映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェラール・ダーモン

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2008年 まで合計11映画作品)

2008年

マリア・カラス最後の恋

  • 2008年1月26日(土)公開
  • 出演(アリストテレス・オナシス 役)

“世界最高のソプラノ歌手”とうたわれるマリア・カラス。彼女がたどった波乱の人生を、ある海運王との濃密にして悲しい恋を軸に映しだす、没後30周年記念の実録ドラマ。

監督
ジョルジョ・カピターニ
出演キャスト
ルイザ・ラニエリ ジェラール・ダーモン アウグスト・ズッキ ガブリエレ・フェルゼッティ
2004年

ギャンブル・プレイ

  • 2004年1月31日(土)公開
  • 出演(Raoul 役)

名匠、ジャン=ピエール・メルビル監督の「賭博師ボブ」をもとにした犯罪劇。一獲千金の賭けに出たギャンブラーが、大胆なカジノ襲撃計画を実行する姿をスリリングに描き出す。

監督
ニール・ジョーダン
出演キャスト
ニック・ノルティ チェッキー・カリョ レイフ・ファインズ ナッサ・クヒアニチェ
2003年

ミッション・クレオパトラ

  • 2003年12月27日(土)公開
  • 出演(Amonbofis 役)

仏の人気漫画に基づく痛快コメディ。古代エジプトの女王クレオパトラに無理難題を押しつけられた人々の奮戦を描く。ナンセンスなギャグやパロディの連続に爆笑すること必至!

監督
アラン・シャバ
出演キャスト
モニカ・ベルッチ ジェラール・ドパルデュー クリスチャン・クラヴィエ ジャメル・ドゥブーズ
1996年

ガスパール 君と過ごした季節

  • 1996年3月23日(土)公開
  • 出演(Gaspard 役)

童心を忘れない愉快な中年男二人組をめぐるハートフル・コメディ。監督は『モンド』(95、東京国際映画祭女性映画週間で上映)などのトニー・ガトリブ。音楽は「シェルブールの雨傘」などの巨匠ミシェル・ルグラン、録音は「ヌーヴェルヴァーグ」などの名手フランソワ・ミュジーがそれぞれ担当。出演は「おっぱいとお月さま」などのジェラール・ダルモン、「ベティー・ブルー」などのヴァンサン・ランドン、「赤い風車」「殺意の夏」などのベテラン老女優シュザンヌ・フロン、「パリのランデブー」のベネディクト・ルドワイヤンほか。

監督
トニー・ガトリフ
出演キャスト
ジェラール・ダーモン ヴァンサン・ランドン シュザンヌ・フロン ベネディクト・ロワイヤン
1995年

カンヌ映画祭殺人事件

  • 1995年11月25日(土)公開
  • 出演(Commissaire Biales 役)

フランスの人気コメディ・トリオ、“レ・ニュル”主演・脚本によるパロディ映画。カンヌ映画祭で殺人が起こったという設定で抱腹絶倒のナンセンスなギャグに満ちた事件が展開される。監督はアラン・バーバリアン、製作はシャルル・ガッソ、エグゼクティヴ・プロデューサーはドミニク・ブルネール、撮影はローラン・ダイアン、音楽はフィリップ・シャニィ、美術はジャン=マルク・ケルデュー、衣装はマイカ・ゲゼルがそれぞれ担当。主演は「トリコロール 青の愛」のシャンタル・ロビー、「ジェルミナル」のアラン・シャバ、ドミニク・ファルジアの3人。特別出演で「ニキータ」などのチェッキー・カリョ、「パルプ・フィクション」のロザンナ・アークェットはじめ思いもよらない(?)スターが顔をみせる。

監督
アラン・バーバリアン
出演キャスト
シャンタル・ロビー アラン・シャバ ドミニク・ファルジア ジェラール・ダルモン
1994年

クリストファー・ウォーケン 流血の絆

  • 1994年5月6日(金)公開
  • 出演(Roland_Bettoun 役)

全米の麻薬の3分の2が通過する米国マイアミを舞台に、現地の麻薬カルテルとフランス最大の犯罪ファミリーの戦いを国際色豊かに描いた実録ギャング映画。監督・製作は「熱砂に抱かれて」のアレクサンドル・アルカディで、実在のフランスマフィア、Z兄弟を題材に『流血の絆・野望篇』(V)の後日談的な作品。脚本はアルカディ、マルク・アンジェロ、ダニエル・サンタモン(ダイアローグ・ライターも)の共同。エグゼグティヴ・プロデユーサーは「赤い航路」のロベール・ベンムッサ。撮影はウィリー・クラント、音楽はロマノ・ムスマラ。主演は「トゥルー・ロマンス」のクリストファー・ウォーケンと「勝手にしやがれ」のロジェ・アナン。共演は「イン・ザ・スープ」のジェニファー・ビールス、「ルナ」のジル・クレイバーグほか。

監督
アレクサンドル・アルカディ
出演キャスト
クリストファー・ウォーケン ジェニファー・ビールス ロジェ・アナン リシャール・ベリ
1993年

熱砂に抱かれて

  • 1993年10月16日(土)公開
  • 出演(David_Malka 役)

「ラ・ブーム」「狂気の愛」「私の夜はあなたの昼より美しい」などのソフィー・マルソー出演作。一九六七年の第三次中東戦争(六日間戦争)とイスラエルのキブツ(=集団開拓農場)を背景に、人生のすべてを捨てて愛に生きる女性の情熱的な生き方を描く。監督のアレクサンドル・アルカディは「ホールド=アップ」や「タンジール/復讐の夏: 1956」などの監督でも知られているが、今回の映画は、自分自身の《キブツ》での体験を下敷きに脚本も執筆した。撮影は「プロヴァンス物語 マルセルの夏」の名手、ロベール・アラズラキ。音楽は「愛を弾く女」のフィリップ・サルド。

監督
アレクサンドル・アルカディ
出演キャスト
ソフィー・マルソー リシャール・ベリ Fabien Orcier Niels Dubost

ベティ・ブルー インテグラル 完全版

  • 1993年5月15日(土)公開
  • 出演(Eddy 役)

作家を目ざす青年と情熱的な若い女との激しい愛の軌跡を描いた、ジャン・ジャック・ベネックス監督作「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」(1986)のディレクターズ・カット版。青年ゾーグの描写を中心に約1時間の未公開シーンを復元している。出演はベアトリス・ダル、ジャン・ユーグ・アングラードほか。日本公開時映倫審査によりいくつかのシーンで修正が施されたことに不服をもったベネックス監督が抗議のため来日する一幕があった。2002年に1箇所を除いて無修正となった「ノーカット完全版」のDVDが日本でリリースされている。

監督
ジャン・ジャック・ベネックス
出演キャスト
ベアトリス・ダル ジャン・ユーグ・アングラード コンスエロ・デ・ハヴィランド ジェラール・ダーモン
1988年

青い殺意

  • 1988年10月15日(土)公開
  • 出演

ある女性を愛したことにより次第に窮地に追いつめらることになるひとりの男の姿を描くサスペンス映画。製作はアラン・サルド、監督・脚本は本作品がデビューになるミゲル・クルトワ、共同脚本はフィリツプ・コンベネグル、撮影はイヴ・ダーンが担当。出演はジェラール・ダーモン、アナイス・ジャネレほか。

監督
ミゲル・クルトワ
出演キャスト
ジェラール・ダーモン アナイス・ジャネレ フィリップ・コンベネグレ Sylvie Orcier
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェラール・ダーモン