TOP > 人物を探す > アントワーヌ・ラコンブレ

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2013年 まで合計7映画作品)

2013年

故郷よ

  • 2013年2月9日(土)
  • 脚本

チェルノブイリの隣町プリピャチを舞台に、原発事故の悲劇を描く人間ドラマ。立入制限区域で初めて撮影された劇映画。監督は、本作が初の長編劇映画となるミハル・ボガニム。出演は、「007/慰めの報酬」のオルガ・キュリレンコ、「カティンの森」のアンジェイ・ヒラ。第68回ヴェネチア国際映画祭批評家週間出品作品。

監督
ミハル・ボガニム
出演キャスト
オルガ・キュリレンコ アンジェイ・ヒラ イリヤ・イオシフォフ セルゲイ・ストレルニコフ
2006年

この胸のときめきを

  • 2006年7月15日(土)
  • 脚本協力、出演(ダンサー 役)

1960?70年代を舞台に、愛するが故に衝突しあう夫婦の10年の軌跡を描く。レティシア・カスタとブノワ・マジメルという美形スターが夫婦役を繊細に演じている。

監督
ダミアン・オドゥール
出演キャスト
レティシア・カスタ ブノワ・マジメル マッテオ・タルディート ヤン・ゴヴァン
1997年

君が、嘘をついた。

  • 1997年6月14日(土)
  • 脚本

脚本家志望の女の子が、嘘をついて映画監督に近づいていくことから始まるラヴ・ストーリー。監督は「メランコリー」のエリ・シュラキ。録音はジャン=リュック・ゴダール作品で知られる「メランコリー」のフランソワ・ミュジー。主演は「ベティ・ブルー」「とまどい」のジャン=ユーグ・アングラード、「王妃マルゴ」のヴァレリア・ブルーニ=テデスキ。共演は「カウガール・ブルース」のロレイン・ブラッコ、「季節のはざまで」のサミ・フレイ、「百一夜」のジュリー・ゲイエ、「メランコリー」のクリスチャン・シャルメタンほか。

監督
エリー・シューラキ
出演キャスト
ジャン・ユーグ・アングラード ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ ロレイン・ブラッコ サミー・フレー
1995年

世界で一番好きな人

  • 1995年
  • 脚本

プレイボーイの青年医師と、彼に憧れる難病に侵された12歳の少女の交流を温かく、そしてちょっぴりロマンチックに描くヒューマンなドラマ。製作・監督は「熱砂に抱かれて」「クリストファー・ウォーケン/流血の絆」のアレクサンドル・アルカディ。出演は「王妃マルゴ」「メランコリー」のジャン=ユーグ・アングラードと「メランコリー」の子役ジュリア・マラヴァルが12歳のヒロインを好演。共演は「黒衣の花嫁」のクロード・リッシュ、「アメリカの夜」「オリヴィエ・オリヴィエ」のジャン=フランソワ・ステヴナン、ナディア・ファレス、「サロメの季節」のヴァレリー・カプリスキー、「私の好きな季節」のカルメン・チャップリンらが脇を固め、そして「メランコリー」の大女優アヌーク・エーメが特別出演している。

監督
アレクサンドル・アルカディ
出演キャスト
ジャン=ユーグ・アングラード ジュリア・マラヴァル ナディア・ファレス クロード・リッシュ
1992年

愛のあとに

  • 1992年12月19日(土)
  • 脚本

30代の女流作家と、その2人の愛人との関係を描く恋愛ドラマ。監督・脚本は「ア・マン・イン・ラブ」のディアーヌ・キュリス、製作はフィリップ・リェーヴル、エグゼクティヴ・プロデューサーは「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」のロベール・ベンムッサ、共同脚本は「サーシャのために」のアントワーヌ・ラコンブレ、撮影は「フランチェスコ」のファビオ・コンヴェルシ、音楽はイヴ・シモンが担当。

監督
ディアーヌ・キュリス
出演キャスト
イザベル・ユペール ベルナール・ジロドー イポリット・ジラルド リオ
1996年

彼女たちの関係

  • 1996年9月28日(土)
  • 脚本

愛憎激しい“姉妹”の同居生活をスリリングに描いたラヴ・サスペンス。監督・脚本は「愛のあとに」の女性監督ディアーヌ・キュリス、エグゼグティヴ・プロデューサーは「愛のあとに」のロベルト・ベンムッサ。主演は「イノセント・ブラッド」のアンヌ・パリローと「ブリジット/女が男を奪う時」のベアトリス・ダル。共演は「ブリジット」に出演後、本作で本格的にダルと共演したパトリック・オリニャックほか。

監督
ディアーヌ・キュリス
出演キャスト
ベアトリス・ダル アンヌ・パリロー パトリック・オリニャック アラン・シャバ
1987年

追想のオリアナ

  • 1987年5月23日(土)
  • 脚色

叔母の死と家屋相続のために20年ぶりに叔母の家を訪れた主人公の追憶の日々と叔母の閉ざされていた過去を描く。製作はフィナ・トレス、パトリック・サンドリン。マルヴェル・モレノの原作を基にフィナ・トレスが監督・脚色。共同脚色は、アントワーヌ・ラコンブレ、撮影はジャン・クロード・ラリュ、音楽はエドアルド・マルチュレット(挿入歌フォーレ、バッハ、ベートーヴェン他)が担当。出演はダニエラ・シルヴェリオ、ドリス・ウェルスほか。

監督
フィナ・トレス
出演キャスト
ドリス・ウェルス ダニエラ・シルヴェリオ ラファエル・ブリセノ マーサ・ボーゲス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > アントワーヌ・ラコンブレ

ムービーウォーカー 上へ戻る