジェーソン・オズボーンが担当。出演はジャクリーン・ビセット、ジェームズ・フォックスほか。

監督
クレア・ペプロー
出演キャスト
ジャクリーン・ビセット ジェームズ・フォックス セバスチャン・ショウ ケネス・ブラナー
1980年

ルナ

  • 1980年4月12日(土)公開
  • 脚本

世界的なオぺラ歌手である母親と多感な少年であるその息子の愛情を中心に、人間の原体験を“月”(ルナ)にシンボライズして描く。製作はジョヴァンニ・べルトルッチ、監潜は「暗殺のオぺラ」のべルナルド・べルトルッチ、脚本はジュゼッぺ・ベルトルッチ、クレア・ぺプローとべルナルド・べルトルッチ、撮影は「地獄の黙示録」のヴィットリオ・ストラーロ、音楽はべルディ、編集はガブリエラ・クリスティアーニ、製作デザインはジャンニ・シルべストリとマリア・パオラ・マイノ、衣裳はリナ・タビアーニ、メーク・アップはジュゼッペ・バンケリが各々担当。出演はジル・クレイバーグ、マシュー・バリー、エリザベータ・カンぺティ、ヴェロニカ・ラザール、ピーター・アイアー、フランコ・チッティ、レナート・サルヴァトーリ、トマス・ミリアン、アリダ・ヴァリなど。

監督
ベルナルド・ベルトルッチ
出演キャスト
ジル・クレイバーグ マシュー・バリー エリザベータ・カンペティ ヴェロニカ・ラザール
1970年

砂丘

  • 1970年4月25日(土)公開
  • 脚色

不毛の景観の中での、アメリカの二人の青年男女が交す愛のかたちをとらえつつ、そこに現代アメリカの断層をみつめた作品。製作はイタリアの大御所カルロ・ポンティ、監督は「欲望」以来三年振りのミケランジェロ・アントニオーニ。アントニオーニのオリジナル・ストーリーを、彼自身と、サム・シェパード、フレッド・ガードナー、トニーノ・グエッラ、クレア・ペプローらが脚色。撮影は「紅ばらがひらく夜」のアルフィオ・コンティーニ、音楽はイギリスの前衛的ロック・グループであるピンク・フロイド、装置は「ローズマリーの赤ちゃん」のジョージ・ネルソン、美術はディーン・タブラリスがそれぞれ担当。出演はアントニオーニのイメージで募集された二人の新人、マーク・フレチェットとダリア・ハルプリン、ほかに、「アフリカ大空輸」のロッド・テイラー、ポール・フィックス、G・D・スプラドリング、ビル・ギャラウェイ、キャスリーン・クリーバーなど。

監督
ミケランジェロ・アントニオーニ
出演キャスト
マーク・フレチェット ダリア・ハルプリン ロッド・テイラー ポール・フィックス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > クレア・ペプロー