TOP > 映画監督・俳優を探す > ミケーレ・プラチド

年代別 映画作品( 1982年 ~ 2012年 まで合計7映画作品)

2012年

昼下がり、ローマの恋

  • 2012年2月18日(土)
  • 出演(オーグスト 役)

ヨーロッパで大ヒットした『イタリア的、恋愛マニュアル』のジョヴァンニ・ヴェロネージ監督が、ロバート・デ・ニーロとモニカ・ベルッチの豪華共演で贈る大人のためのラブストーリー。世代の違う男女が織りなす3つのエピソードを通して、人生の喜びを大らかに謳い上げる。ローマならではの古代遺跡や芸術作品も見どころ。

監督
ジョヴァンニ・ヴェロネージ
出演キャスト
ロバート・デ・ニーロ モニカ・ベルッチ リッカルド・スカマルチョ カルロ・ヴェルドーネ
2010年

シチリア!シチリア!

  • 2010年12月18日(土)
  • 出演(共産党代表 役)

「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督による人生賛歌。30年代から80年代までのシチリアを舞台に、少年から大人へと成長していく主人公の視点を通して、家族の愛や絆を見つめる。監督自身の半生を投影させた温もりあふれる物語に、名匠エンニオ・モリコーネのドラマチックな音楽が彩りを添えている。

監督
ジュゼッペ・トルナトーレ
出演キャスト
フランチェスコ・シャンナ マルガレット・マデ ニコール・グリマウド アンヘラ・モリーナ
2007年

題名のない子守唄

  • 2007年9月15日(土)
  • 出演("ムッファ""黒カビ″" 役)

「マレーナ」のジュゼッペ・トルナトーレ監督が、あるメイドの謎めいた行動と哀しい結末を描くミステリー。イタリアの映画賞で作品・監督・主演女優など5部門を独占した。

監督
ジュゼッペ・トルナトーレ
出演キャスト
クセニア・ラパポルト ミケーレ・プラチド クラウディア・ジェリーニ ピエラ・デッリ・エスポスティ
1993年

永遠のマリー

  • 1993年1月15日(金)
  • 出演(Marco 役)

少年院を舞台に、犯罪を犯した少年たちの更生のために情熱を燃やす若い教師の姿を描く人間ドラマ。1989年モントリオール映画祭審査員大賞受賞作。監督はテレビ・ドキュメンタリー出身で、舞台演出も手がけるマルコ・リージ。製作はクラウディオ・ボニヴェント。脚本はサンドロ・ペトラリアとステファーノ・ルッリ。撮影はマウロ・マルケッティ。音楽はジャンカルロ・ビガッツィが担当。なお、主演のミケーレ・プラチドは、イタリアを代表する大スターであり、監督作品「心の友」が九二年第五回東京国際映画祭に正式出品された。

監督
マルコ・リージ
出演キャスト
ミケーレ・プラチド クラウディオ・アメンドラ アレッサンドロ・ディ・サンツォ
1988年

流されて2

  • 1988年10月28日(金)
  • 出演(Beppe 役)

八月の地中海を舞台に男と女の愛と性の極限の世界を描く。製作総指揮はジノ・ミロッツァ、製作はジャンニ・ミネルヴィーニ、監督・脚本は「セブンビューティーズ」のリナ・ウェルトミューラー、撮影は「女たちのテーブル」のカミロ・バッツオーニ、音楽はダンジォ&グレコ、ドレスデザインはヴァレンティノが担当。出演は「女テロリストの秘密」のマリアンジェラ・メラート、「ビッグ・ビジネス」のミケーレ・プラチドほか。なおこの作品のオリジナルの原題はNotte D'estate con Profilo Greco Occhi a Mandorla e Odoredi Basilico (ギリシャ人の横顔とアーモンドの形をした目、そしてバジリコの香りのする夏の夜)

監督
リナ・ウェルトミューラー
出演キャスト
マリアンジェラ・メラート ミケーレ・プラチド ロベルト・ヘンリッカ マッシモ・ウェルトミューラー
1982年

エルネスト 美しき少年

  • 1982年5月22日(土)
  • 出演

同性愛と異性愛の間で揺れ動く美しい少年エルネストの大人への自覚と階級意識ヘの目ざめを描く。製作総指揮はマルコ・タンブレラ、製作はシルヴィオ・クレメンテッリ、監督は「スキャンダル(1976)」のサルヴァトーレ・サンペリ。ウンベルト・サバの原作を基にバルバラ・アルベルティ、アメデオ・パガーニと監督のサンペリが脚色。撮影はカミロ・バッツオーニ、音楽はカルメロ・ベルナオーラ、美術はエジオ・アルティエリが各々担当。出演はマーティン・ハルム、ミケーレ・プラチド、ヴィルナ・リージ、トゥリ・フェロー、ララ・ウェンデル、レナート・サルヴァトーリ、コンチータ・ベラスコなど。

監督
サルヴァトーレ・サンペリ
出演キャスト
マーティン・ハルム ララ・ウェンデル ヴィルナ・リージ ミケーレ・プラチド
1987年

悦楽の闇

  • 1987年6月1日(月)
  • 出演(Martino Biondelli 役)

一人の女のために破滅に陥ってゆく男の姿を20年代のローマの社交界を舞台に描く。製作はルイジ・スカチーニ、マリオ・フェッラーリ、監督は「さらば美しき人」のジュゼッペ・パトローニ・グリッフィ。ルチアーノ・ズッコリの原作を基にグリッフィとアルフィオ・ヴァルダルニーニが脚色。撮影はジュゼッペ・ロトゥンノ、音楽はC・A・ビクシオが担当。出演はテレンス・スタンプ、ラウラ・アントネッリほか。

監督
ジュゼッペ・パトローニ・グリッフィ
出演キャスト
ラウラ・アントネッリ テレンス・スタンプ マルチェロ・マストロヤンニ ミケーレ・プラチド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ミケーレ・プラチド

ムービーウォーカー 上へ戻る