TOP > 映画監督・俳優を探す > ヘルベルト・フォン・カラヤン

年代別 映画作品( 1953年 ~ 2019年 まで合計15映画作品)

2016年

ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿

  • 2016年12月23日(金)
  • 出演

240年に及ぶ歴史を誇り、イタリア・オペラの代名詞的存在として輝き続けるミラノ・スカラ座の全貌を紐解くドキュメンタリー。歴史的建造物としての側面からルキノ・ヴィスコンティら著名人たちとの結びつきまで、“芸術の殿堂”のすべてが明らかになる。「グレート・ビューティー/追憶のローマ」の撮影監督ルカ・ビガッツィが撮影を担当している。

監督
ルカ・ルチーニ
出演キャスト
ダニエル・バレンボイム プラシド・ドミンゴ ロベルト・ボッレ アレッサンドラ・フェリ
2005年

ネオ・ファンタジア

  • 2005年1月2日(日)
  • 指揮

イタリアアニメ界の第一人者、ブルーノ・ボツェットによる伝説のアニメ。指揮者とアニメーターらとのドタバタ騒動を描く実写パートと、クラシックの名曲をモチーフにしたアニメパートから構成。

監督
ブルーノ・ボゼット
出演キャスト
マウリツィオ・ニケッティ ネストール・ガレイ モリツオ・ミケリ マリア・ルイザ・ジョバンニーニ
2008年

カラヤン フィルム・コンサート ブラームス 交響曲第4番ホ短調 作品98

  • 2008年11月11日(火)
  • 監督

1908年4月5日に誕生した20世紀を代表する偉大な指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンの生誕100周年を記念して上映されるフィルム・コンサート。「プッチーニ:蝶々夫人」「ワーグナー:ラインの黄金」「ビゼー:カルメン」といった歌劇や、「恐怖の報酬(1953)」のアンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督による「ヴェルディ レクイエム」「ドヴォルザーク 交響曲第9番《新世界より》」「ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調《運命》」などのコンサート映像がスクリーンによみがえる。また、「ザ・ブレイク」のロバート・ドーンヘルムが監督したドキュメンタリー「カラヤンの“美”」も上映される。出演はミレッラ・フレーニ、プラシド・ドミンゴ、ルチアーノ・パヴァロッティ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団など。惜しまれつつも1989年にこの世を去ったカラヤンは、演奏を映像化することに熱心であった。彼は「音だけでなく視覚的にも美しくあってほしい。音楽とは美を具現化したものである。」「肝心なのはコンサートの単なる報告ではなく、画像による解釈であり、それを通じて観客が私たちの演奏する偉大な音楽にさらに意味を感じとることなのだ」と語っている。

監督
ヘルベルト・フォン・カラヤン
出演キャスト

カラヤン フィルム・コンサート ブラームス 交響曲第一番ハ短調 作品68

  • 2008年11月11日(火)
  • 監督

1908年4月5日に誕生した20世紀を代表する偉大な指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンの生誕100周年を記念して上映されるフィルム・コンサート。「プッチーニ:蝶々夫人」「ワーグナー:ラインの黄金」「ビゼー:カルメン」といった歌劇や、「恐怖の報酬(1953)」のアンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督による「ヴェルディ レクイエム」「ドヴォルザーク 交響曲第9番《新世界より》」「ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調《運命》」などのコンサート映像がスクリーンによみがえる。また、「ザ・ブレイク」のロバート・ドーンヘルムが監督したドキュメンタリー「カラヤンの“美”」も上映される。出演はミレッラ・フレーニ、プラシド・ドミンゴ、ルチアーノ・パヴァロッティ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団など。惜しまれつつも1989年にこの世を去ったカラヤンは、演奏を映像化することに熱心であった。彼は「音だけでなく視覚的にも美しくあってほしい。音楽とは美を具現化したものである。」「肝心なのはコンサートの単なる報告ではなく、画像による解釈であり、それを通じて観客が私たちの演奏する偉大な音楽にさらに意味を感じとることなのだ」と語っている。

監督
ヘルベルト・フォン・カラヤン
出演キャスト

カラヤン フィルム・コンサート チャイコフスキー交響曲第6番 ロ短調作品74「悲愴」

  • 2008年11月10日(月)
  • 監督

1908年4月5日に誕生した20世紀を代表する偉大な指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンの生誕100周年を記念して上映されるフィルム・コンサート。「プッチーニ:蝶々夫人」「ワーグナー:ラインの黄金」「ビゼー:カルメン」といった歌劇や、「恐怖の報酬(1953)」のアンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督による「ヴェルディ レクイエム」「ドヴォルザーク 交響曲第9番《新世界より》」「ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調《運命》」などのコンサート映像がスクリーンによみがえる。また、「ザ・ブレイク」のロバート・ドーンヘルムが監督したドキュメンタリー「カラヤンの“美”」も上映される。出演はミレッラ・フレーニ、プラシド・ドミンゴ、ルチアーノ・パヴァロッティ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団など。惜しまれつつも1989年にこの世を去ったカラヤンは、演奏を映像化することに熱心であった。彼は「音だけでなく視覚的にも美しくあってほしい。音楽とは美を具現化したものである。」「肝心なのはコンサートの単なる報告ではなく、画像による解釈であり、それを通じて観客が私たちの演奏する偉大な音楽にさらに意味を感じとることなのだ」と語っている。

監督
ヘルベルト・フォン・カラヤン
出演キャスト

カラヤン フィルム・コンサート チャイコフスキー 交響曲第4番へ短調 作品36

  • 2008年11月10日(月)
  • 監督

1908年4月5日に誕生した20世紀を代表する偉大な指揮者、ヘルベルト・フォン・カラヤンの生誕100周年を記念して上映されるフィルム・コンサート。「プッチーニ:蝶々夫人」「ワーグナー:ラインの黄金」「ビゼー:カルメン」といった歌劇や、「恐怖の報酬(1953)」のアンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督による「ヴェルディ レクイエム」「ドヴォルザーク 交響曲第9番《新世界より》」「ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調《運命》」などのコンサート映像がスクリーンによみがえる。また、「ザ・ブレイク」のロバート・ドーンヘルムが監督したドキュメンタリー「カラヤンの“美”」も上映される。出演はミレッラ・フレーニ、プラシド・ドミンゴ、ルチアーノ・パヴァロッティ、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団など。惜しまれつつも1989年にこの世を去ったカラヤンは、演奏を映像化することに熱心であった。彼は「音だけでなく視覚的にも美しくあってほしい。音楽とは美を具現化したものである。」「肝心なのはコンサートの単なる報告ではなく、画像による解釈であり、それを通じて観客が私たちの演奏する偉大な音楽にさらに意味を感じとることなのだ」と語っている。

監督
ヘルベルト・フォン・カラヤン
出演キャスト

カラヤン フィルム・コンサート ワーグナー:歌劇「ラインの黄金」

  • 2008年11月11日(火)
  • 演出

《カラヤン生誕100周年記念特集上映》 カラヤン唯一の《指輪》の映像。ザルツブルグ復活音楽祭のオリジナル・プロダクションに創意に満ちたイメージ映像を付加して1978年に制作された。映像はいたるところにカラヤンのこだわりを感じさせるもので、キャストの演技・歌唱の素晴らしさに、作品の持つ壮大な世界観と威厳を余すところなく伝えている。 (作品資料より)

監督
出演キャスト
ジャニーヌ・アルトマイヤー トーマス・スチュアート ブリギッテ・ファスベンダー ペーター・シュライアー

カラヤン フィルム・コンサート レオンカヴァッロ:歌劇「道化師」

  • 2008年11月11日(火)
  • 映像監督

《カラヤン生誕100周年記念特集上映》 カラヤンがみずから監督している。1870年ごろのカラブリアの町の色彩と活気を巧みにとらえ、山場ではクローズアップを使ってすぐれた効果をあげている。トニオ役には、はイギリスのバリトン、ピーター・グロソップがはじめて起用された。彼はトニオの一見ひとあたりのいい仮面の下にある情熱と怒りを見事に表現した。カニオはジョン・ヴィッカーズが演じた。性格描写は圧倒的で、道化師の苦悩が悲劇のなかに、人の心に深く刻まれるような印象を残し、それを支えるオーケストラも壮大で力強い。芝居小屋の見物人でカラヤン自身も登場している。 (作品資料より)

監督
出演キャスト
ジョン・ヴィッカーズ ライナ・カバイヴァンスカ ピーター・グロソップ セルジオ・ロレンツィ

カラヤン フィルム・コンサート ビゼー:歌劇「カルメン」

  • 2008年11月9日(日)
  • 監督、演出

《カラヤン生誕100周年記念特集上映》 ヒッチコックが自作の映画に出演していたように、カラヤンも劇中に一瞬顔をのぞかせている。ジプシーの見張り役で、うなずいたりウィンクしたり、目玉をギョロつかせたりの演技をしている。(作品資料より)

監督
ヘルベルト・フォン・カラヤン
出演キャスト
グレース・バンブリー ジョン・ヴィッカーズ ミレッラ・フレーニ フスティーノ・ディアス
1953年

マタイ受難曲

  • 1953年6月23日(火)
  • 指揮、編曲

新約マタイ伝に説かれているキリスト受難の経緯を、J・S・バッハの『マタイ受難曲』の演奏とともに、ダヴィンチ、ラファエル、ルーベンス、ヴェラスケスその他の宗教画のモンタージュで表現した一九五〇年作品。戦前「別れの曲」などのシナリオを書いたエルンスト・マリシュカが製作・監督に当った。演奏はヘルベルト・フォン・カラヤン指揮のウィーン・フィルハーモニック・オーケストラに、ウィーン合唱団、ウィーン少年合唱団。独唱者はエリザベト・ヘンゲン(アルト)、エリザベト・シュヴァルツコップフ(ソプラノ)、ヴァルター・ルドウィヒ(テナア)、カール・シュミット・ヴァルター(バス)のドイツ宮廷歌手と、国立歌劇歌手のハンス・ブラウン(バリトン)である。撮影は「罪ある女」のヴァクラフ・ヴィッヒの担当。

監督
エルンスト・マリシュカ
出演キャスト
Elisabeth Hoengen Elisabeth Schwarzkope Walter Ludwig Karl Schmitt Walter
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ヘルベルト・フォン・カラヤン

ムービーウォーカー 上へ戻る