TOP > 映画監督・俳優を探す > マッシモ・デ・リタ

年代別 映画作品( 1969年 ~ 1981年 まで合計5映画作品)

1981年

ターボ・クラッシュ

  • 1981年12月5日(土)
  • 脚色

スピードに賭ける若者たちの破天荒なレースぶりと彼らを脱落させようと狙う組織とのやりとりを描くアクション映画。製作はジョヴァンニ・ディ・クレメンテ、監督は「惑星からの侵略」のアンソニー・ドーソン。マルコ・トゥリオ・ジョルダーナの原作を基にマッシモ・デ・リタが脚色。撮影はハンス・ブルマン、音楽はマリオ&ジョシー・カプチーノ、美術はクラウディオ・チニーニ、編集はジョルジョ・セッラロンガが各々担当。出演はジョーイ・トラボルタ、アナ・オブレゴン、ジョン・スタイナー、ビットリオ・メッゾジョルノなど。

監督
アントニオ・マルゲリーティ
出演キャスト
ジョーイ・トラボルタ アナ・オブレゴン ジョン・スタイナー ヴィットリオ・メッゾジョルノ
1979年

ブラッフ

  • 1979年12月1日(土)
  • 脚本

なうてのサギ師2人が力を合わせて、カジノの女ボスを見事にひっかけるまでを描いた喜劇映画。製作はマリオ・チェッキ・ゴーリ、監督は「笑激のギャンブルマン」のセルジオ・コルブッチ、脚本はアルドゥイノ・マイウリ、マッシモ・デ・リタ、撮影はマルチェロ・ガッティ、音楽はレリオ・ルタツィが各々担当。出演はアドリアーノ・チェレンターノ、アンソニー・クイン、コリンヌ・クレリー、キャプシーヌなど。

監督
セルジオ・コルブッチ
出演キャスト
アドリアーノ・チェレンターノ アンソニー・クイン コリンヌ・クレリー キャプシーヌ
1973年

アマゾネス

  • 1973年12月15日(土)
  • 脚本

古代ギリシャに実在した女だけで成り立っていた武人族・アマゾネスのギリシャ軍との戦い、セックスを描くスペクタクル・アクション。製作・監督はテレンス・ヤング、脚本はディノ・マイウリ、マッシモ・デ・リタ、セルジュ・ド・ラ・ロッシュ、原作はリチャード・オーブレイとロバート・グレイブス、撮影はアルド・トンティ、音楽はリズ・オルトラーニが各各担当。出演はアレナ・ジョンストン、サビーヌ・スン、アンジェロ・インファンティ、ファウスト・トッツィ、ルチアナ・パルッツィ、ゴデラ・マイヤー、クローディーヌ・アルブケルケなど。日本語版監修は清水俊二。イーストマンカラー、70ミリ。

監督
テレンス・ヤング
出演キャスト
アレナ・ジョンストン サビーヌ・スン アンジェロ・インファンティ ファウスト・トッツィ
1977年

非情の標的

  • 1977年12月3日(土)
  • 脚本

暗黒街の組織に愛する妻を誘拐され、彼女を助けるため服役中の男を連れ組織にむかう刑務所の副所長の姿を描くアクション。監督は「狼の挽歌」のセルジオ・ソリーマ、脚本はアルドゥイノ・マイウリ、マッシモ・デ・リタ、セルジオ・ソリーマ、撮影はアルド・スカヴァルダ、音楽はエンニオ・モリコーネが各々担当。出演はオリヴァー・リード、アゴスティーナ・ベリ、ファビオ・テスティ、フレデリック・ド・パスカルなど。

監督
セルジオ・ソリーマ
出演キャスト
オリヴァー・リード アゴスティーナ・ベリ ファビオ・テスティ フレデリック・ド・パスカル
1969年

ミラノの銀行強盗

  • 1969年3月29日(土)
  • 脚本

一九六七年九月二五日イタリアはミラノで実際に起った銀行強盗事件に取材して作った犯罪映画。脚本はカルロ・リッツァーニ、ディノ・マイウリ、マッシモ・デ・リタの三人、監督は「帰って来たガンマン」のカルロ・リッツァーニ。撮影はオテロ・スピーラ、音楽はリズ・オルトラーニが担当した。出演は「群盗荒野を裂く」のジャン・マリア・ヴォロンテ、トマス・ミリアンほか。製作は、ニーノ・クリスマンとディノ・デ・ラウレンティス。テクニカラー、テクニスコープ。

監督
カルロ・リッツァーニ
出演キャスト
ジャン・マリア・ヴォロンテ トマス・ミリアン マーガレット・リー ドン・バッキー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > マッシモ・デ・リタ

ムービーウォーカー 上へ戻る