TOP > 人物を探す > ヒルデガルト・クネフ

年代別 映画作品( 1952年 ~ 1989年 まで合計9映画作品)

1989年

エクソシストの謎

  • 1989年7月1日(土)
  • 出演

ダニエル・デイヴィス原作の『イヴィル・カウンター』の映画化で、呪われた屋敷にやって来た家族の恐怖を描くイタリア製ホラー。監督のマーティン・ニューリンは、ファブリツィオ・ラウレンティの英語名。出演に「エクソシスト」のリンダ・ブレアなど。

監督
マーティン・ニューリン
出演キャスト
リンダ・ブレア デイヴィッド・ハッセルホルフ ヒルデガルト・クネフ レズリー・カミング
1987年

エミリーの未来

  • 1987年5月30日(土)
  • 出演(Paula 役)

戦後のドイツを舞台に3代にわたる女性の生き方を描く。監督・脚本は「ドイツ・青ざめた母」のヘルマ・サンダース・ブラームス、撮影はサッシャ・ヴィエルニー、音楽はユルゲン・クニーパー、録音はギュンター・コルトヴィッヒが担当。出演はブリジット・フォッセー、ヒルデガード・クネフほか。

監督
ヘルマ・サンダース・ブラームス
出演キャスト
ブリジット・フォッセー ヒルデガルト・クネフ カミーユ・レイモン イヴァン・デニ
1968年

魔獣大陸

  • 1968年9月28日(土)
  • 出演(Eva 役)

デニス・ホイートリーの小説『海図にない海』をマイケル・ナッシュが脚色、「炎の女」「恐竜100万年」を放ったマイケル・カレラスが製作・監督した恐怖と怪奇のSFアクション。撮影はポール・ビーソン、音楽はジェラード・シャーマンが担当した。出演はイギリスの舞台・TVの俳優で「女が愛情に渇くとき」に顔をみせていたエリツク・ポーター、「女と男のある限り」のヒルデガード・クネフ、「ハワイアン・パラダイス」のスザンナ・リー「密室」のトニー・バックレイほか。

監督
マイケル・カレラス
出演キャスト
エリック・ポーター ヒルデガルト・クネフ スザンナ・リー トニー・バックレイ
1965年

女と男のある限り

  • 1965年3月6日(土)
  • 出演(Call Girl 役)

ヘルベルト・ライネッカーの脚本を「アフリカの星」のアルフレッド・ワイデンマンが監督した恋愛映画。撮影はゲオルク・ブルックバウエル、音楽はチャーリー・ニーセンが担当した。出演は「モンパルナスの灯」のリリー・パルマー、「三文オペラ」のヒルデガード・クネフ、「青い波紋」のダリア・ラヴィ、「危険な関係」のアレクサンドラ・スチュワルト、「あしやからの飛行」のダニエル・ゴーベールなど。

監督
アルフレッド・ワイデンマン
出演キャスト
リリー・パルマー ヒルデガルト・クネフ ダリア・ラヴィ アレクサンドラ・スチュワルト
1964年

三文オペラ(1963)

  • 1964年2月20日(木)
  • 出演(Jenny 役)

ベルト・ブレヒトの戯曲をヴォルフガング・シュタウテが作家ギュンター・ワイゼンボルンと共に脚色、演出した喜歌劇。音楽はワイル曲集をペーター・サンドロフが編曲した。撮影は「フランス式十戒」のロジェ・フェルー、美術及び衣裳は「ホフマン物語」のアカデミー作家ディック・プライス。出演者はクルト・ユルゲンス、ヒルデガード・クネフ、ゲルト・フレーベ、ヒルデ・ヒルデブラント、「或る種の愛情」のジューン・リッチー、サミー・デイヴィス・ジュニアなど。

監督
ヴォルフガング・シュタウテ
出演キャスト
クルト・ユルゲンス ヒルデガルト・クネフ ゲルト・フレーベ ヒルデ・ヒルデブラント
1953年

罪ある女

  • 1953年1月31日(土)
  • 出演(Marina 役)

「たそがれの維納」「ブルグ劇場」のヴィリ・フォルストが戦後はじめて監督した一九五一年度作品。フォルストの原案をゲルハルト・メンツェルが脚色し、フォルスト自身とゲオルク・マリシュカが潤色した恋愛劇で、フォルストの特異な話術がみられる。撮影はヴァクラフ・ヴィッヒ、音楽はテオ・マッケベンの担当。主演は「暁前の決断」のヒルデガード・クネフと近時監督(脱走者)も手がけているグスタフ・フレーリッヒで、以下ロベルト・マイン、エネ・ブルック、ヨハン・ヴォルフガング・マイン、アンドレアス・ヴォルフらが助演する。

監督
ヴィリ・フォルスト
出演キャスト
ヒルデガルト・クネフ グスタフ・フレーリッヒ エネ・ブルック ロベルト・マイン

妖花アラウネ(1950)

  • 1953年8月21日(金)
  • 出演(Alraune 役)

ハンス・ハインツ・エーヴァースの原作になる妖奇メロドラマで、かつてブリキッテ・ヘルム主演により映画化された。今回の再映画化は、監督が「不滅の光」のアルトゥール・マリア・ラーベナルト、撮影はフリーデル・ベーン・グルント、音楽は「会議は踊る」のウェルナー・R・ハイマンというスタッフ。ヒロインには「罪ある女」のヒルデガード・クネフが扮し、「サンセット大通り」のエリック・フォン・シュトロハイムが共演、以下カール・ハインツ・ベーム、ロルフ・ヘニンガー、トルーデ・ヘステルベルク、ユーリア・コシュカ、ハリー・マイエンらが助演する。

監督
アルトゥール・マリア・ラーベナルト
出演キャスト
ヒルデガルト・クネフ エリッヒ・フォン・シュトロハイム カール・ハインツ・ベーム ロルフ・ヘニンガー
1954年

路上の夜

  • 1954年8月9日(月)
  • 出演(Inge Hoffmann 役)

かつてドイツ映画プロデューサーのトップにあったエリッヒ・ポマーが戦後帰国して製作した第一回作品、一九五一年映画。「題名のない映画(1948)」のヘルムート・コイトナーが脚本を書き、同じくルドルフ・ユーゲルトが監督した。撮影は「罪ある女」のヴァクラフ・ヴィッヒ、音楽は「ベルリン物語」のヴェルナー・アイスブレナーの担当である。主演は「アンリエットの巴里祭」のヒルデガード・クネフ、「ほら男爵の冒険」のハンス・アルバースで、以下「かくて我が恋は終りぬ」のマリウス・ゴーリング、ルチェ・マンハイム、カリン・アンダアスン、マルチン・ウルテルらが助演する。

監督
ルドルフ・ユーゲルト
出演キャスト
ハンス・アルバース ルチー・マンハイム カリン・アンダーソン マルチン・ウルテル
1952年

題名のない映画(1948)

  • 1952年7月15日(火)
  • 出演(Christine Fleming 役)

ヘルムート・コイトナーが製作し、ルドルフ・ユーゲルトが監督した一九四八年製作作品でロカルノ国際映画祭で授賞された。脚本は製作者のコイトナー、監督のユーゲルトとエレン・フェヒナーの三人が共同執筆した。撮影はイゴール・オーベルベルク、ベルンハルト・アイヒホルン。主演はドイツ戦後派女優の一人者と言われるヒルデガルド・クネフ、ハンス・ゼーンカー、ヴィリー・フリッチで、ペーター・ハーメル、フリッツ・オデマー、イレーネ・フォン・マイエンドルフらが助演する。

監督
ルドルフ・ユーゲルト
出演キャスト
ハンス・ゼーンカー ヒルデガルト・クネフ イレーネ・フォン・マイエンドルフ ヴィリー・フリッチ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ヒルデガルト・クネフ